血圧を下げたければ日光を浴びよう!! | 治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院

治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院

阪急宝塚線池田駅から徒歩3分。コインパーキングがありますので、川西・宝塚・伊丹・西宮・尼崎・豊中・箕面・大阪・芦屋・神戸・三田市からもお越し頂けます。

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

 

つい先日まで半袖だった気がしますが、今朝はセーターがいるくらいの冷え込みですね。皆さま、冷えないように暖かくしてお出かけください。

 

ところで本日は太陽光(日光)を浴びるメリットについてのお話しです。

 

 

 


1日15分、「日なたぼっこ」するだけで健康になれる

 

 

日光は活性型ビタミンD合成に必須であることは有名な話しですが、日光に当たることでのメリットはそれだけではありません。

 

ビタミンDについては過去にもお話ししたことがありますので、まずはビタミンD以外の話しをメインにします。

 

 

『太陽光線はたしかに皮膚がんを引き起こすが、そのいっぽうで、乳がん、大腸がん、前立腺がん、卵巣がん、心臓病、多発性硬化症、骨粗鬆症など、身近ななさまざまな病気に対して予防効果を発揮する。これらの病気で死ぬ人は、皮膚がんで死ぬ人よりはるかに多いはずだ。だとすれば、太陽光線が一方的に悪者扱いされるのはおかしいのではないか。』

 

⇒ 日光(太陽光線)によるメリットはデメリットをはるかに上回ります。もちろん現代はオゾン層の破壊などの問題もありますので過度な影響には注意です。

 

太陽光の最大のメリット「活性型ビタミンD3」の合成

 

紫外線(UV-B)を使って体内で活性型ビタミンD3を合成します。

 

簡単に活性型ビタミンD3について説明します。

 

活性型ビタミンD3の役割

  • 骨のカルシウム吸収

  • 副甲状腺ホルモンの抑制

  • 血圧調整(レニン-アンジオテンシン系を抑制)

  • 血糖の調整

  • 細胞の分化・増殖・細胞内シグナル伝達

  • ガン予防(特に大腸がん・乳がん、癌細胞のペントースリン酸経路を阻害、アポトーシス誘導、血管新生抑制、転移抑制)

  • 免疫調整(Treg、Bregの活性化による免疫寛容)

  • ホルモンの産生

  • 筋肉機能の強化

 

 

 

ビタミンD合成以外の日光(紫外線)のメリット

 

  • 殺菌作用
  • 血管拡張作用
  • 肝機能への作用

 

など

 

太陽光の殺菌作用

 

『たとえば太陽光線はガラス窓ごしでも強い殺菌力があり、陽あたりの良い病室のほうが、暗い病室よりも検出される細菌数が少ないし、患者の回復も速い。自然界で最強の殺菌力を持つ太陽光線は、今後ますます重要度が増していくだろう。』

 

⇒ 動物学の本によると、動物は風邪をひくと日向ぼっこをするそうです。本能的にわかっているんですね。当院でも一時感染症に対して太陽光の中で最も殺菌作用の強い光を使った治療を加えていた時期もありましたね(時間がかかるので今は波動治療器をメインで使っていますが)。久々に復活させてみようかな?

 

『二〇世紀はじめの医師たちは、戦争で受けた傷、それに病気の骨や関節に日光をあてれば治癒すると知っていた』

 

⇒ 自然光の治癒能力はすごいですね。

 

血行を良くしたければ日光を浴びよう

太陽光の血管拡張作用

 

『さらに最近、UVA(紫外線A波)が血圧を下げる新たな証拠が見つかった。私たちの皮膚は大量の一酸化窒素をたくわえているが、UVAを浴びることで、この一酸化窒素が血液中に拡散し、動脈を広げて血圧を下げるというのである。』

 

⇒ UB-Aは窓ガラス超しでも入ってくる紫外線です。UB-AはビタミンD合成には役立ちませんが、血管拡張作用はあります。

 

『正常血圧の人でも紫外線を一度浴びるだけで血圧が下がり、高血圧の人だと顕著に下がることはすでに実験で確認されている。』

 

⇒ 日を浴びながら散歩するのが一番良さそうですね。

 

『可視光線に含まれる青色光が血液中のビリルビンの分解を促進することがわかった。その後、赤ん坊の黄疸治療には日光浴よりも、人工光源を用いた光療法を行なうのが一般的になった。』

 

⇒ 私の娘は超未熟児でしたので、青色光での治療をしていました。大人になってからの肝臓へのメリットがどれほどなのかはわかりませんが、今後研究していきたいと思っています。

 

 

この本には書かれていない太陽光のメリット『バイオフォトン』

 

生物がバイオフォトンと言われる光エネルギーを使っていること、その光エネルギーは太陽光から得ていること、が世界中で研究されています。

 

フィシオエナジェティック創始者のラファエル先生は、細胞の中の微小管(チューブリン)が関係しているとおっしゃっていた気がします。

 

日本でもある時期に研究されていたようですが、打ち切りになったという話しを聞きました。

 

体内で1週間?ほど蓄えられるという話も聞きました。

 

まあ要するに、人間は太陽光をエネルギー源として使っているということです。

 

皮膚がんはそれほど恐れる必要はありません

 

例えば皮膚がんの多いオーストラリアは、もともと白人が住んでいた地域ではありません。先住民族アボリジニは日本人と同じ黄色人種に近いので太陽光に比較的強いのです。そこに白人(ヨーロッパ)が移住してきたのです。そもそもその土地にあった人種ではないため、皮膚がんが多いだけなんです。

 

もちろん、体にいいからと言って夏場に一日中太陽光を浴びるのは良くないことです。アフリカで先住民族は朝と夕方だけ外に出て働いて、日中は休憩しているそうです。なんでもほどほどが一番ですね。

 

でも、これから冬にかけての季節は紫外線が弱くなりますから、できるだけ日光を浴びた方がいいですよ!!

 

特に高血圧の方は日光を浴びましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。  
⇒ その他の臨床例はこちら

頭痛・腰痛・自律神経失調症でお悩みなら  
阪急池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分⇒アクセス  
大阪府池田市のホリスティック整体院【関西カイロプラクティック】へ
 
 
【お問い合わせ・ご予約】 TEL:072-752-3702  
【お問い合わせ】 お問い合わせはこちら  
【ご予約】 ご予約はこちら  
【ホームページ】 大阪府池田市【関西カイロプラクティック】  
【Facebookページ】 関西カイロプラクティック  
【スマホHp】 大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック  
【ブログ】 大阪池田市のカイロプラクティック院長ブログ  
【Twitter】 心と体の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 【Instagram】関西カイロプラクティック     友だち追加    
大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・神戸・三田市からも口コミで来院  

/ 施術方法 / フィシオエナジェティック / 施術の流れ / 臨床例 /   メニュー・料金 / アクセス / お問い合わせ・ご予約