クロスバイク組み換え

テーマ:

♦コンポ組み換えのご依頼を受けましたので例によってご紹介。

 

今回のモデルはGIANT社のESCAPE。かなり乗り込まれている年季の入ったモデル。

 

買い替えも購入されたとのことですが愛着もあるのでコンポ組み換えとのこと。

 

 

 

♦組み換えに使用するのは現行のClarisやALIVIO。

 

クランクはこれで進行してほしいということで。

 

ステムも交換ですね。

 

 

 

♦まずはバラしていくのですがシフトケーブルのインナーワイヤーが錆びてます。

 

こうなるとシフティングのレバー操作が重くなりますし抵抗感が生まれシフト精度も狂います。

 

シフトやブレーキケーブルはインナーワイヤーと共に定期的に交換してしまいましょう。

 

 

 

♦スプロケットも乗り込まれてトップ側が摩耗しまくって歯が尖るくらいに削れています。

 

 

 

♦とりあえず全部ばらして吊るします。

 

 

 

♦そしてヘッド周りを見ます。

 

よく乗り込まれたアルミモデルはごく稀に金属疲労で主にヘッドチューブにヒビがあることも。

 

将来的にヒビが拡大する可能性があるのでその場合は残念ながら終了です。

 

もちろんヘッド以外の溶接部分も一通りチェックしています。

 

 

 

♦一通り点検がてらフレーム表面の汚れを拭き取ってから組み換え作業に。

 

ディレイラーハンガーのネジはかなり緩んでいました。

 

ネジ穴は潰れていなかったのが幸いでしっかり固定できました。

 

 

 

♦ヘッドやボトムブラケット部分などをクリーニングしてグリスアップしてBBなどを組付け。

 

 

 

♦ヘッドパーツも開けてみるとリテーナーかと思ったらシールドベアリングでした。

 

さすがに少しくたびれていましたがガタなどはなくクリーニングしてグリスアップ。

 

 

 

♦ホイールの振れチェックなどが終わればハンガーの精度を確認。

 

 

 

♦新しいフロントディレイラーや…

 

 

 

♦リアディレイラーなどを取り付け。

 

 

 

♦ハンドル周りも新しい一体型レバーをセットしエンドバーを持ち込まれた状態に再現。

 

 

 

♦ケーブルも採寸してセットしディレイラーに接続して変則調整。

 

 

 

♦例によってボトムブラケット裏のワイヤーのガイド部分にはケーシングを仕込んでます。

 

 

 

♦フレームとケーブルの接触部にはプロテクターを宛てがいます。

 

 

 

♦これにて完成。

 

お引き取り時にフロントディレイラーのトリム機能についてのご説明をさせていただき

 

実際に乗って確認していただき手直しを加えてお引渡し致しました。

 

ご満足いただけたようでこちらとしてもうれしい限りでした。

 

定期的なメンテナンスでのご来店お待ちしております。

 

また、本来はもう少し早めに終わっていなければならなかったのですが…

 

週半ばまで体調不良でひっくり返っており納期ギリギリになりましたことお詫び申し上げます。

 

 

 

--------------------------------
サイクルショップカンザキ菅原本店
♦電話:06-6328-3935
♦FAX:06-6323-3422
♦MAIL:ekanzaki8146@gmail.com

♦URL:ekanzaki.com
♦Twitter:honten_kanzaki
♦営業時間:10:00~19:30

♦定休日:毎週水曜日
--------------------------------

 

 

 

【次回のメンテナンス系のネタ】

♦メンテナンス系のネタ次回はお受けしているこのBianchiのオーバーホールをお届け予定。