梅花 | かんしょうじのブログ

かんしょうじのブログ

お寺での、日々の生活について綴っていきます


テーマ:

観昌寺は、曹洞宗愛知の25教区に属しています。

 

 

教区の行事のひとつ、

 

「梅花流特派巡回布教」が、観昌寺の本堂で行われました。

 

 

梅花とは・・・

 

お釈迦様、祖師方を誉め称える、曹洞宗の歌、だそうです。

 

小さな”鈴”を左手に持ち、鉦を右手に、

 

みなで唱える、やわらなか響きの歌です。

 

 

西洋音階に、慣れ親しんでしまった私には、

 

棒で示される、記号のような楽譜、

 

歌い出しの方(詠題さん)が、発する音の高低で、

 

その歌全体の、高さが決まってしまう・・というルールなど、

  

不思議がいっぱい。

 

 


今日は、大分県の常楽寺住職、有徳郁城師をお迎えして、

 

午前と午後の2部構成による、講義でした。

  

 

みなさま、お疲れ様でした。



かんしょうじのブログ
 


かんしょうじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス