胎内川支流楢ノ木沢・鴨沢遡行 | 関西蛍雪山岳会のページ
2007年03月11日

胎内川支流楢ノ木沢・鴨沢遡行

テーマ:沢登り

飯豊・胎内川・楢ノ木沢・鴨沢

参加者:松村、谷岡、櫻井(報告)

2006年8月25日~26日

新潟県の飯豊連峰の渓谷に行ってまいりました。


飯豊の沢は、豪雪に削られた深いV字型を成しており、難しい沢が多いらしいが、その中では易しい支流の楢ノ木沢を選んで遡行してきました。


飯豊の沢は、泳がなければ突破できない瀞・ゴルジェ、ブヨ、雪渓、といろいろ難関がある。


胎内川本流

        胎内川・本流→この先で、ダム工事現場にぶち当たることになる。これが今回最大の難関だった。

                  工事関係者に本流への立ち入りを禁止され、ヤブを漕いで尾根を乗っ越さないと

                  いけない羽目にあう。



谷岡さん 楢ノ木沢の渓相

                 支流の楢ノ木沢を遡行する谷岡さん


本流のゴルジェを突破する必要はなくなり、支流の楢ノ木沢を泳ぎをまじえながら快適に遡行する。


25日の夜は、沢中泊。松村さんの焚き火術には恐れ入る。星空の元、楽しい晩餐をしたが、ヤブ蚊が多くいっぱい刺された。


26日も支流の快適な遡行は続いたが、一箇所雪渓があり、巻きの草つきが恐かった。松村さんのリードはすごい。忍者のようだ。



松村さん 楢ノ木沢の渓相2

                 支流の楢ノ木沢を遡行する松村さん


源頭

          源頭→この後、二王子岳を往復してくる。胎内ダムまでの長~い、そして暑~い下りは閉口したが、週末の2日で飯豊の沢を遡行したのは価値があったと思った。

関西蛍雪山岳会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス