競馬アラカルト ~馬券その2~ | 数字をめぐる馬券術

数字をめぐる馬券術

全ての答えは出馬表にあり!


テーマ:

「馬券」についての2回目。

 

一般には、馬券で重要なのは「予想」

だと思われがちですが、実際は予想を

する前の「準備」の方が重要です。

 

「準備」とは、言い換えると「基準」と

いうこと。

基準の精度が高ければ高いほど、

当たり前ですが的中率は上がります。

 

例えば、「展開」を基準にしている評論家

がいたとします。

今回のレースは、前に行く馬が多いので

ペースは速くなる。

なら、差し馬が台頭してくる、といった類の

ものを「基準」としています。

その展開予想を元にして馬券を組み立て

るわけですが、実際のレースでは予想と

違い、スローで流れて前残りの競馬に

なるケースが頻繁に起きます。

「今回は、ペースが読めなかったね」

そんな言い訳を何度聞いたことでしょう。

 

駄目なのは差し馬を買ったことではなく、

前に行く馬が多いのでぺースが早くなる

と読んだことです。

そんな単純なことで、何がわかるので

しょうか?

 

「基準」のレベルが低いと、それこそ毎回

同じような間違いをしてしまいます。

基準は「展開」でも良いですが、それなら

もっと突っ込んで「展開」を研究しなければ

なりません。

 

で、ここからが重要なところ。

 

何でも同じですが、それらの精度を上げて

いくには、一定の方程式があります。

 

「競馬は他人と同じことをしていては、

勝てないゲーム」だということ。

競馬は、勝つ人が少しいて、負ける人が

たくさんいる世界です。

 

それは、例えればこういうことです。

 

私ならペースを読むために前に行く馬を

調べることはしません。

むしろ、前に行かなかった馬、もしくは前に

行きたかったけど行けなかった馬を徹底的に

検証します。

それが、逆説の定理。

長年の経験から、こうやって考える方が

正解に近づく可能性は高いです。

 

でも、全部わかる必要はありません。

「展開」の例でいえば、どういう時に

前残りになるのか?

それだけわかれば、馬券は勝てます。

わかるレースだけ買えば良いわけで、

全部わかろうとする必要はないです。

でも、いつ「差し」が来るかわかれば

もっと良いですが、これはちょっと

難しいでしょう。

それが難しいとわかることも大切な

ことです。

まあ、私の「基準」はオカルトなので、

展開を突き詰めるなんてことは問題外

ですけどね。

 

どんな予想でも、精度の高い「基準」を

持つことが大切です。

そのレベルが、そのまま馬券の的中率

だと考えてください。

「基準」を何にするのか?

その精度を上げるにはどうすれば良いのか?

それが問われます。

努力はすべきですが、間違った努力だけは

止めましょう。

 

今日は、「前残り」するためのポイントを

書いておきました。

 

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?1045553

 

 

<カッパの会>

 

6月期はダービーから宝塚記念

までの5週間です。

 

 

詳しい内容が知りたい方は↓

http://blog.livedoor.jp/kappa0358/archives/3808195.html 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。