アナウンサーも教員も歯は命 | 玉利かおるオフィシャルブログ「今日も素敵に!バブル女子アナが いく」Powered by Ameba

アナウンサーも教員も歯は命

喋る仕事は、歯が命と、痛感しています。

奥歯の下が少し前に痛み、顎に違和感感じて、その後しばらくしてから

少しはれてきたので、今日は思い切って歯科大へ。ショボーン

気をつけていたんですけどね。

被せてあった根っこなので。表面ではなかった!ニヤニヤわからなかった

治療も麻酔とかして大ごとになると、その日滑舌もがうまくいかないし、

痛みがあったりすると喋りにくい!のです。ダウン

授業があったり、仕事も入っているし、それは避けたい。

それにリボンはつらつ元気出ないとねドキドキ

しかも痛そうだと、ルックスも悪いですよね。

結構いつのタイミングで病院行くかって考えてます。あせる

 

 

六本木の先生からのご紹介で

東京歯科大の口腔外科へようやく行ってきました。あせる

病院や歯医者って行きたくないの。って行ってられない状態。ポーン

 

初めて大きな大学病院しかも口腔外科ドキドキしました。

歯科なのか口腔外科なのかまずは検査していただかないとわかりません。

やはり大学病院は、沢山のスタッフと、機材が、立派です。音符

最近リニューアルしたのでしょう、とても綺麗な歯科大です、

ここは130年の老舗、日本で最初の歯科大病院ですから。

思ったより混んで無くて少しリラックス。音譜

ご紹介いただいていたのですんなりと、あまり待たずに診て頂きました。ラブラブ

レントゲン撮ってその後、先生先生とお話し、治療方針を決めました。

とても素敵な医局の先生で、うれしかったです。ー

結局保存科の先生をご紹介下さいましたーーー

つまり根の治療をもう一度やり直す事になり、。

まずはメスを入れる事は避けて治療始めます。

ちょっと気が楽になりました。。あじさいピンク音符

 

何か連携室の担当の方はお会計からご案内、予約まで最後の最後の、お辞儀まで

素晴らしく恐縮。ウインク

 

見えなくなるまでお見送りくださり、ここでも、ホスピタリティ。

どこかで勉強なさったのですか。。。と

伺うと、訪問治療とか、特別なお客様に対応させていただいています。。

まだ若い方でしたが、素晴らしいですね。