つまらぬことを、あれこれ思う日々ですワ

この年になって、まだまだ好奇心を抑えられなくて、毎日いろいろ思うのでござんす。


テーマ:

啼かぬなら 殺してしまえホトトギス     織田信長


啼かぬなら 啼かせてみようホトトギス    豊臣秀吉


啼かぬなら 啼くまで待とうホトトギス    徳川家康


       戦国時代にこの三人に仕えた一豊



しかし

昭和の時代に松下幸之助


    啼かぬなら それもまたよしホトトギス


なんと暖かい大きい懐です


この言葉を思い出すたび

ほっとしてまた前に進めるような気がします

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

もう随分前にトトロ猫バスも見えなくなりました


先週

ハウルの動く城を見ながら

今の子供たちは

こんな複雑な話を楽しんでいるんだろうか?

とそんな疑問が頭をかすめました


わたしは

夏休みに見た

安寿と厨子王ディズニーのことが

今でも体のどこかに残っています


そして今週

となりのトトロを見始めたら

じっと見入ってしまいました


=======================


そして

また桜井和寿の声を聴き

その詩と小林武史のメロディーに

すっかり入り込んでしまいました



  to U


池の水が鏡みたいに 空の蒼の色を真似てる

公園に住む水鳥が それに命を与える


光と影と表と裏 矛盾もなく寄り添ってるよ

私達がこんな風であれたら・・・


愛  愛

本当の意味は分からないけど


誰かを通して 何かを通して

思いは繋がっていくのでしょう


遠くにいるあなたに 今言えるのはそれだけ


悲しい昨日が 涙の向こうで

いつか微笑みに変わったら


人を好きにもっと好きに なれるから

頑張らなくてもいいよ


瓦礫の街のきれいな花 健気に咲くその一輪を

「枯らす事なく育てていける」と 誰が言い切れる?


それでもこの小さな祈りを 空に向け放ってみようよ

風船のように 色とりどりの祈り


愛  愛

それは強くて だけど脆くて


また争いが 自然の猛威が

安らげる場所を奪って


眠れずにいるあなたに 言葉などただ虚しく


沈んだ希望が 崩れた夢が

いつの日か 過去に変わったら


人を好きにもっと好きに なれるから

あわてなくてもいいよ


愛  愛

本当の意味は分からない


愛  愛

だけど強くて


雨の匂いも 風の匂いも

あの頃とは違ってるけど


この胸に住むあなたは 今でも教えてくれる


悲しい昨日が 涙の向こうで 

いつか微笑みに変わったら


人を好きにもっと好きに なれるから

頑張らなくてもいいよ


今を好きにもっと好きに なれるから

あわてなくてもいいよ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

わたしの母方の従姉妹は男6人女4人の10人です

祖母が健在な頃は孫孫会と称して

跡継ぎの家にお正月に集まっていました


それぞれが家族ぐるみで参加します

食べて喋って歌って

子供たちはお年玉が一番のたのしみです


子供の頃はみんな近くに住んでいたので

従姉妹と言っても兄弟に近いような関係でした


その従姉妹の中の一人の男性の長男が

21歳で亡くなりました

きのうが告別式でした

大川の花火は葬送の花火になりました


大阪から東京の友人に会いに行った帰り道

山手線の中で急に倒れました

乗り合わせておられた医師の処置も受けましたが

意識不明のまま2日後に旅立ってしまいました


両親の気持を思うと

何と声を掛けたらいいのやら

と思っていました


こう言う時は

式を滞りなくと思うことで頭がいっぱいになっているようで

両親も姉や弟も

参列者への対応に追われて

元気そうには見えました

特に中学3年の弟が

参列者に色々心配りをしているのには

もうたまらない気持になりました


故人をそんな風に言うのはどうかとは思いますが

特に学校での成績が優勝だったわけでもなく

今の若者に多いフリーターでした

髪もちょっとヤンキーみたいなそんな子でした


しかし

彼の死を聞いた友人が続々と手を合わせに来てくれ

堪えようとしても声を出しての涙になりました

小学校時代・中学校時代・高校時代・職場・地域の青年団・・・

一番親しいガールフレンドは終始両脇をかかえられていました


父親は

こんなに短い人生は残念で仕方ないが

普段分からない息子のことがはっきり分かった気がした

そして日頃疎遠になっている人たちに合わせてくれた

と言いました


最後の別れの時は

「お前はほんまによう頑張った」

と声をかけポロリと涙を流しました


ここの3人兄弟は同居のお祖母ちゃんにも優しい子たちです

色んな思いの中の2日間でした


人生は長短ではないなぁと思いながら

東京にいる息子はこの暑さの中

体調を崩してはいないかとちょっと気になりました


==========================


久方ぶりで会った伯母や従姉妹やその子供たちや

孫や曾孫の数が増えていたり

結婚を途中下車していたり・・・


散ってしまった花は残念で仕方ありませんが

どんどん幹を太くし枝を張って花を咲かせている

そんな沢山の姿にも会えました

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ようやく梅雨も明けそうな大阪です

ベランダに近づくと

まるでそこで火を焚いているような暑さになりました

きのうは降らなくてよかった!


お祭りはやっぱり体の奥が騒ぎます

ポンポンと花火に音が聞こえるので尚更です


昨夜のベランダは心地よい風が通り抜け

なかなかな花火になりました

ボケボケ花火でも花火には違いありません


時系列でぞうぞ!



大川沿いに行けば

仕掛け花火もさぞかし見事なんでしょうが

やっぱり、あの人出には足がすくんでしまいます

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

予報では雨なのですが

何とか降らないでいます

夕方からはのクライマックスの船渡御花火です

どうか降らないで下さい!!


   母の鰻寿司は押寿司です

      昨夜頂きました

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

けさベランダへ出ると

数匹のトンボが行ったり来たり

す~いすいと

何度も目を楽しませてくれました

4年前に伊吹山の山頂で見た

無数のトンボのことを思い出しました

あれも丁度今頃の季節だった?かなぁ?

トンボの背景はかなり違いますが

春に桜を楽しんだ公園辺りからは

セミの声も届いてきます


そう言えば

旅行の時なんかに

アクセサリーを入れている巾着も

トンボがついてます


          や

            も

       重宝しています




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

匂い・味・メロディー・・・

一瞬にして目の中に映像が現れることがあります



わたしはこれを食べると

子供の頃の地蔵盆がフワッと出てきます


大阪でも旧習の残った場所での子供時代でした


 は田んぼにれんげが咲き乱れ

  れんげの首飾りを作りました

  全部、摘んでみたい思いました

  ガラス屋のジュンちゃんに割れたガラスを貰って

  地面に穴を掘ってれんげを入れ

  ガラスで蓋をしてから土で隠し

  秘密の宝物にしました

 「む~ぎ茶、はったい粉~」の声

  そう言えば「さおだけ~」もよく来ました

 は刈り取った後の田んぼを暗くなるまで駆け回っていました

  急に日が暮れて寂しくなって急いで帰りました

 とんどの中で焼き芋

  水溜りには氷がはりました

  お正月に火鉢でお餅やみかんを焼きました


ある年の、川を隔てた裏の田んぼへれんげ摘みに行き

あぜ道でれんげの葉っぱに足を滑らせて

妹が川に落ちました

わたしは無我夢中でやっと足をつかみました

  「あの時、足をつかまれたので

  今でも息が出来ない夢を見る」

と未だにグチられています(笑)

近くで釣りをしていたおじさんの存在は

正に命の恩人です


地蔵盆の終わり頃にやって来ます

庭にお地蔵様をお祭りしてある家を

順番に回るとお菓子を頂きました

勿論これがお目当てです

盆踊りも楽しみでした

河内音頭は欠かせません


の一大イベントは

神社のお祭りです

出店が一番の楽しみでした

女の子は着物、男の子はハッピに鉢巻き

こっぽりの中の鈴を鳴らしながら

あんみつ姫になった気分でした

畳の上で着物のすそを引きずって

打ち掛けの気分を味わったりもしました

茹でたてのセコ蟹の赤い子が美味しかった!!


小さな町(村)ですが

代々ここに住んでいる人たちばかりだったので

周りは親戚だらけです

誰かが亡くなると

両隣の家まで協力してのお通夜

炊き出しも近所の主婦総出です

ひじき・高野豆腐・野菜のてんぷら・・・

巻かれる巻寿司の数も半端じゃありません


親戚の法事の前は

子供たちが借り出されて

粗供養を一軒づつ配り歩きます

その粗供養は

兄弟仲とか孫仲とかいくつものものが付きます

小鉢セットやお鍋やお茶や砂糖や石鹸・・・

(今では少しは簡略になりましたが、

実は最近も親戚の法事で色々届きました

さすがに子供には届けさせなくなりましたが

未だにこんな風習が残っています)

そして配り終えたら

みんなでお駄賃を公平に分けます

受け取った家の人がお駄賃を下さいます

家によって色々ですが

100円が殆どで中には500円下さることもありました

大喜びの瞬間でした


こんなこと思い出す時間もいいもんです





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

大阪は昨日の午後から雨が上がりました

そして今日は朝から

久々に太陽が顔を見せ

空も青くなりました

思いっきり洗濯しました


長い雨が止んで

今日はどこも晴れていると思っていました

九州はまだまだ凄い量の雨が降ったと知りました

いかがお過ごしでしょうか??


自然は何度もわたしたちを脅かし

受け入れることしか出来ません


自然の恵みもいっぱい受けますが

牙を向けられると

ひとたまりもありません


知恵を出して何とかしのげまますように!!






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

自分では多大な働きをしたと思っているのに

それほどでもないと見える同期や後輩に

城を与えられたり大量の加増があった

だれでも自分が頑張ったことだけはよ~く知っています


この思いで、ふてくされている一豊


これ

サラリーマンの方なら

一度や二度は味わったことがあるのでは


サラリーマンの愚痴は

あの上司より自分の方がよっぽど仕事ができるのに・・

どうしてあいつの方が高給なんだ・・

の二種類が殆どだそうです

どちらも

他人との比較からの愚痴です


サラリーマンでなくても

同じような苦い思い腹立たしさの経験は

誰にでもあるかも知れません


ちょっと視野を広げると

それほど重大なことでもないと思えたりするのですが

この不満の中に居る時は

なかなかそこから抜け出せないものです


一豊母、法秀尼が見事に諌めました

一世一代、命がけです


わたしは自分が叱られているようで

胸にグサッときました





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

あ~!行きたい!!


パリリヨンも行きたいです

でも

ベズレーへ行きたい!!


あの道を歩いて

あの聖堂の中にたたずみたい


十字軍がここから出発したなんて

そして60年前の7月22日の出来事

この気持は何なんでしょう


誰でも心の拠り所がが欲しい

でも

自分の拠り所を主張しすぎて

争ってきた歴史

現に今日もその争いが


あんな小さな町なのに

想像を超える大聖堂

もう祈りの極みのような


やっぱりこの足で歩いて

この眼で見たい


ベズレーの町を感じたい








いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。