♦本日ご紹介するのはご予約にてオーダー頂きました画像の2019年モデルの『BASSO VIPER 105 KSYRIUM 仕様』です。

 

BASSO VIPERはベストセラーともいえるモデルで自分が知る限り5700系105の頃からすでにラインナップにありました。

 

グラフィックが多少異なれど基本レイノルズ520クロモリチューブ製フレームにカーボンフォーク、コンポは105かSORAの構成…

 

と、長らくこの感じだったのですが2019年モデルから105バージョンはSORAとの明確な差別化が図られることとなりました。

 

 

 

♦はい完成。

 

まずは見ての通りカラーリングがこれまでのダウンチューブに白抜きにロゴというお馴染みのカラーパターンではなくなりました。

 

メインカラーにロゴやネームの差し色のみというシンプルなカラーパターンに。

 

105仕様のみこのPETROLEUM(石油)とダークブルーの2色展開。

 

昨年モデルでも105にあってSORAにはないカラーもありましたが共通カラーもありました。しかし2019年からは完全に専用色。

 

はいここで唐突に当店HP➡https://ekanzaki.com/products/detail.php?product_id=1210

 

 

 

♦白ベタ、黒ベタ、赤ベタのSORA仕様と違い105仕様のカラーは2種とも独特のメタリックかつ光沢のあるカラーリング。

 

特にこのPETROLEUMカラーの色味は個人的にドストライクの色味です。

 

展示会に行ったスタッフはダークブルーもメタリックな感じでなかなか綺麗だったとのことです。

 

ダークブルーの色味も見てみたいのでどなたかご注文頂けませんかね?先着1名様につき通常販売価格より更にお安くしまっせ。

 

 

 

 

♦パッと見、昨年までの105仕様を知っていると先ずはカラーに目が行くとは思いますが形状にも変化がございます。

 

カーボン製フロントフォークが昨年モデルまでのベンド形状のフォークからストレートタイプのカーボンフォークになっています。

 

振動吸収性や見た目のクラシックさではベンド形状の方ですがキビキビとした走りや見た目のスマートさではこちらですかね。

 

 

 

♦カラーとフォークの形状が異なるだけで随分と印象が変わります。

 

クラウン後部がフィンのようなデザインになっているのが特徴です。

 

 


♦コンポは105仕様の2019年モデルとなるとR7000系105が当たり前ですね。

 

昨年モデルまでの5800系105から現行のデュラやアルテと同じ形状のディレイラーやブレーキのものにスペックアップ。

 

当然VIPERシリーズは105仕様もSORA仕様も混じり気なしのフルセットで統一されています。

 

クランクは50-34Tのコンパクトでクランク長170㎜、リアスプロケットは11-28TのBASSOに限らず完成車の定番的な構成です。

 


♦そしてSORA仕様にはない2019年モデルからの違いとして『105仕様はホイールが異なる2種から選択可能』です。

 

『通常版ともいえるシマノWH-RS100を採用した仕様』と『MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH』を採用した特別版の2種類です。

 

KSYRIUM PRO EXALITHは前後ペアで重量1,475g。セット価格は税抜き定価¥160,000と非常にハイスペックなホイールです。

 

価格、重量ともにシマノのデュラエースグレードの24㎜ハイトのものとほぼほぼ同等の価格・スペックです。

 

KSYRIUM系のホイールは見た目の情報量が多いデザインでいい意味でウルサイ感じでいいですね。

 

 

 

♦フロントホイールのハブシェルはカーボンになってます。

 

 

 

♦フロント、リアともに1本の黄色いスポークとニップルが黒褐色のリムと良いコントラストです。

 

写真では分かりにくいですが黒褐色と表現したように実際のリムはマットブラックとは言い切れない何か独特の色味です。

 

 

 

♦ホイールの性能を活かすためにタイヤもMAVIC社の専用品となります。

 

同じタイヤに見えますが後輪用、前輪用と前後で実は異なるタイヤが採用されています。

 

リアがパワーリンクでフロントがグリップリンク。

 

 

♦リムサイドが細かい凸凹があるような加工が施されているのでブレーキシューもMAVICの専用品が最初からアセンブル。

 

 

 

♦…と殆どホイールについて語っていましたがこのMAVICのホイールが付属する特別版は値は張りますがその価値ありです。

 

通常版のシマノRS100でも問題ありませんがレースであったりロングライドなどではより良いホイールが欲しいところ。

 

MAVIC EXALITHですとホイールに関しては文句なし。すぐにレースでもロングライドでもどうぞ…という感じです。

 

クロモリフレームの車体ということを考えればVIPER 105はロングライド向きですかね。

 

SORA仕様のモデルはカラーやフォークデザインは昨年モデルを踏襲していますが105仕様はデザインとスペックが大きく向上。

 

 

 

既に本日ご紹介したPETROLEUMカラーの通常版は450サイズと560サイズ以外は入荷第一陣が完売で次回入荷が1月。

 

ダークブルーの通常版は450サイズが完売。で来年1月入荷予定。その他のサイズは在庫ございますが在庫僅少です。

 

MAVIC EXALITHを採用している105の特別版ともいえる方は両カラーとも納期はお問い合わせくださいませ。

 

通常カラーの105のダークブルーをご注文お方は上記のように先着1名様に限り通常販売価格よりお安くいたしますぜ。

 

というわけでBASSO VIPER 105 MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH仕様でした。

 

宜しくお願い致します。

 

余談なんですがEXALITH(エグザリス)かと思ったらEXALITH(エグザリット)なんですね読み方…

 

 

 

--------------------------------
サイクルショップカンザキ菅原本店
♦電話:06-6328-3935
♦FAX:06-6323-3422
♦MAIL:ekanzaki8146@gmail.com

♦URL:ekanzaki.com
♦Twitter:@honten_kanzaki
♦営業時間:10:00~19:30

♦定休日:毎週水曜日
--------------------------------