関西トレーナー会公式ブログ☆

関西トレーナー会公式ブログ☆

関西トレーナー会の活動や、メンバーの活動・活躍などを紹介しています。


テーマ:

実際にメジャーの球団の施設を2つを見学、3球団のトレーナーさんにお話を聞かせていただきチームそれぞれによっての違いを知ることが出来ました。

しかしどちらの球団も、選手がいかに良い状態でシーズンを送ることが出来るのかを第1に考えていることを改めて感じました。
そして、トレーナーお仕事は選手の治療がメインではなく、選手の体調管理・遠征先への準備・監督への情報伝達などやることがとても多いイメージがありました。

メジャーリーグの選手は、あまり栄養を取れていないのかと思っていましたが、チームに専属のシェフがついていて、球場内でしっかり栄養管理がされている食事を取られていることに驚きました。日本人のトレーナーさんは、日本のプロの選手より、しっかりと栄養は取れているとおっしゃられていました。

そして、選手には、ルーティーンがある選手がほとんどで、その選手に合わせて1分単位で動くとゆうのが、かなり刺激的でした。さらに、試合観戦の前には間近でバッテイング練習を見させていただくこともさせていただきとても感謝しております。
試合観戦の時に感じた、日本とはまた違ったスタンドの雰囲気には圧倒されました。

そして最後に、メジャーの施設・試合を実際に自分の目で見て感じたのは、自分はやはり将来海外で働きたい。メジャーの世界で働きたいと強く思いました。働くためには、何が必要なのかは今回の研修でわかったので、あとは行動するのみだと思います。そして、今回の研修で学んだからこそ海外で働けたと言えるようにこれからも精進していきたいと思います。

今回の活動に関してお世話になりました関係者の皆様、本当にありがとうございました。

藤原 忍 長町 健

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、スポーツ、屋外


テーマ:

8/24-8/30までアメリカのロサンゼルスで活動させていただいた長町 健史と申します。

4日目以降の研修をまとめさせていただきます。

4日目はスポーツアカデミーへ見学へ。
ここではスポーツを娯楽として楽しむ方やNBA選手のようなトップアスリートなど、幅広い層の方達が使用する施設となっています。
ここの施設の強みは全てこの施設でトレーニング、診察、治療、リカバリー、食事などが出来ることです。
簡単に言えば病院とトレーニング施設、カフェが一緒になっているみたいな感じです。
全て一緒にすることによって施設使用者がわざわざ車を出して病院に行かせる必要はないですし、ご飯も買いに行く必要もないですし無駄な移動時間、労力を削減することができます。
創設者の方が1つ1つの場所を説明していただいたのですがその最中本当に選手、選手の家族を第一に想いこの施設を作ったんだなと強く感じました。
僕が将来スポーツアカデミーの様な施設を作りたいと思っていたのでいい経験をすることができました。

その後はアメリカでバスケのスキルコーチとストレングストレーナーをしている方にトレーニングを教えていただきました。
主に臀筋を使ったトレーニングで切り返し動作やストップ動作についてトレーニングを行い、メニューの作成の仕方や考え方なども教えていただきました。

5日目は最初にロッキーズの日本人トレーナーの方とお話ししました。
ロッキーズのトレーナーになった経緯や海外で大切なことなどを話していただきました。
自分が将来アメリカで活動するために必要な要素を丁寧に教えてくださり自分が聞きたかった内容を全て聞くことができました。
人として尊敬できる部分が話していてあるなと感じましたしこれを当たり前に出来ることが大切だなと感じました。

次に大谷翔平選手が在籍するエンジェルスの日本人トレーナーの方とお話させていただき施設の見学も行いました。
メジャーの施設は選手に対しての投資がすごく日本じゃ考えられないような設備がたくさんありました。
エンジェルのトレーナーの方も凄く丁寧に接していただき治療技術までも教えてくださいました。

こういう1つ1つの何気ないことを当たり前に出来るのがメジャーでトレーナーを続けられる要因なのだと思いました。

この研修で1番感じたこととしてアメリカの方のスポーツに対する姿勢や情熱などは日本人とは比べられないくらい熱くサポートする側も選手に負けないくらい熱かったと感じました。
自分が将来アメリカで活動するにはまだまだ足りないことがたくさんありますがこの研修を糧に必ず世界で活躍できるトレーナーになりたいなと思いました。

長町 健史

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内


テーマ:

8/24-8/30までアメリカのロサンゼルスで活動させていただいた藤原忍と申します。

初日は夕方にロサンゼルスへ着いたため少し観光をして1日を終えました。

2日目の朝はドジャース球場に訪問しました。
そして、ドジャースで実際にトレーナーとして働かれている日本人トレーナーの方に球場の中を案内していただきました。
トレーニング施設、治療施設を見学させていただき、日本との違いを肌で感じることができました。
施設見学をさせていただいた後、日本人トレーナーの方とお話をさせていただく時間を設けていただき、その時に話されていたケガは出るものだから仕方ない。それをいかに早く復帰させれるかが私達の仕事である。という言葉にとても刺激を受けました。

その後施設見学を終え、日本人トレーナーさんのご好意により試合前のバッティング練習を間近で見させていただくことができました。迫力はとてもあり試合を見るのが待ち遠しくなりました。
バッテイング練習を見終え試合観戦。前田健太選手が好リリーフをするのを生で観れたがとても良かったです。試合結果はドジャースのサヨナラ勝ちでとても盛り上がりました。

3日目は朝からパフォーマンスラボに見学に行きました。そこでは、実際に簡単な動きのテストを行い、自分の苦手な動作、足りていない筋肉がどこなのかをデータで出しました。そしてそれを改善するためのトレーニングを教えていただきました。
実際に教えていただいたのがアメリカ人の方だったので語学の勉強にもなり、そして家でも簡単にできるトレーニングも教えていただきました。
そして、終わりの時間が来てしまった時にまだトレーニングを教えてほしいとお願いさせていただいたら、笑顔で動画を送るよって言っていただき、とても感謝しております。これからの自分の活動に必ず繋げようと思いました。

その後、カリフォルニア州立大学を見学し、アメリカの大学の規模の大きさには驚きが隠せませんでした。
そして、大学では障害者の方への治療やトレーニングを教えていただきました。このトレーニングはアスリートの選手がケガをした時を想定して行うといいという言葉にとても共感しました。

そして、大学見学を終えた後、夕ご飯まで少し時間があったため、僕達の通訳をしてくださっているトレーナーさんに姿勢改善のトレーニングを教えていただきました。すぐに効果が出るトレーニングのため自分達でその変化を見れたことが良かったです。

2日目・3日目を終えてたくさんの情報を吸収したのですが、まだまだ吸収するべきものがたくさんあり、準備・行動が改めて大切だと痛感しました。

藤原忍

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス