1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-23 04:58:52

2年ぶり!新生 MilkShake(ミルクセーキ)PV 大作戦!

テーマ:ブログ

こちらでは大変ご無沙汰でした。

前の記事は2年前の新曲公開だったのね。

 

そして今回のPVまつりは、それ以来ってことになるのかー。

 

ということで、ニューシングルが7月29日!リリースされます!

さくらんぼ1曲めがコチラ!

「DEJIMAらぷそでぃ」

 

 

そしてもう1曲がコチラ!

「ミリオンドール」「ヲタ夫婦」でお馴染みの漫画家、藍さんとのステキなコラボ!

「MyDestination」

 

 

今回の2曲。

新メンバーに合わせたイメージで再出発を意識した曲にしてみました。

2曲とも、僕自身がとても好きな曲です!

 

いい曲だろー。笑

 

作詞はもちろん運営プロデューサSHIZUKAさん。

 

 

全国のCDショップ&アマゾンなどは8月15日。

また告知しますね!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-08-23 12:06:30

ミルクセーキ夏の新曲!

テーマ:ブログ
クラッカーお待たせしました!
長崎ご当地アイドル「ミルクセーキ」夏の新曲です!
作詞SIZUKA、作曲編曲わたしです!



カップリングは長崎からの平和メッセージ
「手をつなごう」です。
全国リリースされています!

Say it!/LindaLinda

¥1,000
Amazon.co.jp

合格

ぜひぜひきいてくださいまし!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-11-26 00:49:52

ミルクセーキ新曲PV公開中!

テーマ:ブログ
クラッカーお待たせしました!
長崎ご当地アイドル「ミルクセーキ」新曲です!
作詞SIZUKA、作曲編曲わたしです!



iTunesでも配信開始しました!
カップリングは「日曜日は大キライ!」です!

クリック!

日曜日は大キライ!は、
もちろん!
新メンバーの新バージョンですよ!合格

ぜひぜひきいてくださいまし!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-21 08:05:32

MIlkShake(ミルクセーキ)PV公開!

テーマ:ブログ
というわけで、
僕がオフィシャルコンポーザーとして曲を書いている
長崎ご当地アイドル「ミルクセーキ」のPVが公開されています!


まずは新曲の日曜日は大キライ!


撮影は活水女子高校だそうです。
いいなああw



ミルクセーキ大作戦のカップリング
Just 2 of us も公開されています!


長崎ご当地な感じがよく出ていますね!


PVはいずれも古田沙織さんが製作しました。
古田さんのサイト、お問い合わせなどはこちら。
Saoriworks



ミルクセーキ大作戦 CDはコチラで購入できます!
ミルクセーキ大作戦/LindaLinda

¥1,000
Amazon.co.jp


★NHKさんの恋する地元キャンペーン
恋ジモ長崎サポーターに任命されました!
恋ジモのサイト



レーベルは卒業しましたが、
今後もミルクセーキには関わって行きます。
たくさんよい曲を書いてゆく予定ですので、
お楽しみに待っていてくださいね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-14 14:09:35

Maicou Triangle 卒業記念アルバム・リリース!

テーマ:ブログ
怒涛の長崎リリース!

最後は「卒業」アルバムです。

iTunes 先行配信開始!→クリック♪

試聴→クリック♪

収録曲。
11月のダイアリー(作曲マサオミ・歌3名)
カマキリ(田中マサオミ)
君鳥(田中マサオミ)
夢幻春節(唐川真)
今日の笑顔~Here Comes The Spring(pirolina)
くじららら(pirolina)
放課後が待ちどおしい(唐川真)
Ever Green MAN(唐川真)


そして!
スペシャルゲスト!

なななんと!長崎ではお馴染み、
伝説のバンド「カリスマックス」Bassのグッドマンさん!
カマキリと君鳥で参加しております!

全曲、アレンジ&打ち込みは私。

がんばりましたっ!笑。



音譜
北海道出身の僕が、
東京での20年余の活動を経て
故郷から2000キロ離れた長崎に移住。

そこで出会った人たち、得た経験について
語り尽くせるものではありません。

せめてアルバムというカタチでなら何か伝えられるかな、と。
そんな気持ちで製作した集大成アルバムです。


【解説】
ココに納められている田中マサオミの楽曲3曲は
実は、僕が彼と出会って、いちばん最初に製作した3曲なのです。

いろいろ紆余曲折あって、
リリースは「愛のある国」が最初になりましたが
その前に、この3曲を試験的に録り始めており、
途中まで完成していたのです。

今回レーベルを卒業するに当って、
「やり残した」この3曲には心残りがありました。

せっかくドラムをいれたのに…という思いもありましたし。
それに、この3曲はマサオミの代表曲やぞ?と。


ですのでマサオミに「この3曲は完成してリリースすべき」と説得、
マサオミは快諾してくれて、こうしてリリースになりました。

2曲に、スーパーBassist グッドマンさんが参加しています。
せっかくリリースするなら、ただ録音するのではもったいない
せっかくならグッドマンさんみたいな人と共演したい!
という僕の希望が、初めてココで叶ったのですね。

聴いていただいて判るとおり、ホントに素晴らしいです。


クラッカー夢幻春節は川渕卯月さんの作詞作曲。
卯月さんは音大出身で、声楽とピアノの講師さん。
ピロリーナが彼女に声楽を習っていた関係で知り合いました。

僕が7年前、初めて長崎に来た時、
北海道出身なのに2000キロも離れた土地に移住した僕を
すごく不思議に思ったんでしょうね。
そのイメージと「春節祭(ランタンフェスティバル)」を重ね合わせて
曲を創ってくれたのです。

卯月さんがガッツリ書いたピアノ譜を
ピロリーナがピアニストに徹して演奏。
僕も「歌手」に徹して歌いました。
そうして完成したのが、この曲です。

僕の長い音楽活動歴でも、
「ただの歌手」として歌ったことはありません。

これが唯一じゃないでしょうか。
そんな貴重なテイクを収録。


ピロリーナの2曲は、どちらも僕の作曲です。
ひとつめは、あるCMのために作った曲で、ボツになったテイク。
どっちもとてもいいので、公開しました。
くじらの曲は新曲。
これは、本人から近いうち解説があると思います。
僕自身のオリジナルバージョンもありますので、
近いうちリリースされると思います!



「放課後が待ちどおしい」は長らく未発表になってた曲です。
インストバージョンは、日テレ汐留のイベントで流されました。
切れのいいマサオミのギターと、
渋谷系的なラバーズロック風味が特徴です。

掛け合いヴォーカルで一瞬 Warykayuさんが出演します。
彼女とは、長崎が縁で知り合いました。
いろいろ複雑な事情があり疎遠になってしまいましたが
彼女にもらったセンス的なものは、僕にとって大きく、
こうした些細な参加音源でも、非凡さを感じさせます。

多大な感謝をいたします。

ハモリのコーラスはピロリーナ。


そして!

大団円!ハッピーエンド。


Ever Green MAN も(意外に思われるかもですが)長崎を象徴する曲でした。
僕が移住してライブ活動始めた時
いちばん受けたのが、この「Ever Green MAN」だったのです。

僕自身があまり好きではなかった、とか、
スタジオバージョン音源が、あまりいい出来ではない、
といういろんな理由で、個人的に重視していなかった「エバグリ」でしたが
この曲を何より愛してくれて、褒めてくれたのが長崎の人たちだったのです!

曲だけでなく、歌詞も共感されることが多かった。

思えば、クリスチャンの多い土地で
何事も「許す」ということが基本になっている。。


そんな土地柄で
「戻らないけど、たまに思い出すくらいはいいだろう?」
というような「過去の肯定」は受け入れられやすかったのかもしれません。

ともかく、僕にとっては、
エバグリは「長崎で成就した」曲だったんです。


そんな人気曲なのに
音源が不本意な出来のままなのはずっと心残りで
「いつか!」リメイクしたい!と長い間、考えていました。

そして今回こそがそのタイミングだったのです!


マサオミのギター、そしてピロのハモリが盛り上げてくれます。

ホントなら、愛と平和の街のように
大勢の長崎の人たちが参加してもよかったのかもしれません。

でも、レーベルの卒業式だから、
最も気に入ってくれたメンバー、
マサオミとピロリーナと共演するのが、いちばん適していましたね。


「Maicou Music」というレーベル名で
リリースされる作品は、これが最後となります。

7年間。
みんなそれぞれ成長して大人になりました。
これからは一人で歩いていくのも、またいいでしょう。

楽しかった過去です。
無理に忘れることはない。

戻る気はないが、たまには思い出すのもいい。

そんなエバグリの歌詞がぴったりです。


春やなあ。

よいアルバムが完成して本当によかったです。
みなさん、応援ありがとうございました!



試聴→クリック♪








*追伸
「トライアングル」という名称の由来は
もちろん「あの」大瀧詠一氏のナイアガラからです。

このアルバム製作中に氏の訃報が伝えられました。

僕の作風は「ナイアガラ風だね」と、よくヒトに言われました。
僕自身はあまり意識していませんでしたが、そういう意味では
大瀧氏は常に僕の「大先生」であり続けたのです。

最後のエバグリ製作中
ブリッジのリフの部分をミックスをしていた時、
「もっと派手にリバーブを最大にかけろ!」という
天の声が聴こえてきました。

あれこそが、彼を大先生と仰いだ僕そのもののサウンドだったのです。

大瀧さんのサウンド、曲、そして歌は決して亡くならない。
今後もずっと生き続けますから、今後も師事して行くでしょう。
ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-02-14 13:16:54

オトナ女子から、ちょい辛口のバレンタイン・リリース♪

テーマ:ブログ
お待たせしました!!
ピチピチの新曲リリースです。

【オトナ女子道~未来編】
iTunes 先行配信開始!クリック♪↓
https://itunes.apple.com/jp/album/id820694522


★コラボのきっかけ
長崎に「プライドロック」というダンスチームがあります。

毎年ダンスミュージカル的なお芝居公演があり、毎年観に行っていたのですが、
最近の何作かで「オトナ女子」の生き方、みたいな内容のお芝居が続き、
個人的にその内容に共感していました。
そのお芝居の脚本を書いていたのが下見亜紀子さん(劇団アクターズ、清家)です。


そしてご縁あって、2012年、
アイドルをテーマにした「Happy Strawberry Step」という公演で
僕が曲を提供することとなり、メンバーが唄をレコーディングしました。

その流れで僕は、下見さんやプライドロック公演のテーマである
「オトナ女子の苦悩」について、脚本というカタチではなく
歌詞というカタチにして曲にできたらいいな、と思ったのです。

そうして下見さんにお声を掛けたところ、快く請けて下さり、
そうして「オトナ女子」の曲製作が始まりました。


脚本は何本も書いていた下見さんですが
歌詞を描くのは初、ということで、
それならいろんなパターンがあったほうがいいと思い、
1曲は歌詞が最初、もう1曲は曲が先でそれに歌詞を当てはめてもらう、
という、2通りのやり方を両方ともすることにしました
(2曲のうち、どっちがどちらのパターンか、聴いて判った人はすごいよ!)。

唄も、プライドロックのメンバー、ふじこさんとピロさんにお願いし、
僕自身の歌ったデモを聴いて憶えてもらって、レコーディングしてもらいました。

ヴォーカルの収録が終わったのが8月。
その後、僕の移住とかあったのでちょっと遅くなったけど、
バレンタインデイに無事リリースすることが出来ました!

★歌手の一人、ピロが書いた
自分の歌の解説です。→クリック


リリースに当ってはジャケットが必要です。

最後になって、そのジャケは誰に描いてもらおうか、と悩みました。

そしてふと、
僕がプロデュースするご当地アイドル「ミルクセーキ」のマリアさんから
先日頂いた年賀状を思い出したのです。

長崎女子3名のコラボなのだから、
ジャケットも長崎女子のマリアさんに描いてもらうのがいい!
ということでお願いしたら快く引き受けていただきました!

実はFBやツイッターの僕の似顔絵アイコンも、
マリアさんが描いたものなのですよー!





作品のテーマ「オトナ女子」ですが、
大人になればなるほど女子にとって生き難くなる気がする社会、
どうやって生きればいいのだろうか、みたいなことを描ければいいな、と思いました。

日本はまだまだ女性にとって生きやすいとは言い難いかも知れない、

そして九州はなおさらそんな気もする。。
北海道出身の僕には、そんな風に見える部分もありました。
そういうことをカタチに出来たら、という想いでした。


今回の2曲を書くに当たって僕自身決めたポリシーがあるのですが、
それは「歌いやすく簡単な曲を書くこと」でした。

僕の曲を知ってる人、特に「歌う人」は、僕の曲が
転調が多く、メロディもすっ飛んで起伏があって、すごく難しい、
と常々感じてると思います(笑)。

今回は、そういう今までの僕自身の作風をあえてやめて、
ストレートに創ってみよう、と思いました。
転調もなく、ジェットコースターメロディもなく、
どれだけちゃんと創れるか、というチャレンジでもあったのです。

そうして出来上がった2曲。

いかがでしょうか。

僕はすごく気に入っています。


そんなこんなで、ビターなバレンタイン、是非、味わってみてくださいな!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-07-15 08:44:51

MilkShake デビュー!

テーマ:ブログ
というわけで遂に!!

長崎ご当地アイドル「ミルクセーキ」デビュー!

デビュー&リリースイベントをココウォークでさせていただきました!






緊張のリハの様子!



そして本番!



無事終わってスタッフさんと記念撮影。



控え室で長崎新聞さんのインタビューを受ける。
マリアさんだけカメラ目線w



デビューシングル「ミルクセーキ大作戦」も無事リリースされました!
2曲入り。どちらも僕の曲です!



当日のパフォーマンスは、コチラをどうぞ!



ホントに多数ご来場頂き嬉しかったです。
ありがとうございました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-01 12:40:10

2013年 博多どんたく アイドルまつり

テーマ:ブログ
みなさん、こちらではご無沙汰しております。

すっかり音沙汰がありませんでしたが


実は実は!!

長崎のご当地アイドル「ミルクセーキ」の製作に
かかりきりになっていたのでした(その告知はまた別で)。


そんなこともあって、ゴールデンウィークの博多
どんたく祭りに、ある人に誘われて
視察もかねてアイドルを観に行ったのです。合格


今や、アイドルといえばご当地アイドル
あまちゃんでも判るように、各地でアイドルグループがたくさん活躍しています。

博多のドンタクでは、主に九州中心のアイドル達が多数ステージを行いました。
市内のお祭りステージを、あちこち行ったり来たり。

それを追いかけて、オタの人たちも行ったり来たり。
大変ハードな2日間でしたが、おもしろかったです!

また、個人的に
人生が変わった!と言ってもいいような
出会いと驚きがあり

それもまた、2013年ドンタクのアイドル祭りの真髄でもありました。

それらを、まとめてご紹介しますね。


主な出演メンバーは。

LinQ 乙女の純情 Rev. from DVL
HR MINGO!×MINGO! MKM-ZERO D-little 流星群少女

という感じです。



長崎から行った僕は、まずは駅前のパレード開始地点から。
華々しく女子校の吹奏楽部から始まりました。



そして、初 LinQ!というか、全部「初」なのですがw




そして川端のリバレインに移動。続々出てきます。






初めて Rev. from DVLを見た。
飛びぬけて楽曲が好みだと感じた。
アイドル曲、というとAKBのような一定の「型」があるのかと思ったけど、
比較的自由に、どんなものでも成り立つんだなあ、と思った瞬間だった。






リバレインを離れて、殿堂ベストホールのほうへ。
LinQをもう一度見た。
オタさんに混ざって、サイリウムとか振ったり。
並ばなかったけど、握手の様子も観察しました。



そして岩田屋さんのほうへ。
これが初日ラスト。




翌日は天神地下街。
またRevだよ。左端は、今や時の人、かんなさんぽい。


そして!!
リバレインのステージに「何故か」出演していた、
僕の大好きな、以前よりお知り合いだった「RiZ」さん。
久々のRieさんの歌声に、感極まって、うるうる。。

そうしたところ!!
なななんんとMCの方から、衝撃の発表が!!
RiZさんが「Rev. from DVL」のコンポーザーなのだ!!!と!

えええええーー!?

そら、曲がいいはずですよ!
RiZさんが書いたなら、好みに決まってますよ。
すごいすごい、そんなことがあるんですか。。
本当にびっくりしましたね。。

こんなことってあるんやなあ。

このあと、ステージ裏に行って
久々にお会いしていろいろお話しました。

アイドルオタの中でも、
曲のよさでファンになる「楽曲派」という括りがあるのですけど、
Rev. from DVLの楽曲はまさにそんな感じで
それもこれも、RiZさんが作っていたからこそだったのですね。

素晴らしいなあ。




引き続きリバレイン。


そして地下のホールに行き
D-little→「きゃらふる」改名ライブを見ました。

なんと「きゃらふる」の曲もRiZさん。
素晴らしかった。



Rev. from DVL 大団円。


グッズ販売。みんな等身大で好ましいなあと思った。



そして博多といえば!とんこつラーメンで締め。


素晴らしい博多遠征だった。
一生忘れない、忘れられないことでしょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-20 03:11:57

マサオミ下北沢デビュー!

テーマ:ブログ
というわけで、翌日は

田中マサオミ東京デビュー!クラッカー


モナレコードでのライブでした。

モナレコードは2年前、僕が初めて出て
すごく雰囲気がよかった場所でした。

そのときはピロリーナもゲストで2曲歌い、
僕はバックでドラムをプレイしました。


奇しくも、今回もマサオミのバックで2曲ドラム。

次は自分が歌いとうございます。笑。晴れ



東京、もしくは下北沢、という土地のカラーは
田中マサオミに合っている、とずっと思っていました。

なので機会があれば是非連れてきたいと
前々から思ってて、今回それが叶ったので嬉しいです。


内容がどうだったかは、本人の証言に任せますがw

皆さん楽曲を褒めてくださり、
聴いてる部分や価値観がいっしょの方々と、
お話できたのは、すごくよかったと思います。


2年前、モナレコードさんと出会えたのも
ご縁だと思うのですよね。

そんな場所でマサオミと出来たのは
感無量でした。



最後の曲の前で、なにか一言、と言われたのですが、

その前のマサオミのMCが何かしっとりしてたので
自分も真面目に何か言わねばと思ってしまい、

校長先生の朝礼の話みたいになってしまったのはw
いい思い出です。

まあ、遠征の引率みたいなものでしたし、
それでよかったかもです。


来ていただいた大作曲家さんや、モナ店長さんも
すごく的確なお話をされて、感動しました。


唐川真☆Maicou Music


あと、タイバンのみなさん!

惑星ドロップスさん
ゆり花さん
fanceepさん

みんな素晴らしく、
こういう音楽性のアーティストが
普通にいる状況っていいな、と。
(しかも全員ギターレス!!)

これもモナレコならでは、かも知れません。


実は、
今回のツアーを組んだのは、
モナレコさんがUstでやっていた
公開オーディションみたいなもので
ゆり花さんを偶然見たのがきっかけでした。

おもしろい弾き語りをされてたので

ナマで見てみたい!
でも長崎じゃ見られない!
じゃあライブに行ってタイバンになればいい!

という発想だったんですね。


2年前もそうやって
ハルカゼ楽団さんと共演しました。


そうして今回も
いろんな方々と出会い、


僕は9年目のレコ発!という念願が叶い
そこで憧れの方とのご対面が叶い音譜


夢のようなツアーでした。



東京生活が長かった僕ですが、

初めて東京に来た、という
マサオミと一緒に、いろいろ歩くことで、

僕もまた、いろんな再発見があったんですね。


おたがい、すごく糧になったのではないでしょうか。

GJ!

$唐川真☆Maicou Music
ゆり花さんと記念写真。


$唐川真☆Maicou Music
マサオミ、緊張のリハ中!



唐川真☆Maicou Music
翌日。おたく二人は秋葉原へ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-16 11:03:59

「To ME」9年目のレコ発!無事終了!

テーマ:ブログ
「To ME」9年目のレコ発!
クラッカー全曲歌う羞恥プレイライブ!

無事終了しました。
来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。


前半の一人コーナーはホントに羞恥プレイだったけど
2名になってからはバリ楽しかったです。


いまセトリ見たら、
計6曲!ライブ初の曲があったのね。
いやー、よくやったです。笑。合格


でも、9年前作ってた当時、
一生懸命壁にぶつかりながら

「何か違う、もっと違う、もっといいのが出来る」

と思いながら、1曲1曲完成させていった気持ち、
特に中盤、シャッフルの曲ばかり3曲連続で創って

「夏休みの壁」を超えようと
全力でぶつかって行ってた頃の
満身の思いとか、追体験できて、
本当によかったと思う。


あと、個人的に好きじゃなくて
長い間、放置してて、
存在すら忘れようとしてた「虹をつかむ男」が、

二人でやると、意外にいい曲なんだな、と判ってw

今後はレパートリーに入れよう、と思った。とか。
そんな発見もあった。


このアルバムの隠れたファンの方が多い理由が判った気がします。

はい。
自分では判っていませんでしたので。笑。あせる



それから!!

「愛と平和の街」ライブ初演!!


これがすごく盛り上がって
すごい楽しかった。
素晴らしい記念の初演になりました!音譜


ライブで初めてやってみて、
パワーのある曲なんだって改めて判った。

いい新曲が増えて嬉しいです!



唐川真☆Maicou Music



それとですね…。


なななんと!

ものすっごーーく
大切な
大切な
お客様が!

ライブにいらしてくれたのです!!


こんなことが起こるなんて。
きっとクロノスジョウンターの奇跡なんですね。


あの時間を共有できたすべての方々に感謝!

人生は愛なんだなあ。笑。


また頑張るよー。恋の矢



【セトリ】

少年の10月
キミの中の「僕」
永遠のプラトニック
冷たい夏

To ME (AG マサオミ)
虹をつかむ男 (〃)
等身大 Memories (〃)
Drive To 1996 (私スネア&AG マサオミ)



愛のある国、カマキリ(マサオミソロ)
熱帯夜 (私スネア)
ねえダーリン (〃)



Brandnew World (AG マサオミ)
Tune Of Us (〃)
愛と平和の街 (〃)
Ever Green MAN (〃)
キミが好きだよ Song (〃)
それぞれの夏休み (〃)

~アンコール音譜

Come And Get It
きみのイマジナリーラバー
ひろ 3/4
春のコート




愛と平和の街/Maicou Music

¥900
Amazon.co.jp

To ME/唐川真

¥1,500
Amazon.co.jp


唐川真☆Maicou Music
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。