あれからやや時間がたってしまった。私の中のパーツが召されてから四十九日以上も過ぎた(#^.^#)が、その後をしたためないでは、それこそバルドーの中だし…(*_*;

 

ブレインスポッティングを受けた日の夜は、偶然にも( 宇宙に偶然ということはないのだが…)

家族療法のジェノグラム勉強会もあった。ジェノグラムとは、家族構成員のダイナミクスの理解をするための家系図のことを言い、原則として3世代程度をさかのぼって作る。

また、自分の存在の背景にあるものや、多世代家族の間に横たわる問題を見せてくれるすごいツールである。

その勉強会前の宿題として、自分のジェノグラムを作成しておけというのがあった。

しかし私は数年前に、すでに自分の多世代のジェノグラムを作っていた。

ジェノグラム作成のために、まだ会ったことも行ったこともない遠くの親戚宅を訪れさえしていたのだ。だから勉強会用には、それをプリントアウトすればいいだけだった。

 

なのでブレインスポッティングのセッションの時はそのことさえ全く頭になかった。

しかし帰宅後、プリントアウトしてみてあらためて、今日のセッションとの符号を再確認して驚いた。

 

私の父方、母方とも長子が乳幼児期に死亡していることが多いのだ。

ジェノグラムを作る目的の一つは、世代連鎖するパターンや傾向を見つけることにある。

私は長子である。ジェノグラムのパターン(運命あるいは呪いのような…)からしたら、私はすでにこの世の存在ではなくてもおかしくないのだ。

 

私の中のその子は、本来なら、生まれてすぐに神の御許に行くべき子だったのではないだろうか。

だからこの世の存在であること自体に逆らうように、主人格である私というアイデンティティの意図することにもことごとく逆らっていたのではないだろうか…と。

 

ここでまたひとつの符号に気づいた。“天邪鬼”の“天”とは神の御許のことだ。

A course in miraclesという本によれば、神の世界の真実とこの世はポジとネガのように反転しているという。

ならば、“天邪鬼”の“邪鬼”は神の世界では、わざと逆のことをするひねくれ者ではないはずだ。自分の本当の心にまっすぐな気持ちを伝えようとする子どもに過ぎないのではないか。

 

私の中の天邪鬼というパーツが本来あるべき所へ戻ったというストーリーは、大脳新皮質つまり思考する脳のイメージだったりするかもしれない。

トラウマや解離という脳科学的視点から言えば、そのプロセスは本来は言語の介在しない深い脳、辺縁系や脳幹の中で起こっていることである。

それを、あえて統合という言葉で言い表すことはできるし、プラスネットワークがつながったというモデルで表現ですることもきる。

しかし本当のところは誰にもわからないのだ。

 

ともかく、この日を境に私の現実が変化したことだけは事実だった。

現実次元との親和性を感じられた。自分自身がこの次元の一員である感覚と言ったらよいのだろうか…。これまで、自分の中での現実のプライオリティは正直、高くなかった。現実世界というのは、もっとぶっちゃけて言えば人間社会のことだ。人間社会以外の場所、自然の中や動植物との関係性においては自分は確かに他の生命達と濃密で豊かな交流があったし今もある。

それは海や森林環境や、馬やオオカミ、薔薇や畑の野菜達との確かなコミュニケーションだ。

 

しかし、こと対人間社会となると、何か間にものが挟まったような、ワンクッションあるような

自分とは異なる種族のような感覚がずっとあったのが、今になってその違いがわかる。

 

 その夜のジェノグラム勉強会の終わりに、自分は一言シェアをした。

「私の家系は父方も母方も長子が乳幼児期に亡くなっているのがバターンとして連鎖しているようでした。奇しくも本日、BSPのセッションで私の一部が成仏しました。そうしたら、この残った私はいったい何なのでしょう?」勉強会主宰のF先生は言った。「そりゃあ良かった、良かった。そしたら森さん、あとは余生だよ。余生なんだから、好きなことやったらいい。」??…余生か…としばし反芻していたら、何故余生なのかと質問するタイミングを逸してしまった。

まあいいさ、いずれ聞いてみよう。

 

しかしふと、もうひとつ符合するものがあった。本来はネガvsポジのように、陰陽のように、あちらの世界にいるべきだった半分が、流産してこちらに流れ込んでしまったようなイメージなのではないか? それは、私の両親の家系の子どもたちの多くが流産していることとの対称形であり、コンステレーション(布置)でもあるように思えた。

 

こちらの世界でアクシデントがあると、流産してあちらの世界に行ってしまうように、あちらの世界でアクシデントがあると、こちらの世界に流れてきてしまうのだろうか…? などという妄想さえ湧いた。ココについては長くなるのでまた次回に回すつもりだ。

 

ともかく、それ以来、私はこの人間社会に何故かグラウンディングした。

身体の中が充実して質量に満ち、心は冒険に満ちている。

この現実の人間社会の一員であることにどこか深い所でOKが出たとでも言うような感覚だ。

世界への結びつきと信頼とにあふれている。

 

そして、どうしてだか、カウンセリング&セラピーの腕が上がった感覚がある。

自分の身体感覚と、現実に根付いている自分の直観に、これまでとは異なる信頼感が持てるのだ。カウンセリングをしている自分をどこか俯瞰して見ている時もある。それは、居るべき所、神の御許に行ったパーツが充足しているからなのかもしれない。

 

ブレインスポッティングは、受ける人によってその治癒のプロセスは様々だ、何故ならすべての人の脳の神経ネットワークは異なるからだ。でも一つ言えるのは、脳は認知では考えもつかない無限の可能性と治癒力を持って、常に最高の適応状態を目指しているということだ。

その可能性が最大に開かれることをお手伝いできるブレインスポッティングという方法にたどり着き(それは浜辺の砂粒からたったひとつの小さな宝石を見つけ出すようなもの…)実践できる自分の運命と奇跡に、今あらためて、人生もまんざらではないと思えるのだ。

 

 

BSP(ブレインスポッティング)は「二重同調モデル」による心理療法である。これはSiegelによる「対人神経生物学モデル」と似ている。二重同調とは、対人関係モデルの中心である、セラピストのクライエントに対する関係性の同調(共感)と、特定され活用されるブレインスポットから生じる神経生物学的な同調の組み合わせである。

そしてBSPでは「どこを見るかで感じ方が変わる」と仮定されており、視点の違いは特定の神経活動や内的経験と関連があると考えられている。またBSPでは、トラウマは経験の断片を未処理のままにさせて、神経系の中で処理の完成を邪魔するものである、と考える。BSPではセラピストはクライエントの問題に対する解決法を導き出す存在としては捉えない。問題(あるいは未処理のトラウマ)が脳の中で溜まってしまうように、問題に対する答えあるいは解決法は、クライエントの神経系に可能性として同様に潜んでいる。

セラピストの関係性的な、または神経生物学的な同調の支持的な枠組み(二重同調フレーム)が、クライエントの脳における内的コミュニケーションを高めその脳の持つ適応力・復元力を高める手助けをし、問題の解決をもたらすと考えられているのである。

 

BSPセラピストSさんのオフィスを訪れた私は、そのパーツを思い浮かべ招き入れ、それがいるとイメージされる場所を見た。それは3、4歳の小さい子だ。そして、その子の苦痛を感じる自分の身体感覚と対応する目の位置を見つけていった。その方法はインサイドブレインスポッティングと言う。私はやや右上を特定し、Sさんはそこにポインター(指示棒)の先端を固定した。私の目からもセラピストの目からも涙が流れ始めた。親の日常的な、不条理で一方的な叱責への怒りと圧倒的な孤独の中にいるその子の心に、どんな救いがあると言うのか?私の脳の中に最適解があるという理屈は知っている。それに私自身も私の元を訪れるクライエントがBSPで思いもよらない答えにたどり着く過程をたくさん見てきている。しかし30分…40分…涙と時間だけが流れ、残り時間はたぶんあと10分ほどだろう。しかし何も変化がなかった。

 

ふと私は気がついて言った。

「私、間違えていた。この子は思った以上に重傷だわ。ほとんど死にかけてる。

もう何をしてもどんな方法によっても癒されることは無いと思う。これまでだって色んなことを試してきたけど何も変わらなかったし。

今私にできることは、どうやってその子を成仏させてあげられるかしかないんじゃないかな…。」セラピストが耐性の窓を越えて嗚咽しているのを私は不思議に思いながら目の端で見ていた。

 

かつて、圧倒的な孤独の痛みと重さにただひとりで泣いているその子の傍に、ある日、主が臨在した。その光景はこれまでも何度も見ていた。それでもその子の孤独は決して癒えることはなかった。

でも今日は何かが違った。その子が主の傍に歩み寄っていった。そして主の腕に抱かれてそして召されていったのだ…。

「身体はどうですか?」セラピストがたずねた。身体感覚は大切な指標である。

「力は抜けています。」私は答えた。

思考がついていかなかった。私の一部が召された、つまり死んだのだ。しかも私の中の感情の大きな部分が。ではここに残った私は何なのだ?抜け殻か?どう捉えたらいいのだ?

思考はもっともらしい理屈をこしらえようと右往左往した。しかし、皮質下の深い脳が平安を感じているのは間違いなかった。そして、身体の密度が高くなっているような感覚に気が付いた。なんとも不思議だ。自分の一部がごっそりなくなったというのに…。

つづく

 

ずっと前から私は自分の中に、どこか自分の足を引っ張るパーツがいるのを知っています。

日常のほんの些細なことでも、例えば今日中にそこそこの連絡を誰かに送らなければならないとすと、しなければと意識すればするほどやりたくない気持ちも ねば~っとそれに付きまとう感じ。で、なんだかんだ先延ばしにしてしまう傾向…。

 

でもさ、例えば試験勉強しなければならないのに部屋の片づけを始めてしまうとかそういうことは誰にでもあるあるさ、と言われるかもしれないけど、私の場合わかっちゃいるのにこれを今まで何とかしなかった自分がこれまた情けない…。

 

ともかく、いつの頃からか、私はこのパーツを天邪鬼(あまのじゃく)として認識しました。

天邪鬼とは、わざと人の言に逆らって片意地を通す者(―広辞苑よりー)であり、「故意に相手に逆らう人」のことです。

 

 幼いころ、親から何かにつけこうしろああしろと言われるたびに「やーよ、ブーっ!!」と言って従わなかった自分をうっすら覚えています。

知り合いのおばちゃんが私につけたあだ名は「やよぶーのかおこ」だったのも思い出しました。

親からはよく「ひねくれている!! 」と言われたものでした。そう、天邪鬼はまさしくひねくれっ子なのです。

 

では、どうしてひねくれっ子ができあがるのでしょう?元々の性格だと思いますか?

ここで、私は天邪鬼を弁明するために一肌脱ぐ必要があります。

 

 赤ちゃんは、生後6ヶ月から2歳くらいまでの間に「誰が安全か」を検出し、

そして「( ふつうは )安全な」親との間にしっかりと揺るがない安心感や信頼感、すなわち愛着を形成します。そしてその後周囲の世界へと関心を広げ、認知力や豊かな感情を育んでいきます。しかし安全であるべき対象がそうでなかったら?あるいは、時には安全だけど予測不能にそうでなくなったら…? 

愛着理論はボウルビィやエインズワースが有名ですが、ポージェスのポリヴェーガル理論にある、安全のシグナルは愛着の前段(※注2)という一節が、最新かつ理論的に本当にすっきりしていて、トラウマ関連の臨床家の端くれとしての私の中では今や大ヒットです!!

ともかく、逆らうこと、戦うことが、その子にとってのサバイバル法だったのです。

 

私が成長して大人になっても、パーツとしてのその子は存在していますが、前回のブログ『ブレインスポッティングと天邪鬼 その1』の(注1)でも解説してる通り、誰にでもパーツは存在します。そして、すべての自我状態には存在意義があるのです。

問題は、その人が現実世界で生きていく上において、パーツ同士の葛藤がある時です。

 さっきの、試験勉強しなければならないのに部屋の片づけを始めてしまうとかもそうだし、私の場合も同じですね。でも、これでも私は一応その専門家でして!(^^)! EMDRも自我状態療法もBSP(ブレインスポッティング)もできるんです!! でも、ここにも大きな前提があるのです!! 関係性という前提が―。人との関係によって負った傷つきは、人との関係性によってしか完全には癒されないのです。私は、懇意にしてもらっているBSPのセラピストにお願いすることにしました。つづく

 

(※注2)「ポリヴェーガル理論」を読む 津田真人著 星和書店 p.318~p.319

 2021/2/20~2/22の3日間、ブレインスポッティング(BSP)の開発者であるデイビッド・グランド博士自らによる、日本初のphase3トレーニングに参加しました!

 

Phase3では、複雑なクライエントさんにも対応可能なブレインスウィープやパーツワーク、演劇や芸術のパフォーマンスを向上させる技法、スポーツトラウマへの対処などを、デモンストレーションと実習を通してしっかり身に着けました。特にさすがデイビッド博士のデモンストレーションは圧巻! 被験者となってくれた実際の役者さんの演技が、たった30分ほどのBSPで全く別人のように変容し改善したのにはびっくりを通り越して唖然…。人間の脳のポテンシャルのすごさと、それを引き出すことができるBSPの可能性とダイナミズムにあらためて動機付けられました。

 

 しかし個人的には、パーツワークの二人一組のエクササイズプログラムで触発され、

はっきり認識した私自身の、この次元の属性ではないと思われるパーツ(注1)との想定外の展開がこのあと訪れようとは、この時はまだ予想だにしていなかったのでした。つづく

 

(注1)パーツ

人間の心はいくつかの「パーツ」(部分)あるいは「自我状態」から成っていると考えるのが、

アメリカの精神分析家ワトキンス夫妻が開発した自我状態療法のモデルです。「自分とはこんな人」と思っていても、人間の心は実は多くのパーツから成り立っていると考える方が自然です。それは普通の健康な人にも当てはまることです。例えば、職場ではバリバリのコワい上司が、家に帰って子供やペットの前では赤ちゃん言葉で喋っているとすると、その人は職場と家では違うパーツが前面に出ていることになります。また、人は受け止めきれないような衝撃に出会った時に、苦痛や恐怖や怒りを1つのパーツに押し込めてシステム全体を守ろうという傾向もあるようです。一人の人の中の色々なパーツ間で、人生に何を望むかについて矛盾が生じると、その人は葛藤を解決できずにいろいろな問題や症状を呈することになるかもしれません。

秋薔薇🌹の季節はもう少し先だけど、
うちの子たちは まだ続く夏みたいな陽気にもめげず、おのおのマイペースで咲いてます。

今年わが家に来たニューフェイスの
ナウシカァ、オーブ、ニンファ、の花の初お目見えに心踊り💓💓💓

薔薇の鉢を円陣に並べてその真ん中に座って瞑想してみると
……すごいエネルギー❣️
薔薇の生命と同調して、トーラス状の気が自分の内外を回っているのが感じられます。

脳幹がジンジンする〜。
皮質下の調整が起きているに違いない。

それが証拠に、
薔薇の成分、ティーローズエレメントには、ラベンダーと比べても3~4倍ものリラックス効果があり、人間の生理・心理作用に良い影響を与えることが分かっています。

さらにバラの香りは、
コルチゾールと呼ばれるストレスホルモンそのものの分泌を抑える効果が確認されているようです。
資生堂ライフサイエンス研究センターでは、ストレスを与えた被験者に、バラの香りを嗅がせた場合と、そうでない場合について血中コルチゾール濃度を比べる実験をしています。

その結果
香り無しのグループのストレスホルモン血中濃度は平均35%増加したけれど、

香り有りグループはストレスホルモンが増加しなかったとのこと。
国際生理学会議で発表されたようです。

でも私が感じたのはそれらだけじゃないかも。
薔薇の生命エネルギーそのもののように思いました。

どうしてかというと
うちの薔薇たちは、無農薬・有機栽培だから。🌹🌹🌹

農薬など科学薬品を使用すると、波動値が下がるからね。

自分だけでこの体験をするのはもったいない💦
薔薇の円陣内でのカウンセリングもやってみました。
クライエントさんも、後頭部がジンジンするのがわかったそうです。つまり、問題解決に重要な、皮質下(無意識と言い換えて良い)の脳部位が活性化したのだと思います。

結果、この回大きな気づきが生まれました。

薔薇の魔法円でのカウンセリングや瞑想体験にご興味のある方は、ぜひどうぞ。

季節限定(薔薇次第ですが😄)
キャンペーン価格45分 5,000円(税別)
お問い合わせ・お申込みは
forestshaman@docomo.ne.jp
090-3043-3005
カウンセリングルーム・フォレスティエ
森まで






解離とエナクトメント 1日セミナーに参加。
濃密で、あっという間に1日が過ぎて興奮冷めやらず、眠れなくなってしもうた。

「エナクトメント」は、セラピーの文脈で無意識的に、行動や言葉に現れること・表現されてしまうことを言います。

それは、従来、「無意識的、排出・排泄的行動化(acting out、アクティング・アウト)」と呼ばれ、マイナスに捕らえられてきました。

エナクトメントが起きるとクライエントの人だけでなく、セラピストまでもが行き詰まり、袋小路に陥ってしまう、一見ヤバイ・マズイ状態💦
この袋小路状態は、言い方を変えると両者とも解離しちゃってるプロセス。

従来の心理療法では、<失敗>と考えられていた状態です。

ところが間主観学派や関係精神分析では、そこにこそ、癒しや変容、可能性の<智慧>を見抜くのです。

でもエナクトメントを臨床で使えるためには、セラピストが、自分の解離と恥の感覚を経験する能力が必要になります。

自分の恥と解離を経験する〝能力〟ですよ‼︎
それが技法のかたちなわけで😱
まるで〝自分の解離&恥〟というワザの受け身を、とことん練習するような感じ?

いや〜、解離の時代の今、従来の心理療法は役に立たなくなってきているんです。

カウンセリングルーム・フォレスティエの森は、解離やトラウマを専門的に扱います。

カウンセリング形式だけでなく、これらに有効な手段としてのEMDRやブレインスポッティングを駆使して、クライエントさんの苦しみや悩みの早期解決に貢献します。

ホームページを作成中。

 

素人なのでなかなかたいへん(>_<)。

でも自分で管理できるホームページは魅力だし、他人さま任せは性に会わないので。試行錯誤、失敗の連続。一生できないんじゃないかという恐怖と闘いながら(おおげさ!)やってます。

 


発達早期(つまり幼少期)に子どもが、自分の主観的な情動経験を、重要な他者()に伝えたいという欲求が認められないと、子どもの健康な欲求は恥の感覚で満たされる。それは自分が一人の人間として問題があると感じさせてしまうような強烈な恥である。そのため生存そのものに対する脅威となる。子どもはこの脅威から生き残るために、この、恥にまみれた正当でない自分=not meを正当な自分から解離する。それはまさに、かつて生きられなかったその人の一部だ。かつて外傷的な痛みなしでは言えなかったことは考えることができるようにはならない。だから、セラピーの中でクライエントが、この恥(究極的な秘密)について言語化することはできない。言語化できるということは考えることができるということだからだ。しかしそれはセラピーの“場”の中に、言語化以前の形で(まるで亡霊のように)、硬さやひりひりする感じや、つんのめるような感覚としてセラピストにも感染する。それがエナクトメントだ。セラピストが関係療法の視点を持っていればこれを治療に使える。日本では二者心理学(関係精神分析)の視点を持っているセラピストはごくわずかだ。それほどこの理論は世界の最先端なのだ。しかし、プロセスワークの視点を持っていれば、関係精神分析のこの考え方はさほど難しくない。というより馴染みやすいし、ある意味、当然のことに思える。ただしプロセスワークも元々が一者心理学なので、ここまでの知見を想定していない。両者を折衷してさらに統合して考えると、エナクトメントの持つ意味が浮き彫りになってくる。セラピスト-クライエント関係のこのエナクトメント、膠着した、進まない感じにセラピストが気づくときが自然に訪れる。それが契機となるのだ。

どうにかしてエナクトメント(enactment)について書いてみたくて。

エナクトメントは現代精神分析の最先端かつ最も重要な概念のひとつ。

だけど、ふつーの人はもとより、臨床家にとっても最も難しい概念だし。

エナクトメントとは、セラピスト・クライアント双方に「無意識的に行動や言葉(しぐさ・雰囲気・空想・沈黙なども含む)に現れること・表現されてしまうこと」を言います。え、それって行動化(アクティングアウト)じゃん、て? 

でも、アクティングアウトよりもっと微妙な、空気感とか体感覚とかも含むの。

そんで、それは意識できないところで自然に立ち現われてくるのもの。

解離などの難しいクライエントさんには、この関係性を使わないと良くならないんです。

解離によってスパーンと切り離された何かは、関係性の中で、セラピストの体感覚や物想いや映像に何となく感じられると言えば少しはわかるかなあ?

これって、二人心理学、つまりセラピスト-クライエントという関係性があって初めて使えるのだ。

数年来の懸案事項だったブログかいし!


みんな気軽にはじめるのにね。

機械音痴のわたしにとってはバンジージャンプのような気合と勇気がひつよう(>_<)ざんした。


でもこれもタイミング。またはご縁。またはコンステレーションetc.


操作がイマイチ(イマ1000位)わからないけど、

娘にピシピシ教えてもらいつつ、


汗汗しながら、心理臨床のことやシャーマニックな自分の体験をシェアしていきたいと思ってます。