昨夜、7月4日22時50分にに

ちー助が虹の橋を渡りました



最後は発作ではなく

呼吸が少しあらくなって

私の腕の中で

「ちーちゃんねんねんこ」と声かけしていて

逝きました。

最後は私の腕の中でと願っていたのを

知っていたかのように

本当に明るくて優しい子でした。



ちー助と過ごした

7年間は夢のように過ぎてしまいました。

毎日毎日どうしようもないくらい

可愛くて、可愛くて…

過保護と言われても

えこひいきしてる!って娘に言われても

愛さずにはいられないちー助でした。


本日16時に荼毘に付してきます。

みなさん

ちー助を可愛がってくれて、応援してくれて

本当にありがとうございました。





ちー助頑張っています!

テーマ:

昨年の6月から

癲癇の発作を頻繁に起すようになり

投薬治療をしていたのですが

春頃から更に発作が多くなり

戸塚にある高度医療センターに
 
病院を変えて治療を行ってきましたが

病院で発作を起こし心肺停止になってしまい

その日は蘇生していただき戻って来てくれた

のですが

今、かなり難しい状態にあります。

家で酸素ハウスをレンタルして

娘と交代で24時間みています。

食事も食べなくなって来ました。

昨年からずっと頑張ってきた

ちー助にもう頑張れの言葉をかける事が

私には出来ません。

今、ちー助との時間が限られて来ているのを

感じています。

ちー助がいなくなるなんて想像も出来ないし

怖いです。

ちーちゃん、またエマちゃんと大好きなお散歩

へ行こう!

芝生公園でクンクンしょう‼︎

ママはちー助の幸せの為ならなんでもするよ。





今日はエマちゃんの10歳のお誕生日です。

エマも年を取ったなぁ…と寂しい気持ちと

ここまで元気に過ごしてくれている事に

感謝していますが

同時に自分も10年、年を取っているんだと

思い

健康に気をつけてこれからも

みんなで暮らして行こうウインク

と考えていました。

このブログ記事は本当にワンコやネコを

家族に迎える時に今一度15年、20年先を

考えて迎えるべき、と痛感しました。

命に対しての責任…

当たり前の事ですが

重く、重く考えないといけないですね。

…ペキニーズレスキューの卒業犬

ゴン太くんの前の飼い主を思い出して

しまいました。

今は幸せになったゴン太くんですが

飼い主のおばあちゃんのホーム入居で

手離されてしまいました。

運良くレスキューされ優しい家族に出会え

たことは本当に幸せで運の強い子だとおもいます。

このペットショップの方が

正しい判断をして頂ける事を祈ります。







ちー助と癲癇

テーマ:
お久しぶりです。


ちー助ですが


2年前くらいから梅雨どきに


癲癇の発作を起こすようになりました。


今年も2回ほど…8月は元気で過ごし


今日の夕方に発作を起こして


呼吸が深くゆっくりでいつもと違う


様子だったのですぐに病院へ…


病院に着いたときには


いつもの元気なちー助だったのですが


5月の健康診断の時より心雑音が


ハッキリ聞こえているようで


来週エコー検査とレントゲンの再検査の為


半日入院になりました。


夜の11時半頃に


また癲癇発作を起こして倒れたので


病院から処方された座薬をいれました。


これで様子を見て発作かおさまらないようなら


救急病院に連れて行く予定です。


発作がおわるとケロっとしては入るのですが


前より間隔が短いのが心配です。


しばらく目が離せませんアセアセ


ちーちゃんゆっくりで良いから


元気になろうね。


{E658AD21-5C52-40D3-9458-B591396929EF}

{C22EF5D5-0B0E-4675-82C3-CE1062D91784}


心臓と癲癇…心配です。


まだ推定13歳。


病気があってもゆっくり、ゆっくり生きて行こうね

なんにも心配いらないよ


ママが側にいるからね