数字をめぐる馬券術

全ての答えは出馬表にあり!


テーマ:

「騎手にとって、一番大切なことは

何か?」

 

それは、レースに限っていえば、

ゲームの一員として、「見せ場」を

作れるかどうか、ということに

つきると思います。

 

騎手は全方位外交をしいられ、

いろんな人の顔色をうかがう

商売です。

 

でも、騎手は免許事業なので、

エージェント、馬主、調教師も

大切ですが、何と言っても

重要なのは主催者です。

 

主催者が駄目と言ったら

駄目。

よって、多少文句があっても

従わざるを得ません。

免許を更新しないと言われたら

それまでです。

 

つまり、騎手にとって重要な対象は

主催者であり、その意向にそって

働かざるを得ないのです。

我々は、それを心に刻むべき

でしょう。

 

では、主催者は騎手に何を求めて

いるのでしょう?

 

それは、「接戦」を演じることです。

 

主催者は、レースの盛り上がりと

「接戦」を、同意ととらえています。

つまり、接戦を演じられる騎手が

良い騎手なのです。

 

歴代のダービー騎手が、大舞台で

接戦を演じたことのある騎手だと

わかれば、納得もいきます。

 

 

その「接戦」について、少し考えます。

この事象には、付随するアイテムが

あります。

それは「写真判定」です。

 

これくらい奇妙なものはありません。

そして、この「写真判定」がデータに

なることもありません。

 

そのレースが写真判定だったのか

どうか、後で確認する手立ては

ありません。

 

時々、このレースは、最初から写真

判定をすることが決まっていたかの

ようなレースもあります。

写真判定をしなくても「わかるよ!!」

という時もあります。

 

でも、ある意味、この写真判定の

多さがレースの盛り上がりだと

考える組織にとっては、やはり

これは重要な儀式なのでしょう。

 

同時に、このテクニカルな時代に、

未だに「写真判定」だというのも、

逆に、何かを頑なに拒否している

感じがあって面白いです。

 

で、ここからが私の考え。

秘密のコードです。

 

「その写真判定だった馬番は、

以降、どこで使われるのか?」

 

これを知っていると、結構楽しめます。

接戦もリンクしています。

それは当日だけとは限りません。

 

先週の「接戦」から導く、西の

数字を書いておきました。

 

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?1045553

 

 

<カッパの会>

9月期は新潟2才Sから

神戸新聞杯までの5週間です。

 

 

詳しい内容が知りたい方は↓

http://blog.livedoor.jp/kappa0358/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。