2020 フェブラリーS | 数字をめぐる馬券術
新型コロナウイルスに関する情報について

数字をめぐる馬券術

全ての答えは出馬表にあり!

19年

<フェブラリーS>

9時半のオッズ

(単複共、10倍してあります)

 

◆結果・朝人気

19年 1-2-人気

18年 4-1-7人気 賞金増額

17年 2-4-1人気

16年 2-1-7人気 33回 賞金増額

15年 1-5-3人気

14年 16-2-1人気 トライアルの設定

13年 3--6人気

 

◆解読

天皇誕生日。

今年のフェブラリーSは、これ

を抜きに考えられません。

フェブラリーSの本質、そして、

この行事の意味がわかれば、

勝ち馬は自然に導かれると

思います。

 

エアアルマス

東海S1着馬が不在。

早々と出走を見送ったのは、

最初から出走する可能性が

低かったからでしょう。

出走しないという選択は良か

ったと思います。

いずれにせよ、今年は勝てな

い年だったと思います。

 

秋のダートG1、チャンピオン

ズCの勝ち馬がこのレース

に出走してくることはありま

せん。

それは、この2つのG1が反

対の性格を持っているレース

だからです。

 

今年のメンバーを見渡すと、

ずいぶん地方寄りになって

いるなと感じます。

チャンピオンズCなら地方組

中心もわかりますが、ちょっと

意外な感じがします。

ただ、主催者は無駄なことは

やってきません。

これには意味があると考える

べきなのでしょう。

 

年明けから、初の天皇誕生日

に施行されるフェブラリーSが、

ずっと気になっていました。

その推移を見守る中、最初から

わかっていることがありました。

それは、今年のフェブラリーSが

「裏」の年になるということです。

よって、活躍馬はいつもと反対

の性格を持つ馬になるはずです。

 

その反対の性格を書いておき

ました。

 ↓

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?1045553

 

 

<カッパの会>

詳しい内容が知りたい方は↓

カッパの会