ガーデンオーナメント工房  …-小豆島1


瀬戸内海の小豆島で採れる安山岩。

どんな石か知らなかったので、小豆島の友人にお願いして

見本の石を送ってもらいました。


ガーデンオーナメント工房  …-小豆島2


この割れ肌から見て、かなり強者なのは間違いないですね。

今日は、道具を当てて、石質を見てみました。


ガーデンオーナメント工房  …-小豆島3


ノミを当ててみると、やはり、硬い!

そして、差し込みが入る!

差し込みとは、ノミを当てた時、表面だけでなく、石の中にまで差しキズが入るということです。


ガーデンオーナメント工房  …-小豆島4


次に、エアーハンマーの平ノミで当ててみました。

これも差し込みが入ります。


ガーデンオーナメント工房  …-小豆島5


そして、ノミで細かく形を作る加工を試みる。


ガーデンオーナメント工房  …-小豆島6


埃を払ったら、こんな感じです。


石の色は黒っぽく、ノミの跡は当然白くなりますので、

形よりも、そちらの方がが目立ってしまう。


ノミの当っていない黒い石の部分は硬い感じがするので、

ムシリ仕上げには向いていません。


ムシリ仕上げとは、ノミで細かく石をむしり取っていく仕上げのことです。


ガーデンオーナメント工房  …-小豆島7


次は、光の当っている外に置き、部分的に先ノミと平ノミで細かい加工を試みる。



素朴な仕上げには向いていませんが、

細かい仕事なら使えるかもしれません。