自分は変えられるか変えられないか問題 | GREENS ひさよのブログ

GREENS ひさよのブログ

京王線明大前駅より徒歩3分!!ジャイロトニックのセッションスペース『GREENS』のブログです♪

自分を変える事はできない
自分だけは変える事が出来る
と色々真逆のようなことが言われているけど、これは両方合っていると思ってて、、

自分という人間の生まれ持った本質はきっと変わらないのかなぁって私も思う。

だけど、後から身につけた価値観や観念や信念は生まれ持ったものではない。
生きていく中で身につけたものであり、変えようと思えば変えられるもの。

自分を変えられる!と言っている人は考え方や価値観のことを言っているのであり、自分は変えられないと言っている人は生まれ持った性質の事を言っているのだと思う。

人によっては、自分を変えてしまったら自分じゃなくなってしまうのでは?という人もいる。私もそんな風に思ってた時期がある。
だけど今になって思うのは、受け入れられない自分の本質を変えようとするのは個性をなくしてしまう事になるけど、自分の本質を認められない信念の方を変える事はちっとも個性をなくす事じゃないと思うわけです。その信念がもはや自分の個性を制限しているのだから。

誰かが、体の歪みをなくしたら個性もなくなるって言ってたんだけど、私はそう思わなくなった。もちろん歪みや苦しみを美だと感じるならば、そのまま生きれば良いし、それを美しいと愛でられるなら幸せな事だよね。

今スタジオの窓の目の前に、ぐんぐん地上から伸びている緑がいるんだけれど、めちゃくちゃ生命力を感じるんです。生きる力ってすごいなって。

スタジオは3階、この建物は4階まであって、もうすぐ屋上に到達しようとしてるんですよびっくり

この力強さはもちろん美しいけどさ、この生命力を栄養分いっぱいの広い大地で使ったらどうなると思う??

めちゃくちゃもっさり元気いっぱい伸び伸び育つと思うんだよね。それもまた美しいでしょ。

どちらの美しさが好きか自分で選べるんだよ。

この写真の緑が、綺麗な花を咲かせる植物に変わる事は出来ないけど、生きる環境を変える事は出来るのでは?という話。

価値観とか観念とか信念とかは、環境因子で作られるもの。
生きづらくて、それが原因で自分を愛でることが出来ないなら、むしろそちらを変えた方が良いのでは?と思うわけです。

体も全くおんなじ。自分の体が伸び伸び出来る環境を整えてあげる事は、ちっとも個性をなくす事じゃないと私は思うよ!!

それなのに、苦しくて嫌だと言いつつ変えられるものを変えようとしない人もいれば、無理なのに本質を変えようとして個性を失っていく人もいる。

私はどっちもやった事あるけどね口笛
こういうとんちんかんな事をしないですむには、やっぱり自分の事をよく観察して変えられるものと変えられないものをよく見きわめる事だと思うのです。

自分に対して雑だったら絶対出来ないよ。

だからこそさ、エクササイズの中で私は自分のカラダを丁寧に扱う方法をゲットしたよ。


京王線明大前GREENSでは、ジャイロキネシス®︎とジャイロトニック®︎というエクササイズを提供しています。

エクササイズの動画や画像は→こちら
セッションのお申し込みは→こちら