競馬アラカルト ~リスクヘッジ~ | 数字をめぐる馬券術

数字をめぐる馬券術

全ての答えは出馬表にあり!


テーマ:

馬券は勝負する勇気と、引く勇気が

大切です。

 

その際、重要になるのがリスクヘッジ

という考え方。

常にリスクを考えながら馬券を

買うことは重要なことです。

 

多種あるリスクヘッジの中で、私が

重要だと思っているのは、点数を

絞ることです。

たくさん買うと当たるような気がしますが、

それでは当たっても儲からないし、負けた

時のリスクも大きいです。

 

長く競馬をやっているとわかりますが、

点数を増やしても、勝ち負けには関係

ありません。

勝つときは考え方が合っている時

なので、点数の問題ではないです。

たくさん買ったからといって、勝てるわけ

ではなく、負ける時はどうやっても

負けるのです。

むしろ絞れないなら、そのレースは

買うべきレースではないと考える方が

良いでしょう。

 

私の基本は、どんな多頭数でも選択

する頭数は、軸ヒモ合わせて5頭以内

と決めています。

理由は1点当たりの金額を上げたい

からです。

万馬券を取らなくても、1点当たりの

金額が大きければ配当は十分です。

出来れば、もう1点絞って4頭になるよう

買うまでは努力します。

 

ヒモ選択に悩むときもありますが、絞る

と決めれば何とかなるもの。

要は、絞れないのは絞る気持ちがない

からです。

多点買いの幻想から解放されましょう。

 

そして、もう一つのリスクヘッジは、

配分です。

よく馬券に合わせて1点あたりの金額を

変える人がいますが、あれは、少点数で

買う人がやるもの。

自分の希望を考慮するので、配当も

均等になりがちでお薦めできません。

 

それに、これは馬券術以上に難しい

作業ですので、これだけで1冊の本が

書けるくらいです。

馬券の上手くない人が、さらに難しい

ことをしようとするのはどうかと思います。

まずは、均等買いをして利益が出る

ようになってから挑戦すべきでしょう。

 

これは、全て、スキルの問題です。

馬券は感性ではなく、スキルです。

スキルの磨き方を間違えると、いつまで

たっても敗者です。

 

リスクヘッジをしたら、後は、ドカンと

行くだけ。

今週買うべきレースは、土曜日の

2重賞。

 

ファルコンSの「強ライン」を書いて

おきました。

 

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?1045553

 

 

<カッパの会>

3月期は、チューリップ賞から

高松宮記念までの4週間です

 

 

詳しい内容が知りたい方は↓

http://blog.livedoor.jp/kappa0358/archives/3808195.html

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス