感謝の機会 | 今、できる最高をめざして。

今、できる最高をめざして。

淡路島・神戸・明石方面を中心に建築の仕事をさせていただいてます。夢の実現に向け活動中!いろんな想いを真剣に、たまにくだらないことも投稿しますがご了承下さい。


テーマ:

 

人間とは意識していたことすら忘れてしまうものです。

 

つい最近、同じ業界の先輩と言われて改めて思い知らされることがありました。

 

----

 

 

ここ近年特に、人材不足で思うように仕事に対応できず、お断りせざるを得ない状況になってしまうことがあるよね。

 

そんな時に自分の会社だけが忙しいと勘違いし、対応が雑になってしまったり、傲慢な態度とってしまいことがあるかもしれない。

 

そうなってしまわないよう、いや、人間そうなってしまうものだから、常々謙虚さを思い出すように習慣づけておく必要があるよ。

 

こんな時だからこそ、お断りする場合は心から申し訳なく思い、今後どうやっていけばしっかり良いサービスが提供できるのか考えなくてはいけないよ。

 

忘れてもいいから、思い出すようにしよう!

 

---

 

という内容でした。

 

いやぁ、持つべきものはよい先輩ですね~^^

 

人間、独りで生きていると思いがちですが、知らず知らずのうちに色んな人にお世話になったり、迷惑を掛けながら生きているものです。

 

そういった、人として当たり前のことすら、ないがしろにしてしまう事がある。

 

なので、そういったことを思い出す「機会」をもっと大切にしなくちゃな、と思いました。

 

あらためて、「感謝」とはそういう事ではないかなと感じます。

 

 

追記

 

昨日の淡路島の積雪、道路凍結はびっくりしました。

途中で車を諦め、かなり歩きました・・・

 

滑らないようリキんで歩いてましたので、今日はお尻が痛いです。

 

 

 

 

 

 

原田啓行/hiroyuki haradaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント