風邪をひいてもワクチンを打っても対策の仕方を間違えると怖いんです | 治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
新型コロナウイルスに関する情報について

治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院

阪急宝塚線池田駅から徒歩3分。コインパーキングがありますので、川西・宝塚・伊丹・西宮・尼崎・豊中・箕面・大阪・芦屋・神戸・三田市からもお越し頂けます。

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

菅首相が自民党総裁選に不出馬という決断をされました。

お疲れさまでした。

菅首相の最後のチャンスは新型コロナウイルスを五類感染症にすることだと思っていたんですけどね。

そうすれば数年後に日本の決断が評価されていたかもしれないのですが…

残念ですね。


日本のマスコミも方向転換すべきだと思うんです。

どうしてもマスコミは現政権を批判する立場になりやすいですから、新型コロナウイルスは日本だけではなく世界的に政治利用されてしまう傾向があると思っています。

菅政権を散々いじめておいて、辞めるのは無責任だ、って…

どちらが無責任だって話しです。

野党はせっかくのチャンスなのに、いまだに批判しているばかりで新型コロナウイルスに対する具体的な対策案を全く出そうとしない。出ていたとしても内容はもっと規制を厳しくしてジャンジャンお金を使え、という机上の空論。

まあ現実的にはやれる対策なんてほとんどないですからね。

対策をやめるのが一番いい対策なのかもしれません。

 

今日の内容は以前書いた記事のまとめも含みますので長文になります。

 

風邪でも怖いんです

何度も言っていますが私は新型コロナウイルスはただの風邪だ、と思っています。

でも風邪でも怖いんです。

私は以前から言ってますが、インフルエンザウイルスも新型コロナウイルスも同じように怖いんだ、ということです。


一番怖いのは院内感染が増えることなんです。

感染している人が病院に行って広めることが怖いんです。

いままで風邪に対しての対策が全然できていないために、たくさんの病院でクラスターが起こっていたんです。

今までほったらかしで発熱外来すらなかったんです。

風邪を引いた人が病院や高齢者施設に行ってクラスターを起こしていたんです。

インフルエンザと同様、高齢者の多い入院施設や介護施設などで院内感染が起こると怖いんです。

完全に防ぐことはできませんが、少しでも減らすよう対策をすることが必要なんです。

そういう意味では発熱外来というものができるのは今回のコロナウイルスのおかげなのかもしれません。



自粛をして無駄なお金をたくさん使うくらいなら医療にもっとたくさんのお金を使うべきだと思いますけどね。

まあ病院に一括で補助金を丸投げしてしまうと、経営者だけ得をするような状態になるので難しいところではありますが…

 

もう一つ風邪でも怖い理由があるのですがそれは後ほど説明します。

 

間違った対策

ある程度自粛することは仕方がないことかもしれませんが、自粛によって健康を損なっている方が多いです。

 

自粛での免疫への悪影響としては、

  • 日光に当たらないことによるビタミンD不足 ⇒ 免疫力低下
  • 運動不足による血行不良など ⇒ 免疫力低下
  • 精神的ストレスによる免疫力低下
  • 精神的息苦しさやマスクの影響、運動不足による肺の機能低下 ⇒ 酸素不足 ⇒ 免疫力低下
  • 家にいることによる不摂生(アルコールや甘いものなど)


などが考えられます。

 

※院長自身、今年はかなり外出を控え感染対策を行っています。日光は朝の通勤時と昼の外出時にできるだけ浴びるようにしています。

 

マスクの影響

 

一日中マスクをしているのは間違った戦い方です。

 

外を歩くとき(日光に当たる時)には外したほうがいいです。

マスクをしててもウイルスの侵入は防げないです(かかっている人が飛沫によってウイルスを広げるのを防ぐことはできますが、マスクをしている本人の発症の確率はあがります)。

マスクをして酸欠になって免疫力が落ちたり、気道(鼻腔・副鼻腔・咽頭部・気管支)がカビだらけになったら元も子もないです。

 

※もちろん私自身、室内や院内ではマスクをして感染対策を行っていますのでご安心ください。

 

間違った過剰な殺菌

腸内マイクロバイオータ(細菌叢)は人の免疫にとって一番重要なポイント。

 

腸内が殺菌されたら免疫が大きく下がります

 

気道(鼻腔・副鼻腔・咽頭部・気管支)にも良い細菌がたくさん住んでいます。

 

細菌をやっつけるとカビだらけになります。

 

カビだらけになると当然免疫が落ち肺炎になりやすくなるのも想像できます。

 

※開業当時から手のアルコール消毒は行っております。現在は院内にもアルコールを常備し、ベッドのアルコール消毒も行っています。空間除菌は患者様の健康を害するので行っていません。

 

免疫力低下を防ぐ

これらの免疫力低下を防ぐためにできることは、

  • ビタミンDを補充する
  • 家の中でもできるだけ体を動かす
  • 抗ストレス栄養素を摂取する(ビタミンC、亜鉛、マグネシウム、ビタミンB群など)
  • アルコール・タバコ・カフェイン・甘いものの摂取を減らす
  • 人の少ないところを日に当たりながら10分程度散歩する。
  • 換気をして新鮮な空気を吸う


などです。

 

 

コロナ禍で変わった良いこと

コロナ禍で変わった良いこともあります。

特に今までの日本の風邪対策は最悪だったのが改善されたのは良いことです。

  • いい加減な院内感染対策
  • 発熱外来ができたこと(今までは風邪ひいて病院行って院内感染を引き起こしていました)
  • 風邪で休めない企業体質
  • 皆が同じ時間帯に出社する満員電車


などなど。


風邪ひいて病院行って院内感染広げて…
 

風邪ひいたら風邪薬飲んで働けって…

みんな同じようなスーツ着て同じ時間帯に出社して…

思考停止してそれが当たり前と思っている人が多かったですからね。

そういう状態が変わることは素晴らしいことです。

 

 

コロナ禍の悪いポイント

悪いポイントもあります。

  • 戦時中のような雰囲気(少数意見がたたかれる。恐怖による支配。)
  • 不公平感の噴出
  • 言論の自由の崩壊(情報の操作)
  • 経済システムの異常


など。

不公平なんて永遠になくなりません。不公平はある、ということをしっかり受け入れて今を生きないと。

 

 

死にたくないから西洋医学的治療は受けたくない

私は新型コロナウイルスに感染しても、死にたくないから西洋医学的治療は受けたくないと思っています。

過去に風邪をきっかけに大きな問題になってしまった方には共通点があります

以下の内容は代替療法であるフィシオエナジェティック検査によるもので、医学的なものではありません。

それは、

  • 解熱鎮痛薬
  • 風邪薬
  • 抗生物質


です。

この3つが重症化(免疫の暴走)の原因と考えられます。

 

解熱鎮痛薬


これはワクチンを打った人も同じです。

ワクチンを打って熱が出たからと言って解熱鎮痛剤を飲むのはとても怖いことです。

 

 

風邪をひいてもワクチンを打っても対策の仕方を間違えると怖いんです

この三つの薬はある有名な命にかかわる病気との因果関係があるとされています。

それはスティーブンス・ジョンソン症候群です。

 

スティーブンス・ジョンソン症候群(スティーブンス・ジョンソンしょうこうぐん、Stevens-Johnson syndrome、SJS)は皮膚や粘膜の過敏症であり、多型紅斑との鑑別を要する。皮膚粘膜眼症候群(ひふねんまくがんしょうこうぐん)ともいう。経過中にヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)やサイトメガロウイルスが再活性化する事もある。致死率は患部が体表の10%未満の場合なら5%。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4 より引用

 

この病気は免疫の暴走によって起こるとされていて、命にかかわることがあるため鎮痛薬の注意書きにも書かれています。

つまり、解熱鎮痛薬を飲むと免疫が暴走する可能性があることは医学的にも認められているということなんです。


こうなると新型コロナウイルスや新型コロナウイルスワクチンによって免疫が暴走するというよりは、解熱鎮痛薬の副作用によって免疫が暴走している可能性があります。

 

 

インフルエンザ脳症~解熱鎮痛薬による免疫の暴走~

 

昔、娘が小児科に通っていた時に、張り紙がしてありました。

インフルエンザに罹ったときにアセトアミノフェン以外の解熱鎮痛剤(NSAIDSなど)は飲まないでください、という案内でした。

これはインフルエンザ脳症という異常行動や命にかかわる問題を引き起こすからです。

 

本来はインフルエンザ以外の風邪でも新型コロナウイルスワクチンを打った時も、脳症にはならなくとも免疫が暴走する可能性があります。

その情報によりアセトアミノフェンが買い占められたからと言って、国はワクチン接種後にアセトアミノフェン以外の鎮痛薬もOKにするなんて…

異常すぎます。



実はお医者様や薬剤師さんは全員知っており、現在はインフルエンザ時にはアセトアミノフェン以外は使わないようになっています。

市販の風邪薬もしれっとアセトアミノフェンに変わっているらしいです(調査していないので真実はわかりません)。

お医者様も薬剤師さんも知っているのに、国民には知らせないというのは異常事態です。

 

そもそも新型コロナウイルスに治療法はない

そもそもインフルエンザにも新型コロナウイルスにも西洋医学的治療法はないということです。

変異するウイルスと戦っても意味はありません

肺炎になった時の人工呼吸器などのコントロールは延命に役に立ちますが、根本を治すものではありません。


イベル〇クチンという薬をあるお医者様が推奨しているという記事を見ましたが本当に役立つのでしょうか?

そもそも、その医者は新型コロナウイルスの重症化を防げると豪語しておられましたが、コロナ治療に抗生物質や解熱鎮痛剤を使用するとはっきり言っているような人を信用できるんでしょうか?

こんなやり方では、新型コロナウイルスに勝っても最終的に不健康になるだけです。

 

 

風邪やワクチンをきっかけに大きな問題になる原因

風邪やワクチンをきっかけに大きな問題になる大きな原因として、ヘルペスウイルス(帯状疱疹ウイルスやEBウイルス、単純ヘルペスウイルスなど)による問題が非常に多いです。

風邪やワクチンによって外部環境に対する免疫は強化されるのですが、内部の免疫力は下がります。

その時にヘルペスウイルスが活性化し大きな問題を引き起こすことがあるのです。

 

特に、EBウイルス + 解熱鎮痛薬や抗生物質、はとても怖いです。

 

もちろん健康な人は何も起こりません。

 

 

ヘルペスウイルスが引き起こす症状・病気

  • めまい(帯状疱疹ウイルスなど)
  • 耳鳴り(帯状疱疹ウイルスなど)
  • 神経痛(帯状疱疹ウイルスなど)
  • 嗅覚障害(単純ヘルペスウイルスなど)
  • しびれや麻痺(顔面神経麻痺(ベル麻痺)など)
  • ヘルペス脳炎(単純ヘルペスウイルスなど、うつ症状や不安症・パニック)
  • 免疫不全(EBウイルスは白血球であるB細胞に感染し免疫力をさらに低下させます)
  • 自己免疫疾患(EBウイルスなど、ギランバレー症候群や線維筋痛症など)


など。

 

 

ヘルペスウイルス活性化の問題は新型コロナウイルスに感染してもワクチンを打った時でも起こります。

何度も言いますが、ワクチンにはデメリットもありますがメリットもあります。

 

どちらの方が多いのかは今のところわかりません。

新型コロナウイルスに感染した時と同じようなものか、少し軽いものである可能性があります。

 

副作用も似てますよね。血栓とか心筋炎とか脳出血とか…

個人的には新型コロナウイルスに感染するよりは少しましなんだろうな、とは想像しています。
 

ただし、今後私の考えは変わるかもしれません。

 

では熱が出たときにどうしたらいいの?

では風邪をひいたときやワクチンの副作用で熱が出た場合、どうしたらいいのでしょうか?

例えば、自然界の動物は風邪を引くと、

  • 食べない(鉄を摂取するとウイルスが増えるから)
  • 安静に
  • そして日向ぼっこ


をします。

動物たちの自然健康法という本に書かれています。

 

 



日向ぼっこに大きな意味があるのです。

その効果の一番がビタミンDの合成です。

ビタミンDは免疫の暴走を抑える作用があります。

 

 

テレビニュースは見ないほうがいい

テレビニュースは見ないほうがいいです。

 

聞いているだけでイライラしたり、不安や恐怖を感じることになりますから。

テレビに出ている感染症専門家は免疫の専門家ではなく公衆衛生学の専門家です。

 

もちろん公衆衛生学的な感染症の工夫も必要ではあるんですが、家に引きこもっているだけだと病気になります。

 

免疫学的に言うと全然ダメです。

短時間でも日光に当たって運動をし自然に触れるようにしないといけません。

 

免疫学と公衆衛生学とうまくバランスが取れるといいんですが。

 

 

 

 

 
 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。  
⇒ その他の臨床例はこちら

頭痛・腰痛・自律神経失調症でお悩みなら  
阪急池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分⇒アクセス  
大阪府池田市のホリスティック整体院【関西カイロプラクティック】へ
 
 
【お問い合わせ・ご予約】 TEL:072-752-3702  
【お問い合わせ】 お問い合わせはこちら  
【ご予約】 ご予約はこちら  
【ホームページ】 大阪府池田市【関西カイロプラクティック】  
【Facebookページ】 関西カイロプラクティック  
【Twitter】 心と体の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】関西カイロプラクティック
【YouTubeチャンネル】関西カイロプラクティック】大阪府池田市の自然療法整体院
     友だち追加    
大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・神戸・三田市からも口コミで来院  

/ 施術方法 / フィシオエナジェティック / 施術の流れ / 臨床例 /   メニュー・料金 / アクセス / お問い合わせ・ご予約  

関西カイロプラクティック