なぜ下着を作るのか?〜理想的な圧 編〜 | GREENSのブログ

GREENSのブログ

京王線明大前駅より徒歩3分!!ジャイロトニックのセッションスペース『GREENS』のブログです♪


テーマ:
さて、今回ブラを作る会を開催するにあたって、なんでそんなにブラを作ろう!とお誘いするのか?
大部分の理由は楽しいから、みんなで集まって作りたいからって言うだけなんですけども 笑。
それ以外にもいちお理由がありまして、説明し出すと書きたい事があり過ぎるので、シリーズ形式で少しずつ紹介していこうと思いますおねがい

今日は体に対する理想的な圧(締め付けの強さ)についてです。

締めつける事はリンパの流れや血流を阻害すると言います。

じゃあどれくらいの締めつけなら良いのかというと、私が学んださとう式リンパケアの理論では、20グラムの圧がもうリンパの流れを阻害するという事でした。
爪と爪を押し合わせた時に爪の色がちょっと白っぽくなるくらいのほんの少しの圧です。
本当に小さな圧。触れられてるだけ、みたいな感じ。

また、知る人は知っているであろうオステオパシーという施術では、体に対して刺激を与える圧は5グラムなのだそうです。
このブログをずっと読んでいる人は知っている、私がバリ島で高熱を出して倒れた事件って言うのがあるんですけど(笑)、それがオステオパシーとクラニオセイクラルを合わせたような施術を受けた後だったのですよ。もう本当に触れるか触れないかっていうくらいの印象です。
けどそれが、私の心と体の変化に勢いをつけたきっかけになるくらい刺激的なものだったのですよ!!

本当は強い圧はいらない。

激しいもの、強い刺激を良い!と思ってる人は多いと思うけれど、それは体が鈍感になっている証拠なのだ。私もそんな人の一人だった。私の場合は刺激の強いマッサージを受け続けた結果、もちろんいつも終わった後はやってもらった感はあったのですが、体がガチガチになりました😓
だいぶ自分の体が調子良くなってから冷静に思い返すと、刺激の強いマッサージで後々筋肉が収縮し、より硬くなってたのは明らかでした💦←ドンマイ!!

体がほぐれて来るほどに、ソフトな刺激で充分だと分かる。

だからこそ手作りブラなのです!!!←ここに着地 笑ニヤニヤ

そういう理由があって、私はあまり下着で締め付けることは選ばない。
ソフトに優しくおっぱいを包み込む❤️

ブラでちゃんとサポートしないと垂れると言う説もあるけれど、実はあまり影響はないという人もいる。そこら辺、本当の事って分からないから、どう捉えるかは自分の感覚を信じて下さいね。
自分の感覚を信じれなかったら、一度試してみたら経験になりますよ!それが自信に繋がるから♡
私の強めのマッサージのように、失敗だってある。けど死ぬ訳じゃないからねっ口笛

堂々と個人的な見解を言いますと、私は手作りブラに変えてからおっぱいが垂れた感覚、全然ありません!真顔

明日はその見解を後押しする紐トレというトレーニングの紹介記事を書きますね!

まぁ騙されたと思って手作りブラ、一回試してみては如何かしら?ウインク
多分楽しいよ♡

ブラを作る会&ジャイロトニック®︎プチ体験会の詳細はコチラです。

下着の事をこんなにも熱く語っている私はと言いますと、ジャイロトニック®︎とジャイロキネシス®︎というエクササイズのトレーナーです 笑。
手作りブラは呼吸を深める邪魔をしないと思ったのでオススメしてます♡

私のスタジオについてはこちら❣️

GREENSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス