必須脂肪酸とは?/フィシオエナジェティック検査項目/大阪府池田市【関西カイロプラクティック】 | 治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院

治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院

阪急宝塚線池田駅から徒歩3分。コインパーキングがありますので、川西・宝塚・伊丹・西宮・尼崎・豊中・箕面・大阪・芦屋・神戸・三田市からもお越し頂けます。

こんにちは。大阪府池田市の整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。


今日は朝から結構冷えますね~。風邪を引いている方も多いようですので体調管理には気を付けてくださいね。風邪か花粉症かどちらかわからない、とおっしゃる方も多いですね。私は花粉症対策に甜茶(テンチャ)というお茶を飲んでいますが、効いてますよ!(個人差はあります)

ところで、今回は昨日、椎間板ヘルニアの臨床例でも出てきた必須脂肪酸について説明します。

■必須脂肪酸とは?

必須脂肪酸とは簡単に説明すると良質の油のことで、三大栄養素のひとつです。

必須脂肪酸の必須とは体内で合成できないために摂取する必要があるという意味です。必ず食事からとる必要のあるものを必須栄養素といいます。

必須栄養素としては

・たんぱく質(必須アミノ酸)
・糖質
・脂質(必須脂肪酸)
・必須ミネラル
・必須ビタミン

があります。必須脂肪酸もその中の一つです。

■必須脂肪酸の役割

・プロスタグランジンの材料となります。プロスタグランジンとは、体内で作られるホルモンの様な働きをする物質で、炎症・痛み・腫れの調整、血圧、心機能、胃腸機能と消化酵素の分泌調整、腎機能と流動調節、血液凝固と血小板凝集、アレルギー反応、神経伝達、各種ホルモンの産生に関係している重要な物質です。炎症を抑える善玉プロスタグランジンと炎症を促進する悪玉プロスタグランジンがあります。

・細胞壁を健全に保ちます。細胞壁に問題が起こると、細胞自体の機能が低下するので、全身に様々な病気を引き起こします。脳神経細胞・末梢神経細胞などの神経細胞、皮膚・粘膜細胞、血管内皮細胞、やその他、内臓を構成するすべての細胞に影響します。

■必須脂肪酸が不足すると・・・

炎症が起こりやすくなる(関節炎、腰痛、肩こり、腸粘膜など)
・免疫機能不全(感染症にかかりやすくなる)
・血管障害(動脈硬化)、高血圧、高脂血症、高コレステロール血症、心臓病
椎間板の劣化
・抑うつなどの精神症状
皮膚症状、手足が乾燥しカサカサする、発疹、ヘルペス、乾癬、口内炎
・目の乾き(ドライアイ)
・口の渇き(ドライマウス)
・しもやけ、あかぎれ
・アレルギー
・疲れやすい(倦怠感)
・視覚の明瞭度低下
・気管支の問題(咳、痰など)
・冷え性
・便秘、下痢症
・ホルモン異常、甲状腺異常
・腎臓や膀胱の機能低下
・太りやすくなる(脂肪を貯めやすくなる)
・神経伝達異常
・学習能力の低下
・憂鬱
・攻撃的行動
・成長障害

などなど、実際には細胞膜やホルモンに影響しますので全身すべての症状に関係します。

必須脂肪酸の摂り方

では油なら何でもいいのか?というと違います。基本的には常温で液体の油(不飽和脂肪酸)です。植物や寒いところで摂れる魚に含まれています。それ以外の動物の脂(飽和脂肪酸)は必須脂肪酸には含まれません。

ではサラダ油は良い油なのか?というとこれも違います。サラダ油も必須脂肪酸ですが、摂りすぎると害があります。

必須脂肪酸は主に3種類に分けられます。

・オメガ3脂肪酸
・オメガ6脂肪酸
・オメガ9脂肪酸

必須脂肪酸のなかでも体に良いのはオメガ3とオメガ9です。

サラダ油はオメガ6が多いので、摂り過ぎは問題をおこします。

■必須脂肪酸の特徴■

①オメガ3(αリノレイン酸・/DHA/EPAなど)

・抗炎症作用(善玉プロスタグランジンを増やす)があります。
・加熱すると酸化します。
・亜麻仁油(フラックスオイル)・えごま油・魚油(DHA/EPA 特に寒い地域で摂れる魚)に多く含まれています。

②オメガ9(オレイン酸)

・加熱しても酸化されにくい。
・オリーブオイルやグリンナッツオイルに多く含まれています

③オメガ6(リノール酸など)

・強力な抗炎症作用がありますが炎症促進作用もある(悪玉プロスタグランジンを増やします)ので、摂り過ぎると心臓病・ガンになりやすい
・加熱すると酸化してしまう
・月見草・ベニバナ油などに多く含まれています。


■おすすめの必須脂肪酸の摂り方

必須脂肪酸のなかでもオメガ3をたくさん含み、そしてトランス脂肪酸を含まないおすすめの油を紹介します。

えごま油

えごま油はしそ科の植物の種子を絞った油で、オメガ3をたくさん含みます。アレルギー体質の方におすすめです。スーパーでも簡単に手に入ります。ただし、熱を加えると酸化してしまうので、サラダやスープにかけて食べるようにしましょう。味が少ないのでサラダにかける場合は醤油をかけて食べるのがおすすめです。

アマゾングリーンナッツ インカインチヴァージンオイル(180g)
アマゾングリーンナッツ インカインチヴァージンオイル(180g)

グリーンナッツオイルはオメガ3もオメガ9も多く入っている究極の油です。オメガ9は熱に強いので炒め物にもOKです。ただし、やはり熱を加えないのがベスト!!

必須脂肪酸は熱に弱く、すぐ酸化します。熱を加える場合はオリーブオイルかグリーンナッツオイルがおすすめです。

自然に摂れるものでは豆類、ナッツ類、青魚があります。


良質の油は血管や皮膚を作る成分になったり、ホルモンの材料になるもので絶対必要なものです。日本人の7割は必須脂肪酸不足と言われていますし、肩こりや腰痛の予防にもなりますので、積極的に摂るようにしましょう。

どんなに良い油でも、トランス脂肪酸が入っていると健康を害する危険があります。それについてはまた後日に説明します。

最後までお読み頂きありがとうございました。




頭痛・腰痛・自律神経失調症でお悩みなら
阪急池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市の整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【お問い合わせ】お問い合わせはこちら
【ご予約】ご予約はこちら
【ホームページ】大阪府池田市【関西カイロプラクティック】
★大阪・豊中・箕面・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・神戸・三田市からも口コミで来院

/施術方法/施術の流れ/メニュー・料金/アクセス/臨床例/お問い合わせ・ご予約

関西カイロ院内