昨日見た夢…それは

 

商業施設に遊びに行った私はとても楽しくショッピングをしていました

 

気が付くと知人が横に居ました

 

当時、知人は大病を患っていました

お互い、私生活が忙しくなりいつの間にか疎遠になってしまい

15年ほど前から音信不通となっていました

 

禾音里

「あれ、花子ちゃんじゃない」

 

花子さんは悲しそうな顔でうつむいていました

 

久しぶりに会えて一緒にショッピングに回っていましたが

花子ちゃんは、後ろに居ただけでした

 

暫くして帰宅しようと車に乗ろうとすると花子さんが車の傍まで来ました

 

禾音里

「花子ちゃん、家、すぐそこでしょ?」

 

花子

「引っ越したの、○○市に」

 

禾音里

「そうだったんだ」

 

花子
「家賃が1万円なの」

 

そりゃまたかなり安いな…と思い

 

禾音里
「そうなんだ」

 

花子

「でも、動けないの」

 

それって、送ってくてっれ事かな?

そう思い

 

禾音里

「送っ行く?」

 

そう聞くと花子ちゃんは車に乗っていました

 

花子ちゃんを車に乗せ…

 

禾音里

「家に用があるから、ちょっと寄るね」

 

そう言い、家に着くと

二人で車から降り

 

禾音里

「花子ちゃん、ちょと行ってくる」

 

そう、花子ちゃんに言い

禾音里は家に入って行きました

 

禾音里の家族は誰が居るのかと外を覗きますが…

 

花子ちゃんはうつむきながら外で立っています

 

禾音里は花子さんを送りたくないと思い

家の中から出ようとせずにTVを見ていました

 

 

と、そこで目が覚めました

 

夢を思い出すと…

 

花子ちゃんの顔は黒く…

顔はうなだれた状態

 

そうか…

花子ちゃんは亡くなっている…

そしてお墓が○○市にあると感じました

 

成仏できず未だに亡くなった場所に居るから…「動けない」

だったのです

 

禾音里は危険を感じ花子ちゃんを送らず

家から出なかったのです

 

今回の夢で花子ちゃんの家に行っていたら…

連れていかれてしまいます

 

あなたも昔の知り合いが夢に出てきて

自分の死を伝えに来ても…

 

家に行ってはいけません

 

そこが黄泉の国の入り口かもしれません

 

 

花子ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします

 

 

 

 

クローバーホームページはこちらからクローバー

下矢印

 

 

 

クローバー茨城イベント・恋愛運UP金運UP講座募集中クローバー

下矢印

 

 

 

クローバーTwitterはこちらからクローバー