心霊体験 マジなやつ 後編 | SHIMOMURA

心霊体験 マジなやつ 後編

200メートル先のソロキャンパーの存在を確認した後、更に僕は恐怖に怯えた、テントの中でマリオを抱きしめながらただただ明るくなるのを待つ。

そして深夜2時を回ったころ事件はおきた。


シーンと静まり返る中、物凄い音がテント入り口のすぐそこから鳴り響く。


ゴロゴロー


ゴロー


ガンガン!


何が起きたのか?頭が真っ白になった。

音の感じから予測すると、大きな石が小川に向かって転がり落ちる音


誰かが故意に落とさなければ絶対に転がるわけがない大きな石、でも一体誰か?誰がそこにいるのか?人の声は全く聞こえない、聞こえるのは石が転がる音だけ。


僕は頭がパニックになりながら冷静さを保ち目を閉じてじっとしていた。


そしてある決心をした。

時刻は3時になろうとしていた。

僕はテントの外暗闇にでた。

辺りは静まりかえっている


暗闇の中テントだけを残しテーブルなど全て車に放り込んだ、テントはペグの位置が見えないので少し明るくなってから撤収しようと思い、少しマリオと一緒に車で待機した。


4時になり少し明るくなってきたのでテントの撤収を始めようと思い車から出た。

明るくなったことに本気でホッとした。


そしてあることに気がついた?

あれ?ゴトクは?

焚き火の台に使用したこの鉄のゴトクがない。

辺りを見回したが見当たらない。

そして崖の下を見ると…

何故かゴトクが転がり落ちていた…

やはりあの音、この世のものではない何かが…
僕の恐怖心が甦り急いでテントの撤収を始めた時、更なる事実が

何故かテントのペグが3本だけ綺麗に抜けていたのだ。


マリオは誰に向かって吠えていたのか?
暗闇の中この世のものではない何かがいたのであろうか?
その何かはペグを抜き

早くここから出ていけ〜
二度とくるなぁ〜

とでも言いたかったのであろうか?

その後4時半急いでこのキャンプ場を後にした。

この写真、何か気がつきませんか?
真ん中辺にある光る物

何かわからない。
ズームにして見てみました。

すると…


あーマジで怖かった(^◇^;)

本日も宜しくお願いします。^_^