4月28日(日)乙未・不動尊・八白・友引・たいら・昴・オリオン座U星が極大


Ⅰ「天皇賞春」


前回、最終的に残す馬は、


フィエールマン


クリンチャー


と、書いて終わりましたが、順列的に、フィエールマン


サブ、いえサブよりは、それよりも上目線ですが、クリンチャー


としていましたが、結果は、フィエールマン (ルメール騎手)の優勝で、


平成最後のGⅠが終わりました。


予想は「皐月賞」から再開し、本来は、「天皇賞春」は、その弾みで、行ってはしまいましたが、


それにしては、この三週は、予想し、馬券も購入したことで、


「皐月賞」だけ数千円プラスになり、先週は公開はせずに、


ダノンプレミアムを一点買いで、複勝なので、プラス200円止まりでしたが、


さて、今回は、予想したとおり、フィエールマンを本命に、


クリンチャーも購入したために、勝ち負けが相殺されて利益にはなりませんでしたが、


ただ、平成最後のGⅠレースの予想を、書き残し、


まず、第一に、


フィエールマンと、していたことで、平成の最後を飾れたのはよかったかなと思います。


さて、何故、フィエールマンにしたのかというと、


まず私と相性の悪い川田騎手が不在な点。


先週も触れましたが、今年は今の時期、デムーロ騎手の運が、


曇っていると、観る視点。昨年のある時期はよいですよ。


戸崎騎手も恐い存在ですが、運の側からは、この二点を重視したことと、


ルメール騎手の運に、自分を重ねやすい


(自身の)周波数が合うのはここで、(ゆえに、「皐月賞」予想の際に、


復活に賭ける、昨年、「皐月賞」を落としたルメール騎手と共にという意味深なことを書いていたわけですね)


それと、馬の運もまぁまぁで、明確な魔の日的な日頃ではないこと。


そして、競馬の論理から、逆算して、ふと思ったのが、


フィエールマンは、長距離に向かないディープ産駒で、さらに、疲れやすい噂が出たので、


外す人が多かったことに対し、ラジオNIKEI賞から、いきなり菊花賞で優勝した前例の無い強さ。


ただタイムが、エタリオウと同じで、グロ―リーも大差ないので、それだけは、非常にマイナスなので、デムーロ騎手の騎乗する


エタリオウに賭けた人が多かったのですね。


そこで、私は、運の側から、エタリオウ正確にはデムーロ騎手を消し、


さらにエタリオウは、菊花賞の日頃は当たり感があると、日にちを観ると判断。


ルメールは、菊花賞の頃は、そういい時期ではなく、フィエールマンも、


あまり良い時期ではない。(良い時期のエタリオウに対し、よろしくない時期でも、優勝した点、ただタイムは同じですから

実力は、五分五分?

運だけを考える場合は、ダービーの少し前の時期が、ルメ&馬ともども、スパーク時期)


それで疲れやすいのに長距離の菊花賞を勝ったのはルメの運より腕と、この馬の身体能力にあるのかなと。さらに騎手馬の相性が最高である点。


例えば、エタリオウは、川田騎手と相性がよいと私は観ます。(騎乗はなくとも)


それで「菊花賞」が、馬と騎手の運の周波数を上げるでしょうか、


デムーロ騎手は、特に昨年、菊花賞の日頃は、運が急落する日頃なので、


活躍がその後で、菊花賞ではなかったのでしょう、タイムは同じで2着ですが。


それと、今回の天皇賞春は、小頭数のレースなので、長距離ながらも、速い馬に勝機があるのではと考えました。


高速になれば、フィエールマンの疲労度を弱め、その速い脚を活かしつつ、ルメール騎手の腕で、3200mという、菊花賞よりも200m長い


京都競馬場を、克服できるのではと、


多角的には考えてはみました。


しかし、競馬は、論理的な面がありますね。


ただ、それに固執するのも、よろしくはなく、


論理を詰めていくことを続けている人がいる世界だということは、


感じてしまい、そうならない時の特徴、つまり、馬の理論を追って、


負ける時があるので、その時にも特徴があるような気がします。


怪我や、体調不良、他の馬との衝突、それ以外では、


似た傾向の人気馬二頭の二強対決の時など、騎手もルメール騎手とデムーロ騎手などの組み合わせの時は、


どちらかが優勝する確率は特別高い反面、どちらかが負けるので、


理論的には絞りにくく、そういう時は皆さん、カンで決められているのかなと思います。


その時に、負ける方は、何割かはわかりませんが、


何割かは、予想者自身の魔的な日


騎手か馬が、魔的な日


そういう時ほど、自信のあるレースを裏返されるでしょうから、


そういう時は、大きな賭けは絶対に辞めた方がよさそうです。


そういう魔の時を、知るためにも、占いがあり、


普段は、処理能力が高く、何事もこなしている人は特に、


何かうまくいかなくなった機会にようやく、


運が、間接的に関係していることに気付くでしょう。


魔の時とは、本当に自分が弱った時ともたいがい重なることも多いですから。


良い時に弾みがついて人は自信家になり、


しかし、自信家になると、小さなことで、つまづきやすく、


いつも怒られている人は、小さなことで、つまづかなくなり、


その分、自信家な人ほど、小さなつまづきを恐れるあまりに、その対策法ばかりを考えてしまい、


反面、小さなことでつまづかなくなった人、正確にはつまづかないというより、気にしなくなった人は、


自分がうまくなっているのに、怒られ慣れをしているせいか、


自分の上達がわからずに、何故か、自信を持てずに、


何も語らないまま、能力が評価されずに、


もったいない流れに生きているもの。


小さなことでつまづくことを恐れる人は、饒舌になって、


自慢話を繰り返し、弱いところを隠しながら、


さらに弱くなっていくのも、そういう風に、人間が、


作用するように、人間自体が、作られているからなのかもしれませんね。


ただ、体内にいる寄生虫も、かなり、人をコントロールしていて、


それと、精霊や、守護霊などが、関係していて、もしかすると、


寄生虫が、宇宙と交信する、守護霊に近い存在のような、


予感が私は最近、してきました。


しかし、寄生虫も、宇宙からの交信がないと、特別な動きをせず、


良い時などには、虫の予感を、体内から脳に、伝達しているような気がします。


そして、庚申の日には、宇宙へ行き、おそらくこれも、物理的に行くのではなく、


データの送信ですね、IT寄生虫、細胞サイズかもしれませんが、


虫の居所が悪い時は、たいがい、


その人にとって、ある日でしょう。


寄生虫も、微笑む時、


叱る時などがあり、それは、宇宙の動きに呼応するかのようにして、


そうなるようなプログラムなどを、太古に、宇宙で、もう作成されていたのかもしれません?




この機会に、



1年1度の 「博多鑑定会」


で、お会いいたしましょう! (当日でも受けられる日もあると思います)







のメッセージを受け取ってくださった方は、クリックの方もよろしくお願いいたします!



↓ ↓ ↓                ↓ ↓ ↓


 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 



 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 



○鑑定希望の方と、ご予約は、kaoruha777@yahoo.co.jp  (オオタ☆ヒロユキまで)

 

 

 

☆携帯から閲覧の方は、「ブログ情報 」をクリックされれば、占いの詳細が表示されます。

 

 

 



 

 

 

〇 2011年3月11日「東北・関東大地震」的中  (証拠コメントです)

 

 

 


 

 

 


 

 

 

○ 私のおススメする健康製品情報 → kaoruha777@yahoo.co.jp  オオタ☆ヒロユキまで。

 

 

 

○イベントのお仕事(お店の記念日や販促イベント等)に是非、占い師として呼んでやってください。

 

 

 


〇店舗の一画、カフェの一画など、占い環境やイベントを提供してくださる方を随時、募集しています。

 

 

 

〇占い原稿などのご依頼も承ります。

 

 

 


〇講演会のご依頼も承ります。

 

 

 


○消費税増税は、軽減税率導入でない限り反対です。

 

 

 


○自衛隊の軍事化に懸念、反対派です。(国防軍名含)

 

 

 


○ 雇用の充実される政治を願います。

 

 

 


○ 無人レジや将来ロボット店員の登場は人間の失業者増加に繋がるので反対です。(全店で一割までとかロボ店員の台数限定の法案を先に作成して下さい

 

 

 


○電子書籍「占星術師オオタ☆ヒロユキ未来を語る 」

 

 

 


 

 

 


 

 

 


「大地震☆被害者のための供養塔」

 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


  ○           ○

 

 

 

○ 光 ○     ○ 光 ○

 

 

 

  ○           ○

 

 

 


        ☆

 

 

 

        星
   ☆  佛☆佛  ☆
        神

 

 

 

        ☆

 

 

 

         ○
         ○

 

 

 

   ○    ○      ○
         ○
○ 光 ○  ○   ○ 光 ○
         ○
   ○    ○      ○
         ○
         ○

 

 

 

         ○
         ○
         ○
         ○
         ○
         ○
○○○○○○○○○○○○○○

 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 

2016年

 

 

 


ハロウィンの夜に灯した『星☆灯』

 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


             |
             ○
             ― 
           |星|
           |☆|
           |灯|
             ―
―――――――――――――――――――

 

 

 


 

 

 


 

 

 

~PCからの閲覧でない場合、形に歪みが出ますのでPCでご覧ください~