ココロの話。鏡の法則。 | GREENS ひさよのブログ

GREENS ひさよのブログ

京王線明大前駅より徒歩3分!!ジャイロトニックのセッションスペース『GREENS』のブログです♪

ここ何年間か、私はすごーくたくさん、人との摩擦を体験していたと思います。

それを繰り返すうちに、喧嘩両成敗と近いようでちょっと違うのだけど、本当に

相手=私

なんだなって事が身にしみて分かりました。

スピリチュアルでは、鏡の法則って言うのが言われるけれど、相手を責めちゃいけないとか、許しとか、どんなものも愛するとか、そういうマザーテレサ的な大きな事ではなくって。

マジで、相手にムカついたのと同じレベルの行為を、別の他人に向けてやっている自分がいたり、相手が変われば同じ事をしている自分を否定していたり、結局、わたしと相手は天秤のバランスが取れているんだなぁって、何度も何度も体験してきた。

やっとやっと。
理解出来た気がする。

そこでようやく、
相手を許すことで自分も許し、自分を否定しなくて良くなる。
自分の中にある相手と同じ未熟さを認めて、相手の未熟さを許した時、自分の未熟さも許される。誰からって、自分から許されるのです。

罪悪感と偽物の自信はセットだっだ。

相手を責める気持ちを持った時、自分の中にある同じものを責め始める。そして、それをやらない自分は相手より正しい!って頑張るんだけど、実際は誰かに対しておんなじような事をしてしまうんじゃないかとビクビクし始めるし、してしまった時はすごい勢いで自分を責めたてる。逆にあーだこーだと自分を正当化する事もある。

自分をコントロール出来てる、そう勘違いしている時、偽物の自信を持つ。
本当は相手と同じような事を自分に対して、別の人に対してやっているのに、私はやってない、自分をちゃんとコントロール出来てるから!って言う偽物の自信ね。
で、ふとまちがって自分が同じ事をしてると気づいてしまったら、今度は自分を責めて安心する。反省しているから、これだけ自分に罰を与えているから許されると。

罪悪感や自己否定で苦しくなるパターンの一つは、これじゃないかしら。

上手く説明出来てるか分からないけれど。

とにかく、相手を責め始めた時、自分の事も見張り始めて、それでみんな苦しくなっていく。
だからこそ、相手の中に自分と同じネガティブなものを見つけたら、相手を許す事で自分自身を解放できるのだと思った。

何度も何度も人間関係の摩擦を繰り返して、過去にまで遡って確かめてみたけれど、この法則が当てはまらなかった事は一つもなかった。

そして、自分の中に相手と同じものをを見つけて許すたびに、体が解放されて来た。

エクササイズで体を刺激して、ほぐしたり鍛えたりすることはもちろん出来る。

だけど、それだけではどうにもならない体の硬さや緊張は、そういう精神的な緊張からはじまっている。
それに気付いたある時から、私はトレーニングと並行して、自分の心を整理し始めた。

そうしたら、もっともっと深いところで体が楽になっていった。

体のことからスタートした私だけれど、今は生きる事がドンドン楽になっていく。

本当に、外側で起こるすべてのこと、体に現れる症状や痛み全てが、宝物に変えられるんだと言う気付きに、いま興奮しています✨笑。

そう思えるまで生きてて良かった爆笑

こんな凄いこと、みんなもやったらいいのに、そんな風に切に思って、ジャイロトニック®︎とジャイロキネシス®︎というエクササイズをオススメしています。

このプログラムは、ただのエクササイズにとどまらず、脳神経のトレーニングであったり、エネルギーのワークでもあったり、自分の感覚と対話する時間であったり、スピリチュアルであったり、ある意味全ての哲学?なんじゃないだろうか。

そんな凄いものを1人の人間が作った訳だけど、これは作ったジュリウホバスさんが凄いとかではなく、誰の中にもそういう素晴らしいものを生み出せる何かがあるっていう事。それを探求し続けているジュリウホバスさんには、ただただ尊敬の念だけど。

私には無理だと、自分の中にある宝物を見つける旅に出ず諦めてしまうのか、探しにいくのかは自由。
探求する人がエライって訳でもなく、ただただ、自分の中にある最大の宝物を見つけたら嬉しいだろうなぁって、わくわくするからやるんです照れ

何回やったから効果が出るとかってものではなく、死ぬまで追求していく深いもの。
熟練したら、ザックザク宝物見つけられると思うな✨

ONE PIECEのルフィの気分で、みんなも一緒に楽しみませんか?
1人でやっててももちろん楽しいのだけど、やっぱり仲間がいたら楽しさ掛け算だからね。

そんな仲間募集中です照れ

今日はいっきにブログ投稿祭りでした。
読んでくださって、ありがとうございます!