相侮 4

テーマ:

五行の相生相克に関係で作られている

巧妙な仕組みは、

それぞれの要素がある程度の範囲内におさまっていて、

全体としてバランスの取れた状態の枠の中で、

うまく働く仕組みである事が分かります。

その勢いが一定の範囲を逸脱して

強まったり弱まったりすると、

今度はそのバランスを取るはずの仕組みが、

病的な状態を作る手段に早変わりしてしまうのです。

全体のバランスを無視した無茶な行動や、

無茶な生活を続けていると、

体を健康に保つための自然の仕組みが、

逆に病気を増長させる

悪魔の道具に変わってしまうのです。

私たちは体の中で、

相生や相克がきちんと働くようにして、

相乗や相侮に変わってしまわないように、

生活をコントロールすべきです。

結局体の仕組みを恵みにするのも

病気にするのも、

全ては日頃の心構えと生活の仕方にあるのです。