黄金比率の特別加工粉寒天「びふぃ寒天」のご紹介! | 美人をつくる暮らしのレシピ~管理栄養士豊田愛魅オフィシャルブログ~ Powered by Ameba Meister

美人をつくる暮らしのレシピ~管理栄養士豊田愛魅オフィシャルブログ~ Powered by Ameba Meister

管理栄養士/美容アドバイザー/ずぼやせ著者豊田愛魅オフィシャルブログ。美人と可愛い、そして綺麗をつくるレシピや美容法など日々調査して、美人の秘密やエッセンスになる情報を発信をしています。エアレ運営、びふぃ寒天監修。


テーマ:

寒天とビフィズス菌のスゴイ力

使わないと、もったいない!

 

黄金比率の特別加工粉寒天「びふぃ寒天」

 

遺伝子組み換えでない

安心の国内製造・無漂白

ヨウ素含有量チェック済

カロリー 糖質 0

放射能検査済

 

温かい飲み物に混ぜるだけで自然にスルン!

さらに満腹感、満足感。寒天とビフィズス菌をもっと手軽に。身近に。

 

 

 

黄金比率で寒天とビフィズス菌を配合!

 

腸内環境を整えるために栄養学的に重要なポイントは、①腸内細菌のエサを摂取する②善玉菌そのものを摂取する、この2つを同時に行うことです。つまり、寒天とビフィズス菌を同時に摂ることが大切なのです。

 

食物繊維は、その性質から「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の 2 種類に大きく分けられ、1:2 のバランスで摂取することが効果的だといわれています。寒天の水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合は算出されていませんが、その両方をバランスよく含むといわれているため、腸内細菌のエサになったり、便のカサを増したりと、どちらの役割もこなし、腸内環境を整えるのに理想的と考えられています。

 

また、どんな種類の善玉菌を摂取しても、腸内にそのまま定着し続けることはないと言われていますので、毎日少しずつ摂り続けることが必要です。そんな寒天と、善玉菌そのものであるビフィズス菌を同時に!そして余分なものを一切入れずに、黄金比率で毎日摂取できるのが「びふぃ寒天」です。

 

 

寒天の水溶性・不溶性食物繊維のバランスは理想的

どちらも共通して、大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなり整腸効果があります。

 

水溶性

 胃で溶けると粘着性によりお腹が空きにくくなり、食べすぎを防いでくれるのが水溶性の食物繊維。昆布・わかめ・こんにゃく・果物などに多く含まれています。また、大腸で発酵・分解されると、ビフィズス菌が増え腸内環境を整えてくれます。

 

不溶性

 胃腸内で水分を吸収してふくらみ、ぜん動運動を活発にし、便通を促進してくれるのが不溶性食物繊維。成熟した野菜などに多く含まれています。水溶性ほどではありませんが、同じく発酵・分解によりビフィズス菌を増やします。

 

■食物繊維とビフィズス菌の働き

食物繊維とビフィズス菌はどんな働きをするものなのか、くわしく見ていきます。

 

■食物繊維

01第六の栄養素、食物繊維

以前は食物のカスと言われていた食物繊維ですが、現在は「第六の栄養素」と呼ばれ、重要視されている成分です。便秘を防ぐほか、心筋梗塞・糖尿病・肥満などの生活習慣病の予防に役立つと言われています。

 

02食物繊維の多い食物ランキング

寒天の食物繊維量は数ある食材の中でもトップクラス。しかも、水溶性・不溶性の食物繊維をバランスよく含むといわれています。

 

 

■ビフィズス菌は腸内を快適に保つバランス役

人の大腸内では様々な菌が働いています。その中でも消化吸収を助けたり、病気に対する抵抗力を高める菌を善玉菌と言い、ビフィズス菌はこれに含まれます。

 

01腸内フローラは、ほぼビフィズス菌

腸内フローラの主な舞台は大腸です!悪玉菌をやっつけてくれるのが善玉菌ですが、善玉菌であるビフィズス菌と乳酸菌の割合は、なんと99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌。大腸の善玉菌のほとんどがビフィズス菌であり、ビフィズス菌こそが腸内フローラのバランスを保つ大切な役割を果たしています。

 

02加齢や食生活によってビフィズス菌は減少

ビフィズス菌は生まれたときから人の腸内に存在しています。しかし、乳幼児期の95%をピークに加齢とともに減少していき、中年期を迎えるころには大幅に減少、高齢期ではわずか1%未満になる人もいるほど。反対に健康に悪影響を及ぼす悪玉菌が増えていきます。悪玉菌の増殖を抑えるためには、腸内のビフィズス菌を増やすことが大切です。

 

余分なものを一切入れずに、黄金比率で寒天とビフィズス菌を摂取できるのが「びふぃ寒天」です。

 

■食物繊維は大事!

野菜不足・食の欧米化・レトルト食など…

現代の食生活では、食物繊維が

不足しがちです。

 

■あなたも食物繊維、不足していませんか?

一日に必要な食物繊維の量は、

男性20g以上

女性18g以上※日本人の食事摂取基準2015年度版参照

 

つまり!レタスなら約8個

リンゴなら約6個

納豆なら約7個

 

現代人の食物繊維摂取量は、14.4gと言われているので

一日あたり5g~6gも足りていない、、、

※厚生労働省 H26年国民健康・栄養調査参照

 

だから!

 

プニプニおなか

ポッコリおなか

トイレ長居さん

バランスの悪い食生活

健康診断の数値が気になる

という、お悩みが増えてしまうのです。

 

なんと!水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含む寒天なら2gでOK!

最近では食物繊維が豊富な食材というと「おから」が人気ですが、水分をかかえこむ寒天ならわずか2gでも充分に効果を発揮するという研究データもあります。

 

■ちなみに!同じ食物繊維でもしっかり選んで摂らないと、、、、

 

ご存知ですか?本当は怖い?食物由来の製品

 

「遺伝子組換え」表示が

されていないこともある

いくら食物由来といわれていても、実は「遺伝子組換え」という表示が免除されている場合もあるのです!トウモロコシデンプンなどを酵素分解することで作られる、難消化性デキストリンもそのひとつ。そのすべてを排除する必要はありませんが、毎日続けるものだからこそ価格やパッケージで選ばずに、原料のその先まで考えてほしい。

 

 

だから!すこし溶けにくいけど、あえて自然本来の寒天にこだわるのです。

 

確かに難消化性デキストリンを使えば低温でも溶けるので、利便性は高まります。それでも、高温でしか溶けない寒天にこだわる理由は「極力手を加えず、自然な素材をお客さまに届けたい」という私たちの想いです。

私たちが使用している寒天は、もちろん遺伝子組み換えでない原料を使用。原料のその先まできちんとチェックしています。

 

■さらにビフィズス菌を配合。

寒天2g分の食物繊維+ビフィズス菌30億個

(一日目安2包の配合量)

 

「びふぃ寒天」は一日2包あたりに寒天2gとビフィズス菌30億個配合。温かい飲み物に混ぜるので、胃腸を温める「温活」としてもおすすめです。寒天2gの食物繊維はもちろん、ヨーグルト2カップ分のビフィズス菌を同時に摂れ、相乗効果が期待できます。

※市販のヨーグルト100gにビフィズス菌20億個入りとして1カップ75g分として換算

 

■使い方はカンタン!

いつものメニューに混ぜるだけ。

サラッと!ゴクッと!シンプルに!毎日の飲み物で摂りましょう!

 

温かい飲み物に溶かし、温かいうちに飲む!

または、少し冷ましてジュレやゼリーの状態で!

お好みの頃合いでお召し上がり下さい。 

 


 

ワンポイントアドバイス

びふぃ寒天は、温かい飲み物に入れてよく混ぜ、温かいうちに飲むのがおすすめです!冷めると寒天の成分が固まってジュレやゼリーのようになっていきますが、最初によく混ぜておかないとカップの底に固い寒天の塊ができることがあります。はじめに満遍なく混ぜれば、冷えた際にも均一で柔らかなジュレやゼリーに仕上がります。

 

■食事をもっと楽しく!

間食の前、夜の会食前などに。

不足しがちな食物繊維とビフィズス菌を、一日たった2包で

 

商品の7つの特徴

 

①黄金比率で寒天とビフィズス菌を摂取

栄養学的に重要なポイントは、腸内細菌のエサと善玉菌そのものを同時に摂取すること。さらに、どんな種類の善玉菌を摂取しても、腸内にそのまま定着し続けることはないと言われていますので、毎日少しずつ摂り続けることが必要です。余分なものを一切入れずに、一日に摂りたい量の寒天2gとヨーグルト2カップ分のビフィズス菌を黄金比率で毎日摂取できるのが、「びふぃ寒天」です。

※市販のヨーグルト100gにビフィズス菌20億個入りとして1カップ75g分として換算

 

②特許技術の特別加工粉寒天ですぐ溶ける

調理不要、温かい飲み物に溶かすだけ。通常の寒天は沸騰したお湯で2分間煮溶かさないといけませんが、びふぃ寒天は80℃前後で溶ける特許技術の特別加工粉寒天だからすぐに溶けます!内容量にもこだわり、寒天とビフィズス菌を合わせて 1.015g にすることで、飲み物 1 杯に、より溶けやすい設計になっています。

 

③無味無臭だから味も香りもそのままに

無味無臭のため、味も香りもそのままに、どんな飲み物にもご利用いただけます。日常でよく飲む、コーヒー・紅茶・お茶・みそ汁・スープなど、何にでも混ぜるだけで、毎日摂りたい寒天とビフィズス菌を手軽に摂取することができます。

 

④妊婦さんにも安心、原料のその先までチェック

“極力手を加えず、自然な素材をお客さまに届けたい”という想いから、遺伝子組み換えでないこと、国内生産、無漂白の自然由来の原料にこだわっています。さらに、ヨウ素含有量チェック(詳しくはQAをご覧下さい)、放射能検査済、カロリーゼロ、糖質ゼロ。自然由来の原料である寒天、原料のその先までしっかりチェックしているので、赤ちゃんからご高齢の方、妊婦さんも安心してお召し上がりいただけます。

 

⑤アルミスティックで、持ち運びカンタン

びふぃ寒の分包はアルミ加工のスティックタイプ。紙などと比べ光や湿気・酸化などの劣化から商品を守ります。より良い状態の物をご使用いただきたいという想いから、パッケージにもこだわりました。朝、昼、晩、間食と、いつでもどこでも手軽に持ち運べます。

 

⑥「食べる」罪悪感もカット

例えば、食べるときにちょっと罪悪感のあるラーメンや揚げ物、間食や会食の前にこそ、びふぃ寒天を溶かした飲み物を先に飲んでみて下さい。

健康のために野菜から食べる〝ベジファースト〟のようなイメージで食物繊維を先に摂ることができます。また、温かい飲み物を飲むことで空腹も和らぎ、食べ過ぎをセーブ!最後はジュレやゼリーとしても食べられ、腹持ちも良いのでダイエット中にもおすすめです。

 

⑦ビフィズス菌入りで快適なお腹をサポート

びふぃ寒天には、1箱あたりビフィズス菌450億個配合。1包あたりヨーグルト1カップ分、一日2包では2カップ分のビフィズス菌を摂ることができます。

 

「びふぃ寒天」に配合されているビフィズス菌BR-108とは?

これまでのビフィズス菌は発酵乳など温度管理が必要な食材や、胃酸に耐えるようカプセル状など配合できる商品が限られていました。しかし、BR-108は、粉末状にして配合できるようになった新しいビフィズス菌です。

 

■びふぃ寒天の楽しみ方!

 

 

①目覚めの一杯や、オフィスでホットコーヒーを飲むときに。びふぃ寒天を溶かせば、味も香りもそのままに!寒天&ビフィズス菌入りのコーヒーが完成。仕事の効率も、健康も大事にするあなたにピッタリの楽しみ方です。

 

②みそ汁や市販のカップスープ、ミネストローネなど温かい汁物に溶かすだけで、食物繊維もビフィズス菌の量も抜群にアップ!忙しくて、野菜など具だくさんにできないときにもおすすめな具材の一つ、トッピングのようなイメージでスープに追加しましょう。

 

③普段飲んでいる温かいお茶やミルク、ココアにも入れていただけます。仕事中ちょっと一息入れたいときも、食物繊維とビフィズス菌を一緒に摂れるとなんだかオトクな気分になれますね。

 

④アツアツのお茶漬けに溶かしたり、お米を炊く前に炊飯器に入れてお楽しみいただくこともできます。

 

⑤徐々に冷めていくと、寒天成分が冷え固まってジュレやゼリーのようになっていきます。その場合も美味しく召し上がれます。また温かいコーヒーや紅茶にびふぃ寒天を入れて、冷蔵庫で冷やし、ビフィズス菌入りのコーヒーゼリーや紅茶ゼリーにしてもOK!

 

ワンポイントアドバイス

びふぃ寒天は、温かい飲み物に入れてよく混ぜ、温かいうちに飲むのがおすすめです!冷めると寒天の成分が固まってジュレやゼリーのようになっていきますが、最初によく混ぜておかないとカップの底に固い寒天の塊ができることがあります。はじめに満遍なく混ぜれば、冷えた際にも均一で柔らかなジュレやゼリーに仕上がります。

 

 

■びふぃ寒天の体験談

 

59歳女性 STさん

毎朝の血圧のチェックも楽しみ!

健康診断で薬を飲むかどうかギリギリの検査結果が出てから毎朝血圧を測るのが日課でした。びふぃ寒天を、毎朝の熱めインスタントコーヒーとお昼の休憩のお茶に混ぜて飲んで、1週間もしないあたりからとっても調子が良く毎朝のチェックも楽しみになっています。

 

28歳 女性 Mlさん

ダイエット中のお守りとして!

ダイエット中、どうしても間食したいときがあり、食べてしまっては、すごく罪悪感を感じるという繰り返しでした。野菜の食物繊維から食べるという今流行りのベジファーストの代わりに、まず最初にびふぃ寒天をコーヒーに溶かして飲んでから間食をするようになって、スーッと気持ちが楽になりました。ダイエット中のお守りとして毎日飲んでいます。

 

35歳 男性 TYさん

2包でビフィズス菌が摂れる!

一人暮らしで自炊もしないので、朝昼晩とコンビニ食だったり外食だったりがほとんどです。野菜や乳製品を食べないといけないのは分かっているけれど、食事のバランスがうまく取れないことが悩みでした。一日たった2包でヨーグルト2個分のビフィズス菌と医者からアドバイスされた寒天が摂りきれるのはすごく嬉しい。

 

 

■びふぃ寒天開発ストーリー

 

開発の動機

 

お通じがよくない、いつもスッキリしない、健康診断の数値が気になるなど、管理栄養士の立場

上多くのお悩みを聞く機会があります。どんな方でも安全に、安心して使える食材はないだろ

か・・・。そんな中たどり着いた答えが離乳食にも使われている寒天でした。

 

私自身、昔から健康や美容のために寒天を日々の料理に取り入れるようにしていましたが、毎日となると管理栄養士でも大変。「忙しい人、自炊が苦手な人でも、手軽に寒天が摂れる」というコンセプトで開発をスタートしました。

 

最近のトクホ飲料にも含まれている難消化性デキストリンを使えば、低温でも溶けやすいサプリメントを作ることは可能です。でもあえて寒天にこだわる理由は「極力手を加えず、自然な素材をお客様に届けたい」から。妊活中でもある私が何よりもこだわったのが、余分なものを入れないこと。赤ちゃんからご高齢の方、妊婦さんにも胸を張っておすすめできる商品です。

 

開発で苦労したこと

 

原料である寒天については、メーカーさんに片っぱしから電話をかけて社長さんに直談判。「食品工場にしか卸してはいない」と、最初は何度も断られました。しかし寒天に対する熱い想いを伝え、ようやく原料を卸してもらえることに。

 

ホッとしたのもつかの間、そこからは試行錯誤の連続。煮溶かさずに使えるという特別な加工、さらに、栄養学的には食物繊維とビフィズス菌をセットで摂ることが重要なポイントなのですが、粉同士を混ぜ合わせるのも一苦労。特別加工の粒子が細かすぎるために飛び散ってうまく充填できず、特殊な機械など様々な方法を何度も試しました。その結果、約二年の歳月をかけて、寒天とビフィズス菌を同時に!そして余分なものを一切入れずに、黄金比率で摂取できるサプリメント「びふぃ寒天」が完成したのです。

 

 

 

■よくあるご質問

Qいろいろな寒天があり、迷ってしまう

A毎日手軽に摂るならびふぃ寒天がおすすめです。

一般的な寒天は、2分間以上沸騰した水分で煮溶かさないと飲み物などには溶けず、鍋などの調理器具なども必要なので手間がかかります。毎日手軽に寒天の食物繊維を摂りたい場合は、特別加工され煮溶かす必要のない、びふぃ寒天がおすすめです。寒天だけでなく、一緒にビフィズス菌を摂ることも栄養学的に重要なポイントです。

 

Q一日どのくらい摂取したらいい?

A一日あたり2包前後を目安に摂りましょう。

腸内環境を整えるためには、便秘解消も大切です。その原因の一つに水分不足もあげられます。この商品は、水分と食物繊維が一緒に摂れるので一石二鳥です。水分を抱え込む寒天なら、わずか2gでも充分に効果を発揮するという研究データも数多く出ています。びふぃ寒天は一日たった2包で、寒天2gとヨーグルト2カップ分のビフィズス菌を同時に摂取できます。

 

Q妊婦や子供も飲んで大丈夫なの?

A妊婦さまやお子様にもおすすめです。

 

医薬品や薬ではなく、あくまで普通の食卓にあがる食材である寒天とビフィズス菌のみでできています。寒天は、江戸時代からの伝統食材ですし、基本的には赤ちゃんから大人まで心置きなくご使用になれますが、妊娠中にはヨウ素(ヨード)などが気になりますよね。

 

各食品100g中に含まれるヨウ素(ヨード)の量は、

こんぶ200,000μg

カットわかめ8,500μg

寒天(ゼリー状)21μg

粉寒天81μg

と海藻類の中ではとても少ないことが分かります。

 

海藻以外の食品と比較してみると、

100g中に含まれるヨウ素(ヨード)の量は、

かつお25μg

さんま21μg

鶏卵17μg

いか7μg

えび4μg

鶏ひき肉2μg

です。

 

びふぃ寒天一日分の目安である2包の場合では、1.6μgとなります。この数値から分かるように日常で召し上がっている他の食材とあまり変わりません。(※ヨウ素自体の、一日の成人の許容上限摂取量は3,000μg、妊婦の場合2,000μg)

 

ただし、特別な疾病や制限のある方は医師にご相談下さい。赤ちゃんやお子様は、一日1包からお試しいただき、冷ましてジュレやゼリー状にして食べさせてあげるなど様子をみながら量を増やしてみましょう。

 

Q溶かさずに、そのまま飲んでもいい?

A粉のままお水と一緒に飲んで頂いても問題はありません。

その場合は100㎖から200㎖のたっぷりの水分と一緒にお召し上がり下さい。ただし、温かい飲み物に溶かして飲む方が温活・腸活にもなり、より効果的です。びふぃ寒天を溶かした飲み物が冷え、ジュレやゼリーになった状態で召し上がっていただくことで、さらに満腹感をもたらしてくれます。

 

温かい飲み物に溶かし温かいうちに飲むか、少し冷ましてジュレやゼリーとして召し上がっていただくことをおすすめしています。

 

Q商品がうまく溶けません、上手に摂るコツはありますか?

Aそれぞれ下記のケースが考えられます。

 

•よく混ぜましたか?

最初によく混ぜておかないとカップの底に固い寒天の塊ができることがあります。はじめに満遍なく、よく混ぜましょう。

 

•液体の温度が低くありませんか?

びふぃ寒天は80℃前後の飲み物だと溶けやすくなります。あらかじめ少量の熱湯で溶かしてから液体を追加すると、より溶けやすくなります。

 

•カップが冷たくありませんか?

ポットの設定温度が80℃であっても、カップが冷えている場合は注いだ途端、お湯の温度が下がってしまいます。カップや魔法瓶などをあらかじめ温めるか、ポットの設定温度を上げてから注いでみましょう。

 

•びふぃ寒天の量が多くありませんか?

びふぃ寒天の量を減らすか、飲み物の量を増やしてみて下さい。

 

•びふぃ寒天を一気に液体に注いでいませんか?

少量ずつ注いで溶かしながら入れてみて下さい。

 

•液体の温度が高すぎませんか?

沸騰したてのお湯(100℃)ではうまく溶けません。少し温度が下がってから溶かしてみて下さい。

 

 

 

びふぃ寒天のお得な購入方法

■お試し購入

1箱あたり 定価 3,700円(税抜)

 

■お得なまとめ買いコース購入

1か月セット(2箱)

送料無料10%OFF合計6,660円(税抜)1箱あたり3,330円 月に740円お得!

 

2か月セット(4箱)

送料無料15%OFF合計12,580円(税抜)1箱あたり3,145円 月に1,110円お得!

 

3か月セット(6箱)

送料無料20%OFF合計17,760円(税抜)1箱あたり2,960円 月に1,480円お得!

 

■さらにお得な定期購入

1か月2箱セット

送料無料25%OFF 合計5,500円(税抜)1箱あたり2,775円 月に1,850円お得!

 

是非、一度あなたのお腹でお試しください。

 

詳しくは、下記のびふぃ寒天のページをご覧下さい。併せて下記の書籍も参考の1つにして頂けたら嬉しいです。書籍『ずぼやせ』 では、わたし自身の寒天とビフィズス菌との関わり方もご紹介しています。

 

◆――――――新刊のご案内――――――◆

 

 

おやつもご飯も楽しみながら約10kg落ちました。過去のわたしの様に、我慢の多いダイエットの呪縛から1人でも多くの方が解放されるように心を込めて書き上げています。 男女問わずお読みいただきたい一冊です。

 

食べ物で「肝臓」と「腸」を整えれば、痩せます!テレビや雑誌等、メディアで幅広く活躍する管理栄養士がたどり着いた「一番ずぼらなダイエット」のカギは、肝臓と腸を整えること。そのために必要な食事のコツを、かわいいイラストとともに、ごくごく簡単にご紹介します。自炊不要、運動不要!具体的なアイテムや活用法もご紹介しています。

 

▼痩せない人は、筋トレよりもまず「肝トレ」をしたほうがいいかも!?

▼夜中にラーメンが食べたくなったら〇〇で回避せよ!

▼朝イチ○○で一日の摂取カロリー、マイナス○○○kcalも夢じゃない。など具体的な切り口でダイエットを成功に導きます。

 

■タイトル:「生きているだけで痩せる体」をつくる食事術 ずぼやせ

■著者:豊田愛魅

■刊行:光文社

 

◆――――新店舗・商品のご案内――――◆

 

 

かんりいようし が いよう をアレンジ  ➡エアレ

 

楽天ショップ エアレをオープン!

 

管理栄養士として健康や美容に良いものを原料からこだわって厳選。プロの目線で、健康食品や調味料など厳選したものを揃えてまいります。『すべてのお客様の人生をベストコンディションに』これが私たちの理念です。

 

著書:「生きているだけで痩せる体」をつくる食事術 ずぼやせの中でも、寒天やビフィズス菌とわたし自身の関わり方をご紹介しています。

私自身、昔から寒天を日々の料理に取り入れるようにしていましたが、毎日となると管理栄養士でも大変。「忙しい人・自炊が苦手な人でも、手軽に寒天が摂れる」というコンセプトで開発をスタート!

 

煮溶かさないでも使えるという特別な加工、食物繊維とビフィズス菌をセットで摂ることが、栄養学的にも重要なポイント!余分なものを一切入れずに、一日に摂りたい量の寒天とビフィズス菌を同時に、そして黄金比率で摂れるサプリ、びふぃ寒天が完成しました。

 

■商品名:びふぃ寒天

■取り扱いショップ:楽天ショップ「エアレ」

■単品お試し購入、まとめ買い購入、定期購入など各種取り扱い

 

◆――お仕事のご依頼はコチラ―――◆

■こちらからおすすみ下さい 

➡ オフィシャルサイトお問合せフォーム 

➡ オフィシャルサイト実績一覧