脱炭素(カーボンニュートラル)という概念 | 治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院

治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院

阪急宝塚線池田駅から徒歩3分。コインパーキングがありますので、川西・宝塚・伊丹・西宮・尼崎・豊中・箕面・大阪・芦屋・神戸・三田市からもお越し頂けます。

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

 

最近、脱炭素(カーボンニュートラル)という概念が叫ばれています。

 

国は2030年までに二酸化炭素排出削減46%(2013年度比)をめざすと宣言しました。

 



今からの話しはあくまで個人的な意見です。

考えが違う人もおられるかもしれませんが、こういう意見もあると思っていただければと思います。

正直なところ、この概念には全く意味がないと思っています。

 

もちろん地球温暖化対策は必要だと思っていますが、焦点がずれていると感じています。


脱炭素 = 原発を増やす + 風力発電や太陽光発電を増やす、ということです。

原発増やして、山を削って風力発電作ったり太陽光パネルをしきつめたり…

 





本末転倒ですよね!!?

そもそも二酸化炭素を作って酸素を作ってくれるのは植物ですよ。

植物に光を与えない=二酸化炭素が増える、ってことですよ。

山削ったら逆効果じゃないですか?

 

 

植物を燃やすバイオマス発電とか最悪ですよね。


では何の目的でこういう運動をしているのか、それはすべて経済の話しです。

それでお金が儲かる人たちがいるってことです。

こういう話しに群がる悪い人たち…

山を削ってソーラーパネルを設置するのを禁止した方がいいと思います。




二酸化炭素を減らしたければ「自然を守りましょう!」これだけで十分ですよね。

それもヒトがいる限りとても難しいと思いますが…

 

 

脱炭素などの取り組みで良い部分が無い訳ではありません。

 

地球温暖化対策は必要ですからね。

 

現代の農薬や化学肥料を使った農法を変えることで温室効果ガスを減らすというのはいい取り組みですね。

 

農林水産省が化学肥料や農薬を使用しない有機農業の拡大を目標にすることを宣言しました。

 

2050年までに、有機農業の面積を国内の農地の25%にあたる100万ヘクタールまで拡大すること、農薬を50%、化学肥料を30%、使用を削減する目標も定めました。

 

農協さんを説得できるのか、という話しはおいておいて、こういう取り組みは素晴らしいのでぜひ実現してもらいたいと思っています。

 

なぜ農業問題により温室効果ガスが増えるのかについて書かれた素晴らしい本があるのでご紹介します。

 

 

 

 

この本の中に、

 

「肥料の主成分である窒素は、植物を養う一方で、土壌から揮発した一部が亜酸化窒素という、二酸化炭素の約300倍の温室効果を持つガスを発生させてしまう問題があります。」

 

とあります。

 

著者である桐村先生はお医者様でありながら農業が環境破壊を起こす一因になっていることを変えていこうとすごく勉強されている先生です。

 

この本は本当に素晴らしい本ですので、また後日ご紹介しようと思っています。

 

 

 

 
 
 
 

 

頭痛・腰痛・自律神経失調症でお悩みなら  
阪急池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分⇒アクセス  
大阪府池田市のホリスティック整体院【関西カイロプラクティック】へ
 
 
【お問い合わせ・ご予約】 TEL:072-752-3702  
【お問い合わせ】 お問い合わせはこちら  
【ご予約】 ご予約はこちら  
【ホームページ】 大阪府池田市【関西カイロプラクティック】  
【Facebookページ】 関西カイロプラクティック  
【Twitter】 心と体の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】関西カイロプラクティック
【YouTubeチャンネル】関西カイロプラクティック】大阪府池田市の自然療法整体院
     友だち追加    
大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・神戸・三田市からも口コミで来院  

/ 施術方法 / フィシオエナジェティック / 施術の流れ / 臨床例 /   メニュー・料金 / アクセス / お問い合わせ・ご予約  

関西カイロプラクティック