2020 共同通信杯 | 数字をめぐる馬券術

数字をめぐる馬券術

全ての答えは出馬表にあり!

19年

<共同通信杯>

9時半のオッズ

(単複共、10倍してあります)

 

昨年の共同通信杯はこちら

 

 

◆解読

この時期の特指定戦で、異常

にGⅠ馬を輩出したレースが、

この共同通信杯です。

10年間で、何と4頭も皐月賞

馬を出しています。

 

ただ、16年のディーマジェス

ティを最後に、翌年皐月賞と

同じ設定のホープフルSがGⅠ

になり、それもなくなりました。

 

皐月賞は、11年の震災時に

オルフェーヴルという三冠馬

を急造して以来、壊れてしま

いました。

まともに指定戦(トライアル)を

使ってくることがなくなり、イレ

ギュラー化が続いています。

つまり皐月賞馬を多く輩出した

共同通信杯は、急に強くなった

わけではなく、単に番組上の

レトリックにすぎないのです。

 

皐月賞も、昨年ホープフルS

1着のサ―トゥルナーリアで、

やっと打ち止めになるかもし

れません。

早く、まともな皐月賞が見たい

ものです。

 

20年の共同通信杯。

今年の注目は、何と言っても

昨年京都2才Sを勝ったマイ

ラプソディでしょう。

何かと話題なので、こういう

馬を、盛り上げ役に使うのが

競馬界の常です。

 

特徴は、57Kの増量馬だと

いうこと。

クイーンC同様、増量馬でも

特別な馬なら勝てます。

そして、増量されて勝った馬

は、その後G1馬になります。

 

14年 イスラボニータ 57K

12年 ゴールドシップ 57K

いずれも皐月賞馬になりました。

 

近年、私はこのレースの馬券

を買ったことがありません。

注目はしますが、見るだけで

十分です。

 

まずは、枠順が出たら有力

馬の配置を確認。

 

今日は、共同通信杯の強枠

を書いておきました。

 ↓

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?1045553

 

 

<カッパの会>

詳しい内容が知りたい方は↓

カッパの会