オリジナリティは〇〇によって作られる | 愛される会話術コンサルタント

愛される会話術コンサルタント

口下手さんだから、人見知りだから、経験ないから大丈夫です!
お客様に愛される会話術で、お金と愛を引き寄せる!


テーマ:
今日は「オリジナリティ」
についてお伝えします
 
 
 
あなたは自分の事
変わっているって
思いますか?
 
 
 
昔は変わってるって言われたら
ショック受ける人が
多かった気がします
 
 
 
自分が変わってるなんて
言いたくなかったし
他人から思われたくなかった
 
 
 
でも今は「私って変わってるんです」
「私って変人なんです」って
言う人にたまに出会います
 
 
 
今は「個性的だ」という事が
評価される時代なのだろうか
 
 
 
でもみんな変人とかじゃなくて
みんな普通に同じところもあり
みんな普通に違うとこもあります
 
 
変わってなくても
それぞれ個性はありますよね
 
 
 
例えば自分の個性って
何なんだろうとか
 
 
 
自分が商品やサービスを
創ったりする場合に
 
 
 
オリジナルなものを
世に出したいって時に
どこからはじめればいいのか?
 
 
 
考えたことありますか?
 
 
最近って100%
オリジナルって難しくて
 
 
 
何かと何かを組み合わせたもの
それがオリジナリティになるよって
言われたりしますよね
 
 
 
でもざっくりしすぎてて
それをなかなか見つけられないとか
決められないって事が多い
 
 
 

あなたのオリジナリティを見つける方法

 

見つけ方の第一歩って
「違和感に気づく事」です
 
 
 
何かを見たり
何かを読んだり
何かを学んだりした時に
 
 
 
違和感を
感じる事が出来るか?
がすごく大事
 
 
 
感じる事が出来るか
と書いたけど
 
 
 
「なかった事にしない」
が適切な表現かも
 
 
 
自分がすごい!と思ってる人
そんな人の言葉とか
ベストセラーの本を読んだり
 
 
 
学校で学んだり
尊敬する人に言われたとしても
誰かと一緒に居たときでも
 
 
 
自分がそこに感じた
「ん?なんか違う!」
「しっくりこない!」
 
 
 
そんな違和感をないものにしない
というのがすごく大事
 
 
そもそも学問であっても
日々どんどん
アップデートされます
 
 
 
一昔前に常識だった事が
すでに”今の非常識”になってる事
たくさんありますよね
 
 
 
だから自分の考えや感覚と
違うものは
握りしめておく必要はない
 
 
 
私も一般的な「営業」という
スタイルに違和感を感じ
 
 
 
「え?それやらないとダメなん?」
という疑問がいろいろとわいて
 
 
 
「いわゆる営業トーク
じゃなくても売れるには?」
と考えて創ったものです
 
 
 
だからあなたが
「ん??それホント?」
「なんか違うなー」
「なんか気持わるい」
 
 
 
その感覚を見逃さないこと
なかった事にしないこと
 
 
 
いくら世の中の常識であっても
自分の中の”ちょっとした違和感”
を大事にするようにしよう
 
 
 
それが
あなたの”個性”であり
才能なのですから!

 

 

お悩み・レッスン相談
コチラ

問い合わせ

愛される会話術コンサルタント 

神崎稚子

広島:愛される会話術コンサルタントさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス