♦本日はこちらの箱の中の車体を組みたて。

 

corratec(コラテック)FOCUS(フォーカス)と書いてあるのでどっちだよって話ですが…

 

フレームやパーツ類を一度日本で7部組みに仕上げるので箱が共通なんですね。

 

 

 

♦本日組み立てるのはこちらのコラテック社の『DOLOMIT(ドロミテ) SL 105』です。

 

ホームページはこちら➡https://ekanzaki.com/products/detail.php?product_id=591

 

 

 

♦組みあがりました。

 

昨年モデルからデザインが一新され弓なりのトップチューブが特徴的。

 

カーボンフォークが大ぶりなのはコラテック社のモデルの特徴の一つですね。

 

 

 

♦構成は7005トリプルバテッドアルミを用いたフレームとカーボンフォークに105の組み合わせ

 

 

 

♦フォークはかなり大ぶりなカーボン製フォークを採用。

 

シクロクロスモデルでは大き目のモデルはありますがロードでここまで大きいのはなかなか

 

振動吸収性に優れるだけでなくコントロール性の向上も意識したデザインです。

 

ホイールは11速モデルでおなじみのシマノのRS010完組み。

 

 

 

♦コラムももちろんカーボン製。

 

専用のアンカーが付属します。

 

シールドベアリングや玉押しがキャンディレッドなのも見えないとこですがカッコイイ。

 

 

 

♦コンポーネントはフルセットで105がアセンブル。

 

フロントディレイラーはもちろん新型のFD-5801を採用。

 

 

 

♦ボトムブラケットは従来通りのBSA式。

 

 

 

♦ケーブルルーティングはシフトがフレームの外通し。

 

リアブレーキがトップチューブの中をケーブルごと貫通する中通し式。

 

 

 

♦サドルはサンマルコ社の穴あきサドルをeraを採用しています。

 

シートポストはzzyzx社のポスト…久しぶりに見た。

 

 

 

♦ハンドルとステムはITM社のものを採用。

 

ステムは特段軽いというわけではないですがハンドルはけっこう軽量でした。

 

地味ですが軽いハンドルが付属しているのはありがたい要素。

 

この価格帯のモデルだとハンドルはだいたい『まあ…普通…』といったものが通例ですし。

 

バーテープですがブルーとレッドカラーのみフレームカラーに即したものが付属します。

 

他の3カラーは画像で見る限りブラックのようです。

 

 

 

♦トップチューブにはおなじみのライオンのマークが。

 

この車体マットブラック/ブルーのカラーリングなので水色で描かれています。

 

 

 

♦というわけでコラテックのDOLOMITI SLのご紹介でした。

 

税抜き定価¥164,000でこの仕様はとてもお買い得。

 

エントリーモデルとしてもステップアップモデルとしても文句ない性能かと思います。

 

当店販売価格、在庫などはホームページなどからお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

--------------------------------
サイクルショップカンザキ菅原本店
♦電話:06-6328-3935
♦FAX:06-6323-3422
♦MAIL:ekanzaki8146@gmail.com

♦URL:ekanzaki.com
♦Twitter:honten_kanzaki
♦営業時間:10:00~19:30

♦定休日:毎週水曜日
--------------------------------