【フォトギャラリー】K-BOX・ローコスト住宅のポイント満載! | 女建築家★日々勉強

女建築家★日々勉強

kao一級建築士事務所/越野かおるのヒトリゴト。


テーマ:

クリエイターのご主人と、インテリアと建築が大好きな奥様!


初回のお打ち合わせから、


「メキシコ人の建築家、【ルイス・バラガン】の家に憧れているんです❤」と、かなりハードルを上げられてしまいました\(◎o◎)/!


お若いご夫婦ですが、将来設計もしっかりされていて、


「建物を、1500万円以内で建てられませんか?」というリクエストが★金額をデフォルメしていますが、1000万円台前半ということで(^^ゞ


kaoの「出来る or 出来ない」の回答次第で、理想のマイホームが実現できるか否かの瀬戸際でした・・・


「夢を叶えてあげたいっ!!!」という一心でお受けした、かなりストイックな「ローコスト住宅」の計画!


kaoにとってもチャレンジでした(^-^)


今回は、作品の紹介と共に【ローコスト住宅のポイント】もご一緒に解説させて頂きますね!




外観

1


【ローコスト住宅のポイント①】 外観は、シンプルに!


凸凹のある建物は、外壁の材料も多く使用するので、建物の形はスッキリとコンパクトに★1階と2階の形状が同じ「総二階」が一番ローコストです(^-^) コーナー処理の手間も最小限で済みますしw


ですが、コンパクトでシンプルな建物の形は、クライアントさんのお好みにも合致して、一石二鳥でした!


【ローコスト住宅のポイント②】 窓サッシは、量産されている規格品を!


アルミの窓サッシは、カタログに載っているサイズの他に建物に合わせてオーダーすることも可能な商品です★でも、金額はカタログに掲載されている規格品サイズだとお安く入手できます!


窓の仕様も、ポピュラーな「引違いサッシ」をメインにして、コストを抑えています(^-^)




玄関ホール

2


【ローコスト住宅のポイント③】 建物面積を小さく!


写真は、玄関+玄関ホールですが、階段・通路を兼ねています★このように、ひとつのスペースでも「用途を兼用」することで、建物の面積を小さくすることが可能です。


建築のコストは【材料+人件費・手間代+経費】で出来ています(゜-゜)


ですから、建築面積を小さく抑えられれば、自ずとコストも下がるのです!


移動にしか使わない廊下や階段は、勿体無い★様々な用途を付加して、小さいながらも広々と感じられるような工夫をしています♪




階段スペース+書斎

3


先程の玄関を入って左手の階段を見上げると・・・


階段の踊り場を利用した「書斎スペース」があります★こちらも「用途兼用」ですね(^-^)


特に階段は、様々な用途と兼用することが出来るので、上下階を結ぶ装置だけでは勿体無いです!!!


今回は、吹き抜けのように家全体に光を落とし、気持ちよ良い高い天井で、家族が集まるスタディ・スペースとしました★階段の「途中」なのは、階段にも座って家族みんなが談笑できるような・・・そんな妄想から設計しました♪


左の壁面収納もご要望に合わせて、kaoがデザインしました(^-^) もちろん、ご要望が素晴らしかったのでクライアントさんとの合作ですね❤




お引越し後の書斎

4


【ローコスト住宅のポイント④】 造り付け収納はOPEN棚が安い!


いくらコストを抑えたいからと言って、収納を造らないで後から買い足すと・・・凸凹感があってスッキリとした印象にならないですよね?★ですので、必ず収納が必要という場所には、建築計画時から造り付け収納をお願いした方がベストです!


こういった、扉を設置しないOPENな棚の収納であれば、大工サンが安価で造ってくれることが多いですよ(^-^)


実は、このK-BOXの収納棚の寸法は、無印良品のユニット収納の引出などがピッタリ入る大きさに設計しているので、小物の収納もスッキリ仕舞えるように考えられています!



リビングから見た書斎スペース+階段

5



東に面している「朝日が降り注ぐ窓」と、「絵になる収納」が見えます(^-^)


同一の空間も良いですが、写真のように見える部分を「絞る」のも面白いですよね♪




約20畳のLDK

6


【ローコスト住宅のポイント⑤】 仕上げ塗装はDIY!


壁と天井のべニアには、更にウレタン塗装が必要でしたが・・・コストを抑えるために、クライアントさん自ら塗装して頂きました\(◎o◎)/!


やってみた感想は、「やっぱりたいへんだったけど、思い出になりました!」とのこと★お家に対する思い入れも深くなるので、皆さんも、是非、DIYで家づくりに参加されてはいかがでしょうか?


リビングは、勾配天井になっていて、DIYの作業は思いの外たいへんだったと思いますが・・・この勾配天井で床面積よりも広々と感じる、開放的な空間となっています!




お引越し後の家具が入ったリビング

7


【ローコスト住宅のポイント⑥】 ベランダを設置しない!

写真のインテリアとは別のお話しですが・・・


高台にある敷地なので、1階でも景観も良く日当たりも良いことから、あえて2階にはベランダを設けませんでした★クライアントさんが、2階のベランダの使用頻度を検証くてくださり、「いらないね・・・」という結果に。

2階の窓からダイレクトに景色を楽しめるようになり、コストも抑えられたという、良いこと尽くしになりました(^-^)


キッチン

8


【ローコスト住宅のポイント⑦】 業務用キッチンでコストを抑える!


シンプルな構造の業務用キッチンは、収納などの細工が無いため安価です★ですが、ステンレスの質感がお好みの方にはタマラナイ・・・業務用キッチン愛好家の方はじわじわと増えています(^-^)


心配される「キッチン収納」ですが、こちらのクライアントさんは、ストイックに「余計な物を置かない」、「物を増やさない」と頑張っておられました!


詳細は、キッチンの特集でクローズアップしたいと思います♪


サニタリールーム

9


【ローコスト住宅のポイント⑧】 間仕切りなどを無くせ!


「建築コスト=材料費+人件費・手間代+経費」ですから、間仕切りなどの「材料」をカットすれば、自ずとコストは下がります(^-^)


トイレ、洗面、浴室をまとめてサニタリールームとして1室にまとめることにより、個々で間仕切るよりも広々とした空間となりました★浴室からの水が洗面コーナーへいかないように、20cm程の段差で処理しています!


お引越し後は、お洒落なシャワーカーテンが設置されていましたよ(^^♪ 空間がシンプルなので、カーテンの柄などでアクセントを付けて遊んで頂いているようです❤


1階のフロア(寝室などプライベートエリア)

0


【ローコスト住宅のポイント⑨】 部屋は必要な時に間仕切れるようにする!


1階のワンフロアは、プライベートエリアとして計画されていますが、これから増えていく家族、ライフスタイルの変化に合わせてフレキシブルに対応できるように、あえて個室を作っていません!


ですが、想定される間仕切りラインの天井には、カーテンレールの設置や建具の新設に対応できるよう、木下地を入れました★ お子さんが小さいうちは、広々と駆け回れるようなお家の方が楽しいですよね(^-^)


1階のフロアには、イエローやパープル、淡いペパーミントグリーンの壁❤


ルイス・バラガンのテイストを(*^^)v





━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

基本スペック


■建築地 : 神奈川県横浜市

■構造 : 在来木造(2階建て)
■敷地 : 約34坪
■建築面積 : 44.72㎡(13.55坪)

■延べ面積 : 82.28㎡(24.93坪)

■間取り:1LDK(1部屋が3部屋になる予定です)+床下収納3畳

kaoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス