食べ頃は、動物たちが知っている。 | 勘六縁のお米

勘六縁のお米

岩手県遠野市にて、無肥料・無農薬の自然栽培米をさらに天日干しにした、こだわり米を作っている勘六縁です。
亀の尾という、日本でもっとも古い品種のひとつを作付しています。
夫婦で、ブログを更新しています。


テーマ:


おはようございます。

本日の担当は裕美(嫁)です。


不安定な天候が続いていますね・・・ 埼玉や千葉にお住まいの方々、昨日は大丈夫でしたか? 今日は東北でも突風が吹く可能性があるとのこと。大事に至らないことを祈るばかりです。


菊池家では、自家用にいくつか野菜を育てています。一応、無肥料・無農薬でチャレンジしているのですが、たくさんは採れないし、芽が出ないこともしばしば。


それでも、採れたものはいろんな風味がして美味しいなと感じています。少しだけですが、年間30キロ以上購入してくださっているお客様に、おすそわけしたりしています。


今回はスイカの話題です。


以前ご紹介した、スイカの花とちっちゃいスイカ(左上のほうにあります)。勘六縁のお米  


ぐんぐん成長して、こんなに立派になりました。勘六縁のお米  


小玉スイカの品種です。一般のものと引けをとらないくらい、成長してくれました。


ところが・・・


そろそろいいかしらと思って収穫し、家でうきうき割ってみたら(2週間くらい前に)。白かった(笑)。スイカの香りと味はしますが、まだまだ早かったみたいです。


なので、粘って待ってみたら・・・


今度はカラスに食べられました(笑)。ほとんど皮だけでした。ショックのあまり、写真を撮ることも忘れました。


ということで、ばあちゃんに相談したら・・・


「かご、かぶせとけ」


とのこと。


よって、このようになりました。かごをかぶせるの図。勘六縁のお米  


みんなにかごをかぶせたの図。

勘六縁のお米  


何の畑なのか、一瞬分からなくなりました。


カラスに食べられたスイカは、すでに赤くなっていました。さぞかし美味だったことでしょう。


カラスは食べ時を知っているのですね。試しに割らなくても、分かるようなのです。香りが高まるからなのでしょうか。勘なのでしょうか。


スイカの収穫時期について、本で読んでもピンと来なくて、種をいただいた近所の先輩農家さんにも聞いてみました。


すると、

「自分も分からないから、動物が食べたときに中身の状態を見ているんだ」とのこと。


食べ頃は、動物たちが知っている。そんなことを思ったのでした。私も動物たちを見習って、もっと鼻が効くようになりたいものです。


今日も一日、皆さんが笑顔でファイトできますように☆


ありがとうございました。



勘六縁いいねと思っていただけましたら、下のボタンをぽちっとお願いします。いつもありがとうございます。



菊池 陽佑さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス