リプログしている記事から1年経って感じたことです。

 

相手から投影されてたことを受け入れてましたが受け入れるのをやめて気づいたことがありましたニヤリ

 

自分は小さい頃から自分のせいにされることが多かったのですが、これは自分が人のせいにしてるからかなと思っていたのです。

 

でも、自分が人のせいにしなくなっても、自分のせいにされることがあるのでオカシイな〜と感じていました。

 

それで気づいたのが自分は、ただ言われやすいだけだったということ、何も言い返してこないとか、いい人そうで優しそうだとか、何を言っても許して受け入れてくれそうとか、何も分かっていないとか、弱そうに思われるみたいですガーン

 

相手が勝手に投影してきて思い込んでいるので、こちらが何か分かったような話をすると上から目線で気にいらないとか、そう言ってるけど本当は分かってないよねとか言って認めることはしないので、何が気にいらないのかな〜と考えていましたニコニコ

 

理由は、①〜⑤で考えてみました。

 

①甘えていて自分と同じでいてほしくて思い通りにしたいから。

 

②自分より格下に思っているので生意気言うなと思い、気にいらないから文句を言ってるだけ。

 

③自分の中での天秤が働いて、こんな弱そうでバカな人が自分より分かっているはずがないと自分が負けている感じがして、それが嫌で強がりを言って誤魔化そうとしてる。

 

④本当は自分の事が分かっていて、こちらを認めてしまったら自分の価値観が全部崩れてしまうから。

 

⑤こちらが言ってる事を本当は認めているが、自分がこちらの言ってる事を感じれないのが悔しくて、強がってるだけ。

 

これ全部、自分の思い通りにしたいだけなんです。

 

相手には、有無を言わさず、その通りだと言わせたいだけです。

 

それと矛盾していて嫌われたくない思いが隠れています。

 

だいたい駆け引きを出してきますが、矛盾してる言葉を使ってくるので、バレバレですね口笛

 

自分の事を認めてないと、相手を認める事ができずに、思い通りにしたいが出てきますてへぺろ

 

本人も本当は気づいてると考えてますグラサン

 

ただ、認めたくないだけ、その状態にいたいだけだと思ってます口笛

 

上記の①〜⑤を相手に投影してると考えてみると分かりやすいかなと思います。

 

では、どう投影しているかを書いてみます。

 

①こんな自分ではダメだ、ダメな自分と同じ人を繋ぎ止めておきたい。ストレスの発散にしたい。

 

②本当は自分の事を格下だと思っている、そんな格下な自分より格下である人にしておきたい思いがある。

 

③自分の事を弱くてバカだと思っている事がバレるのが怖いので強がりを言って誤魔化しておこうとしている。

 

④自分の気持ちに嘘をついてきた事がバレると怖いし今までの自分と思ってきた価値観を捨てないといけないから。

 

⑤自分を嫌ってるので素直な気持ちを表現出来ないし、自分もその感覚が分かりたいのに分からない、もどかしさがあり、自分に対して悔しいから。

 

投影してる事を書いてみましたが、全部、自分に感じてることを相手に投影して見てるだけなのです。

 

この投影をされている事に気付かない時は、自分ってバカで悪い人なのかなとか、言うこと聞いたほうがいいのかなと自分を大事にせず、相手に従ってました。

よく考えてみると、言葉の暴力で相手が自分をコントロールしようとしてるんだなと分かりましたガーン

 

投影するのをやめて、投影されるのも分かって話を聞くと、投影してくる人は投影してくる人自身の事を、こちらに向かって言ってるのがハッキリ分かるようになりました爆  笑

 

メールのやり取りだったら、その書いてる内容を振り返って見ると矛盾があったり、そういう意味合いで書いてないにも関わらず、自分のことだと思ってしまったりと、やっぱり自覚症状があるんだなと思います。

自覚症状ありで、気づいているなら、あとは、本人次第で続けるか、やめるかは選択出来るので意志決定して行動すると早いだろうなと感じてますニヤリ

 

投影していることを自覚できれば、自分を嫌ってる事などが感じれてくると思いますし、まずは、素直な気持ち認めてみると投影をしなくなるし、投影する事が変わってくるんじゃないかなと思います。

 

投影しなくなるには、今の自分にダメや足りないがなく、今の自分を認めて受け入れてること(自分の事が好きな状態)てへぺろ

 

自分の事が好きな状態の人は投影をしないから、あ〜したいとか、こうしたいがない、そして、相手を思い通りにしたいがないので相手を言葉で束縛しないし、文句を言うこともなく、言っていることが確認だけになる。

 

ただ、相手が投影してくる人(自分の事を嫌いな状態の人)であれば、投影しない人の言ってることが確認ではなく、束縛したいとか、思い通りにしたいとか、って感じてしまうので、話が噛み合わずに訳が分からなくなってしまいますびっくり

 

この原因は、自分の事を嫌いな状態の人は思考や感情を使っているので辛かったね、悲しかったね、嬉しかったね、楽しかったね、感動したねという意味合いで言葉を捉えていますが、自分の事が好きな状態の人は思考や感情を使ってないので、何が悲しいのか、辛かったのか、楽しかったのか、感動したのか分からないです。

 

自分の事が好きな状態の人は、天秤に乗ってないし、自分が体験してきたことは自分が選んできたと自覚しているので、悲しいもないし、嬉しいもないし、楽しいもないし、感動したねも出てこない、自分が出来る事をやってるだけだと感じてるからです。

その人が出来てる事が特別なことではないと思ってるし、自分で選んでるんだから一喜一憂はしないです。

 

こういった感覚の違いとして出てくるので分かりやすいですが、自分の事を嫌いな状態の人は自分の事が好きな状態の人の事が見抜くことが出来ません。逆は見抜くことが出来ますグラサン

 

自分の事を好きな状態の人は、自分に嘘がなく、気持ちに素直なので、嘘をついていたり素直な気持ちを言っていない事は感じれます。

この事が嫌で自分の事を嫌いな状態の人は、更に思い通りにしたいと躍起になりますが、バレバレなのが分かってないので困惑すると思います。

この違いを理解して、どちらを選択するも自分次第なので、意志決定と行動が大事だなと感じていますラブ

 

自分が感じたことでした、当たってるか、どうかは分かりませんので、自己責任で読んでいただければと思いますてへぺろ