相談が大事!

テーマ:

まいど~ っじゃなかった。こっちのブログでは初めましてですね。

少し自己紹介させて頂きます。ちょくちょく上新庄店でブログ書いてます、スタッフのアカネと申します!レース出るのも、ロング行くのも好きです。ユルユルからある程度ガッツリのライドまで何でも行きますよ~

以後、お見知りおきを~

 

さて、自己紹介はこんぐらいにして、今日のお仕事。

 

こちらのバイクは上新庄から来てくれたお客さん、どこからか分からないけどパキパキと音がするとのことなのでお預かり。

 

 

今日は一日雨ですが、止んでるタイミングを見計らい乗ってみます。

実際に乗らせて頂き、どこから音がしているのか探ります。

 

試走の結果、BBが怪しいですがリアのドライブ系の可能性も捨てきれないので両方見ます。

 

リアの方が比較的簡単に見れるのでリアから。

 

まずはリアディレーラーの緩みがないか確認

 

 

続いて、リアディレーラーハンガーもチェック。

 

この後、ハブやクイックなんかも確認しましたが特に異常は見られず。

やっぱりBBか…

 

 

っということでクランクを外してBBの状態を確認します。

 

 

おぉ。なかなかに汚れとりますね!レースされるお客さんなんで仕方ない!レーサーにしっかり安心して走ってもらうのが我々メカニックの仕事です。

 

BBを手で回してみると若干のコリコリ感がある気がする…お前が犯人か…?

 

とりあえず汚れを取り、カバーを外します。

 

 

ベアリングのシールも取って、ベアリングさんコンニチハ。

 

この中に細かい砂粒とかが入っちゃった可能性があるので綺麗に洗浄、その後注油します。

 

カバーを元通りにして、クランクを取り付けて…

とりあえず完成。

 

雨が止むのを待って試走。

 

 

大してパワーのないアカネの脚ではありますが、もがいても異音がしないので大丈夫でしょう!

 

 

そんで、次はシートポストに関しての相談を受けていました。

カレラSLのシートポスト径は31.6mmですが、「テキトーに着けたシートポストが殺人的に重い!」っということで、交換したいところでしたが軽いシートポストって高いです。

そこで、お客さんが先輩から譲って貰って余らせていた27.2mmのシートポストをシムを使って入れることにしました。

メーカーはケーンクリーク。高級ヘッドパーツでお馴染みのメーカー。ほぼほぼ どんな径にも対応できるぐらい数多くの種類のシムをリリースしています。

 

あらかじめサドル高、角度、座り位置をメモしてからシートポストを抜き

 

 

シムを入れます。

 

 

あとは27.2のシートポストをインストールして完成!

 

 

っとまぁ、こんな感じで日々のバイクの調子や、パーツの相談まで当店にお任せくださいませ~

以上、アカネでした~ またお会いしましょう~