温経湯は

半夏、麦門冬、当帰、芍薬、川芎、阿膠、牡丹皮、

人参、桂枝、呉茱萸、甘草、生姜です。

当帰、芍薬、川芎で内分泌系の調整をします。

阿膠、麦門冬、当帰、芍薬には滋陰作用があります。

牡丹皮、芍薬は駆瘀血作用、虚熱を清する作用があります。

呉茱萸には冷えによる子宮出血を止める作用があります。

桂枝、当帰、川芎は冷えによる瘀血を温めて流す作用があります。

人参、半夏、呉茱萸、生姜、甘草は消化吸収を改善します。

温経湯は下法を用いずに温めて瘀血を取り除く処方です。

身体が痩せていて、水分や脂肪が少なく、

皮膚は乾燥傾向の血虚型の月経不順、

不正出血、不妊症などに用います。