GREENSのブログ

京王線明大前駅より徒歩3分!!ジャイロトニックのセッションスペース『GREENS』のブログです♪


テーマ:
とても素敵な映画でした。

東北の震災で津波が去った後見つかったグランドピアノを坂本さんが弾くところから始まります。
被災地の体育館で演奏した戦場のメリークリスマスの部分なんて、映画なのに感動して涙が出てしまうくらいでした。私以上に感動屋の友が、隣でスピード号泣してて、ちょっと私の涙引っ込んだけどね 笑。

さて映画は、坂本さんのガンとの闘病の日々や、原子力反対のメッセージを伝える様になった経緯や、日々音を探究するとっても楽しそうな坂本さんの姿を追っていくのですが、最後の方かな?一言一句は覚えてないけれど、坂本さんが言ってた言葉がなんだか真をついてるように感じたので書いておく。

日々音を探究する坂本さんは、震災の後放置されたままの調律もされてないピアノの音がとっても心地良くいい音に聞こえると言っていた。
普段使っているピアノの音は、人間が加工して作り上げた音。そういうものに囲まれて生活していると、震災後放っておかれてどんどん音がずれていったピアノの音の方が、物質が元の姿に戻ろうとする力を感じるみたいな事を言っていたと思う。

人間が作り出したものを無に戻す事は出来ない。それはそれで良いし、仕方ないのだけれど、結局、「全てのものは元の姿に戻ろうとしている感じがする」(これは人工的に作られた原子力発電所や街が震災によって破壊され、自然な形に戻ろうとしてるんじゃないか?と言う事にも繋がるのだろうけど)と言う感じの言葉だった。


音とは違う話になるのだけど、それを私は人間の心と体に感じている。

本来の自分ではない、他の誰かになろうといくら頑張っても、結局体を壊したり心が折れたりしてストップがかけられる感じ。
元の自分に戻りなさいとメッセージをくれているような気がしている。

それに自分の捻くれたエゴで逆らっている限り、色々上手く行かないのだろうなと思う。

原子力を発達させた人間の知恵を否定するわけじゃないし、自分ではないものを目指して頑張り続けた自分の時間を否定しなくても良いと思う。
でも、結局自然の法則?あるいは引力によって、もとに戻っていくのだろうなって思った。

だから、
なんだか停滞したような時は必要。
もがいている今は必要。
全部自然な事だと思うと、少し気持ちがラクになりませんかね?

誰に書いているのかな?
まぁ、自分でしょうね 笑。

そんな映画の感想を書いてみました。

京王線明大前GREENSでは、ジャイロキネシスとジャイロトニックというエクササイズを提供しています。

トレーナーがクライアントさんに教える という事ではなくて、エクササイズをしながらクライアントさん自身が本来の自分の動き方を思い出していく様なセッションであれば良いなぁと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

GREENSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。