KIMONO

テーマ:

KIMONOって言えば通じる、Japanese traditional clothes。

語学学校で結婚式何着た?って話題があがって、韓国はチマチョゴリ、日本は着物、中国はチャイナドレス、ブラジルはドレスっていろんな国の色が出てておもしろかった。

アジアはその国によって顔になる着るものがあるね。

 

成人式には振袖(袖がロングなやつ)を着るの。

成人式は20歳で、大人の仲間入りって意味で日本では重要なんだよ。

 

って言ってもあまりピンと来ていないようだった。

(私の英語の説明がきっとできていなかったんだと思う・・・)

 

私が20歳のときは赤い振袖は○○万円で買ってもらって(びっくりぽんの金額・・・)、さすがに1回じゃもったいないなと思っていたけど、結婚式には着れないしな~と苦肉の策で、私30歳を超えて振袖ファッションショーみたいなものに出場したんです(爆)。

 

 

予選?と本選に出場し、エレガント賞みたいなものをいただきました(笑)。

浅草公会堂で開催されて、歩き方とか笑顔とかポーズとか指導されるの。

着付けは各教室の生徒さんがしてくれて、その着付けも採点に含まれるんだけど、いい経験ができました。

 

帯揚げが今見るとKティちゃんのようなリボンで気に食わないな・・・。

 

私の振袖ちゃんはこの数回の出番を終えて、今は実家の引き出しに眠っているはず。。。

もし自分に女の子が生まれたら着てもらいたいけど流行りがありますよねえ。

(母の真緑の振袖を見たときに若干引いてお断りした私・・・)

 

着物を高く買い取ってくれるサービスがあるみたいで(着物の買取)、なんだかよさげ。

 

いたるところにあるリサイクルショップでは○十万円もした着物なんて売りたくないし、かといってメル○リでもなんだかいや・・・。

査定してもらえるって魅力的ですよねえ。

20年以上も前の着物も買い取りの対象らしいので、実家の母の着物を売ったら銭に変身・・・♡なんてことも・・・(よい子はマネしないように)

 

着付けとか身に着けてシンガポールでビジネスやったらよかったかなー(←おばか)。