鈴木大拙のナイスな写真 | 『Talking with Angels』西洋墓地の天使像と『笑とる仏』 : 写真家 岩谷薫
2015-01-29 13:47:44

鈴木大拙のナイスな写真

テーマ:ブログ
鈴木大拙 ちょっと前の話ですが、24日前後のNHKのラインナップはすごかった。
 『日本人は何をめざしてきたのか』の三島由紀夫さんにはじまり、
 つづく、『100分de日本人論』再放送。日曜美術館は画聖の速水御舟。
夜は『NEXT WORLDー私たちの未来』「第4回人生はどこまで楽しくなるのか」

 特に、三島さんと『100分de』はノートまで付けました。
 三島さんの番組に採用されている写真は最高にいいね!この憂いているようないらだっているような顔。
 改めて幼少の頃から、時代や家族に歪められて育ってしまったことが解ります。
 だから良くないという意味では決してなく、だから昭和という時代をものすごく象徴的に生きることができたと思います。
 とある別番組で、幼少の親子関係のひずみが小説家を生むみたいな説があり、少々納得。現実に満足していたら小説のような架空の世界を書くはずがないとも。なるほど、だから私は現代小説にあまり興味がない

 去年、読み返した『天人五衰』の構想当初の別のラストシーンも紹介され、興味津々。勿論、今書き残されているラストシーンの方がスバラシイ。
 TVで私が今まで見て来た三島論の中で一番優れているような気がします。
 再放送は1月31日なので御興味ある人はゼヒ。私が過去にこのブログで紹介した動画も紹介されています。

 『100分de』は前回、鈴木大拙しか見られなかったので、再放送を全部見た。
 前半の2つはさして興味ありませんでしたが、河合隼雄さんの『中空構造日本の深層』は良かった。
 河合さんは、日本の神話には、よく三人の神様が出てきて、両サイドの2人はみんな大変な活躍をするのだけれど、真ん中の神だけが、実は何もしていないという構造に気付いたそうです。
 西洋では、善と悪のように二元論でもの事を解釈するのに対し、日本では実は三元が設定されており、しかもその中央の神は何もしない「空」であると。
 それを聞いて、スゲー!と思いました。

 同じ日に見た、三島さんも似た事を言っていました。
「あまりに空虚になりすぎている日本が、無の生成力が日本だ」

 大拙さんはやっぱりいいね。無分別智というのは結局、河合さんの中空構造にも若干似てるところもいいですね。
 写真にある、白猫と黒猫(縞猫だけど。笑)の中央に「空」である大拙さんが笑っている感じ。
 この写真、好きなんですよ~。 猫好きという理由もですが。
 そもそも大拙さんは、ものすごく写真映えするご老人。三島さんも。
 横尾忠則さんや開高健さんらは、「作家の作品は、作家の顔つきで信用する」と言ってましたが、正に大拙さんの顔は、まんま思想。 

 『100分de』では、どうしても会話の流れから、スティーブ・ジョブズが無分別智の成功者みたいな紹介をされていましたが、当然ですが、大拙さんや妙好人の浅原才市さんが、そういったところを目指していないのは当たり前なので、誤解なきようという印象でした。

 速水御舟はやはり画聖。以上。笑

 『NEXT WORLDー私たちの未来』「第4回人生はどこまで楽しくなるのか」。
 第一回の「未来はどこまで予測できるのか」も、こんな人工知能の世の中、「すごくいやだな~」と思って見ましたが、第4回も「ほんと、いや!」爆!
 どこが「楽しい」のかさっぱり解らない…。

 ただこれで強く感じたことは、コンピュータがどんどん発達した世界は、すごく霊界に近くなるということ!(笑われそうですが… でも、例えばチベット死者の書の第三のバルドをみてください。)
 私の今までの霊界の知識では、
 どこへでも行ける。
 誰にでもなれる。
 亡くなった人や過去の人にも会える。いや未来にもか。
 めちゃくちゃ偉くなったように感じる。

 の以上の4つですが、(この4つでピンときた人もいるかも知れません。笑)この番組では全部30年後くらいには、実現できるそうです!
 第一回の放送も含め、それが本当なら、いやだなぁ~こんな世の中…マジで。
 三島さんが戦後日本を嫌ったように、こうして時代の齟齬が生まれるのかも。
 たぶん、コンピュータの進歩に、人間が付いて行けないと思う。または、付いて行ける人と付いて行けない人の二極化かも。
 少なくも、私はこんな未来ならとてもイヤ。でも、その前に温暖化やCO2の増え過ぎ、食料難等で、30年を待たずして、もっとヒドい未来が来そうな気もしますが…

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村

岩谷薫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス