白について 2

テーマ:

白の存在は顔色や皮膚の色、

舌体、舌苔の色を対象として判断するほか、

鼻汁、喀痰、帯下、眼脂、浸出液などの分泌物、

尿などの排泄物などの観察を通して病態を判断します。