大根と小松菜の離乳食作り。 | 美人をつくる暮らしのレシピ~管理栄養士豊田愛魅オフィシャルブログ~ Powered by Ameba Meister

美人をつくる暮らしのレシピ~管理栄養士豊田愛魅オフィシャルブログ~ Powered by Ameba Meister

管理栄養士/美容アドバイザー/ずぼやせ著者豊田愛魅オフィシャルブログ。美人と可愛い、そして綺麗をつくるレシピや美容法など日々調査して、美人の秘密やエッセンスになる情報を発信をしています。エアレ運営、びふぃ寒天監修。

今日は、大根と小松菜の離乳食作りです。

小松菜は、繊維の少ない葉の部分を使います。葉の中央まで取る方もいると思いますが、かなり細かく刻む予定なので私はこの部分は使ってしまいます。

まずは、茹でてアク抜きをします。


ミキサーにかけます。耐熱容器にいれて電子レンジで1分ほど。その後水溶き片栗粉大さじ1/2を加えて良く混ぜます。とろみが足りない場合は、水溶き片栗粉を増やして、電子レンジ10秒ほど繰り返してみます。



今回は、大根も作りました。
大根は、細かく切ってからbrezzaにかけて、片栗粉でとろみをつけてます。


大人用には、余った小松菜の茎の部分と大根できんぴらを作り置き。唐辛子を切るのが面倒だったので、ごま油とラー油を使い炒めてから、お酒、麺つゆとみりんで味付けをしてます。



今までは、お粥、にんじん、かぼちゃ、トマト、カブ、しらす、豆腐、鯛、スイカなどを食べてきましたが、どれもバクバク食べてきた〝こはるどん👶🎀〟。

初めての葉物野菜どんな反応をするか楽しみです!

 
 

併せて下記の書籍の内容なども参考の1つにして頂けたら嬉しいです。

 

◆――――――新刊のご案内――――――◆

 

 

おやつもご飯も楽しみながら約10kg落ちました。過去のわたしの様に、我慢の多いダイエットの呪縛から1人でも多くの方が解放されるように心を込めて書き上げています。 男女問わずお読みいただきたい一冊です。

 

食べ物で「肝臓」と「腸」を整えれば、痩せます!テレビや雑誌等、メディアで幅広く活躍する管理栄養士がたどり着いた「一番ずぼらなダイエット」のカギは、肝臓と腸を整えること。そのために必要な食事のコツを、かわいいイラストとともに、ごくごく簡単にご紹介します。自炊不要、運動不要!具体的なアイテムや活用法もご紹介しています。

 

▼痩せない人は、筋トレよりもまず「肝トレ」をしたほうがいいかも!?

▼夜中にラーメンが食べたくなったら〇〇で回避せよ!

▼朝イチ○○で一日の摂取カロリー、マイナス○○○kcalも夢じゃない。など具体的な切り口でダイエットを成功に導きます。

 

■タイトル:「生きているだけで痩せる体」をつくる食事術 ずぼやせ

■著者:豊田愛魅

■刊行:光文社

 

◆――お仕事のご依頼はコチラ―――◆

■こちらからおすすみ下さい 

➡ オフィシャルサイトお問合せフォーム 

➡ オフィシャルサイト実績一覧