自分には何が必要か知ってる?

私は最近これじゃないかと思っています。

 

そこであぐらをかいている皆さまへ

 

あくまで自分の経験に基づき

独断と偏見なビューティ持論になっています。

不快な方はスルーして頂ければ。

 

でも、眼からウロコがポロポロ

 

優しくも残酷な私のお話し。

 

フランスで例えば友人達や会食だったり20時にディナーをスタートする時って

その前に必ず食前酒の時間を取るんです。

忙しい人達だから遅れる事が当たり前。

そこでパラパラっと人が集まってくる。

集まったらテーブルに着きディナーがスタート。

全員が集まらないと始まりません。

 

何故かというと、食事の時の話題を遮って欲しくない集中したい。

料理も順序立てて出てくるのもその理由があるんです。

フレンチは一度、注文したらメニューを見る事もないしね。

それなのに、食事のメインの最中に人が現れるなんてかなりマナー違反。

 

もし遅れるなら、デザートまで時間をずらすのが常識です

会話をその時間をとっても大切にする貴族文化。

 

 

日本のようにテーブルを一杯にする配膳はあり得ない。

女性がテーブルや皆んなのケアーをして…

ではなく参加者皆んながテーブルをケアをする事になり

食事中に話を中断される。

会話には色んな交換やコミュ二ケーションがあり

ビジネスや恋が始まったり…結構な合理的さ

 

ビューティーもそう

ハッキリ言えばお肌は日本人に比べて綺麗とは言えません(かなり)。

シミ、ソバカス、皺。。エイジング、大人をしっかりと受け入れているから

そこはどうでも良い。

 

それよりも彼女達がフォーカスしてるのは自分が待ち合わせて

美しい部分を生かすアイメイクなんです。

 

カラフルな瞳に長いまつげ、彫りの深い目元。

それを生かす自分が魅力的に見えるアイメイク、色選びなどに拘ります。

 

日本人のように同じメイク、流行りの色を追い掛けはしません

皆んな同じ色ではないのを知っています。

 

私が誰かになれません。

もうそれってDNAから組み込まれ知ってる事。

 

手が届かない誰かに憧れるのも良いけど

先ずはお部屋にお花を飾って…

一番近くの自分を好きになって

 

 

週末だしもう一杯、ワインを飲んじゃお〜w

 

 

読んでいただき

 

 

Merciドキドキ

 

 

11/24 ワークショップ開催

パリコレメイクアップアーティストが教えるウィンター大人アイメイク、アイブローメイク術

http://ptix.at/P2Dypk