なぜ下着を作るのか?〜紐トレ 編〜 | GREENSのブログ

GREENSのブログ

京王線明大前駅より徒歩3分!!ジャイロトニックのセッションスペース『GREENS』のブログです♪


テーマ:


さてこの記事は、コチラ手作り下着を作る会&ジャイロトニック®︎プチ体験会を開催するにあたって、なんで手作り下着なの?ってとこを紹介していくシリーズ第2弾ニコニコ

前回紹介した理想的な圧についてと言えば、ブラの作り方を紹介してくれるエミちゃんが今やっているという「紐トレ」。

なんとも面白そうなトレーニングなのでどんなものか聞いてみました。

〜紐トレについて〜

刺激があることで、ひとの身体全体が変わる。

締め付けることは血流やリンパの流れ、気血水すべての流れを阻害してしまう。
けれど微細な刺激であれば、そこの皮膚感覚から、からだ全体の動きを変える信号となるのではないか、という事で体に紐を結んで動くのが紐トレ。
締め付け過ぎやフラットな紐が固定されているのだと、その刺激が全体には行き渡りにくい。けれど不安定に動く丸紐(ブラ紐に使用してます)を緩く巻くことで、常に新しい刺激をからだに伝え、安定して支えられる状態をからだ自身が勝手に作り出す。

〜以上〜

最後の「安定して支えられる状態をからだ自身が勝手に作り出す」←ココ!ココ!笑。
昨日の記事で書いた、手作りブラのサポート感で私はおっぱい垂れた気がしない!ってのはそう言う理由なんじゃないかなぁ?って思っています。
これはホント個人的な見解ですけどもデレデレ
参考までに。

あと、キネシオテープとかをやった事がある方はご存知かもしれませんが、緊張している筋肉のポイントにテープを貼ると緩むって事で、昔ダンサー時代に通ってたマッサージ屋さんで貼られたりしてました。それと似たような理論なのかな?と思いました。

そしてなんとこの紐トレ、私の大好きな甲野善紀センセイが勧めていたというシンクロ!!
甲野先生は、実際お会いした事ないけど、体の動かし方で共感する事が多くて、何冊か本を読んだりしています。体の動かし方について大好きな考えを持ったお一人です。

コチラは紐トレ発案者の方の本。


この3冊はエミちゃん紹介の本です。
私はまだ読んでなくて内容説明出来ず申し訳ないですが、興味のある方は読んでみてね。

私は紐トレについては知らなかったのだけれど、手作りブラをつけている事で自然にやっていた事になる照れラッキー 笑。

ちなみに私は、なんども言うようですが、手作りブラを使い始めてから、呼吸のトレーニングの効果が出やすくなったと感じています。
同時にさとう式リンパケアなども実践してたし、色んな事を常にやってるので、ちょっとずつ全部が影響してるかもしれないけどね😅

という事で、今日は紐トレの紹介でした。

一緒に手作りブラを作ろう♪
もう一度詳細はコチラです♡

手作り下着の事をこんなにも熱く語っている私は、ジャイロトニック®︎とジャイロキネシス®︎というエクササイズのトレーナーです 笑。

私のスタジオについてはこちら

GREENSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス