社会運動などの支援や賛同を表す方法として、リボン運動があります。

乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるピンクリボン、

エイズの理解、支援を表すレッドリボンなどが有名ですね。

今月は、世界小児がん啓発月間で、小児がん支援のシンボルはゴールドリボンです。

 

 

 

 

おはようございます。
カラーのチカラであなたを笑顔にする、
イロカララボの菅野かおりです。

 

 

はじめましての方はコチラもご覧ください右矢印菅野かおりプロフィール

 

 

先日の新聞で、小児(15歳未満)がん支援の一つにゴールドリボン運動があること、

そして、今月が世界小児がん啓発月間ということをはじめて知りました。

これに合わせて世界各地の名所が金色にライトアップされたり、これからされるそうです。 

     

 

 

小児がん支援のシンボルはなぜゴールドリボン?

 

ゴールドリボンは、小児がんに対する理解や支援をよびかけるときに使われる世界共通の

シンボルマークです。

どうしてゴールドになったのかは、認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワークのサイトに

子どもは「国の宝」です。

そのような点から考えて、

「子どもたちは私たちにとって、金(きん)のように【最も貴重な宝物】である」

という考えから、ゴールド(金色)リボンがシンボルマークとして使われています。
金(きん)は火にかかるプロセスを経てより強くよりタフになります。

「小児がんの子どもたちが【辛い経験や挑戦を乗り越えて、より強くより幸せになれるように】」という願いも込められている」と言われています。

 

と書かれています。

色に託された想いを知ることで、ますますその色が愛おしく、輝きを増すように感じられます。

色のことに興味がない人でも

「金=宝」

というのはたやすくイメージできます。

カラーセラピーでも、ゴールドは「成功」や「豊かさ」の象徴です。

苦しい闘病を乗り越えた先にある明るい未来を想像させる色。

その色だからこそ伝わること、色の持つメッセージ力の強さも改めて感じました。

 

ゴールド・金色の色の効果について詳しく知りたい方はコチラをどうぞ。

豊かさを与えてくれるゴールド

 

 

福島 カラーセラピー 菅野かおり

 

二人に一人はがんになるといわれている今。

私も両親はじめ、たくさんの身近な人ががんになっています。

大人でも大変なのに、小さな子どもだったら、つらい治療を受ける本人はもちろん、

家族も困難なことが多いでしょう。

この運動が広がり、少しでも小児がんの子どもたちやご家族の支援になればうれしいです。

 

 

 

 

 

 

サイ・カラーセラピーカウンセリングはいつでも受付中!

ピンクハート9月の予約可能日  

 宝石赤26、28日 10:00~18:00  

 宝石赤19、22、29、30日  13:00~18:00

  

お問い合わせ、お申し込みはラインからお気軽にどうぞドキドキ

 

友だち追加

 

QRコード

福島 カラーセラピー 菅野かおり ライン公式                                  メールからのお問い合わせはコチララブラブお問い合わせフォーム

 

 

 

ラブラブ下記の2か所を1日1クリックでランキングの応援よろしくお願いしますラブラブ

 

↓クリックして応援おねがいします↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

↓クリックして応援おねがいします↓ 

 

 

イライラばかりの毎日にサヨナラ!
サイ・カラーセラピー・フォトスタイリングレッスン・フォーチュンアートでもっと私を好きになろう

福島 カラーセラピー イロカララボ
福島県郡山市  出張もいたしますブルーハーツ

Sai-Color Therapy
糸かけ曼荼羅
フォトスタイリングレッスン
フォーチュンアートワーク

お問い合わせ・お申し込みは➡お問い合わせフォーム