ABO歯科クリニック マウスピースの作り方(総集編) | タケちゃんの歯科・漢方ブログ

タケちゃんの歯科・漢方ブログ

大阪梅田で歯ぎしり・食いしばりから歯と全身を守るオリジナABO式マウスピース専門の歯科医院を開業しています、皆が考えている以上に歯ぎしりは全身に悪影響を与えています、それを伝えたくてブログを書いています。


テーマ:

ABO歯科クリニックのマウスピースはどの様にして作るのですか?

という、質問をよく受けますので作り方を説明します。


1)歯並び・咬み合わせ・虫歯・歯の揺れ・歯肉の状態

  必要に応じてレントゲン・CTスキャン等でお口全体を

  チエックしていきます。


  総合的に診断を行い、マウスピースを

上顎に作るのか下顎に作るのか どんな素材で作るのか

大きさはどの大きさにするのか等を考えて

予備設計を行います


今回はマウスピースを下顎に作ることに決定しましたので


2)下顎の歯型をとるトレーを用意します(下写真)
タケちゃんの歯科・漢方ブログ-トレー


3)印象材を練り下顎の正確な歯型を印象します

この印象に硬石膏を流して模型を作製します。

(印象材は2分で固まります)

タケちゃんの歯科・漢方ブログ-印象



4)歯型に流した石膏が固まると 取り出して

 バリや気泡を除きキレイな模型に仕上げます

                    (下の写真)
タケちゃんの歯科・漢方ブログ-模型

5)模型を観察し、歯並びの悪い所・重なっている所など

 このままマウスピースを作ると

 窮屈になり装着感が

 悪くなりそうな所を見つけ出して

 模型を改良します


 この細かい配慮が快適なマウスピースを

 作るポイントの1つです!!!

 (下の写真)
タケちゃんの歯科・漢方ブログ-ブロックアウト


     


6)模型が改良できたら、使用するマウスピースの

 シート選びを行います。


 硬さも硬いものから柔らかいものまであり

 厚みも1ミリ・1.5ミリ・2ミリ・3ミリ・・・と色々な


 厚みがあります、それに加えて多くのメーカーがあるので

 組み合わせはものすごい数になります


 その中からそれぞれの患者さんに合った

 ベストな素材を選択するには

 経験と知識が必要です。

  (歯科医の仕事です!)


タケちゃんの歯科・漢方ブログ-シート


7)シートが決まれば

 マウスピースを作製する機械で


 シートを温めて柔らかくして

 吸引して模型にマウスピースを


 圧接します、その後シートの

 内部応力が緩和するまで

 模型に付けたままで待ちます


 あわてて取り出すと後で変形が

起こりますので ゆっくり待ちます!



タケちゃんの歯科・漢方ブログ-プレス


 

8)シートの圧接が終了したら 

  いよいよマウスピースの

  最終設計を行います、咬み合わせ・歯並び

骨の状態 歯肉の状態・オエッとなりやすい方なのか

患者さんの要望等を考えながら 

マウスピースの設計ラインを書いていきます


  *この設計だけは どんなに忙しくても

私(英保武志)が行っています


1ミリ長かったり、大きかったりしただけでも

   装着感が全く異なることを

私自身が一番知っているからです

タケちゃんの歯科・漢方ブログ


9)最終設計ラインが決まれば

そのラインに合わせて

シートをカットしていきます

  シートや模型をを傷めないように

  専用の超音波カッターでカットしていきます


タケちゃんの歯科・漢方ブログ


10)カットが終わればマウスピースの縁を

  歯肉や歯になめらかに合うように

  形態修正していきます


  これもとても気をつかうところです

  ほんの少しの形の違いで舌や歯肉に

  違和感を感じたりするからです


タケちゃんの歯科・漢方ブログ


11)完成したマウスピースです!
タケちゃんの歯科・漢方ブログ-完成


12)消毒してケースに入れて患者さんが

  来院されるまで保管します
タケちゃんの歯科・漢方ブログ-ケース



13)いよいよマウスピースを装着します
タケちゃんの歯科・漢方ブログ-装着



14)歯肉や舌にすれて痛みがないか等を

 チエックして必要があれば形態修正して

 より快適な物に仕上げます
タケちゃんの歯科・漢方ブログ-装着2


15)装着・取り外しの練習を行い

 使用上の注意点を説明します。


 基本的には睡眠時に

 マウスピースを装着します。


約1ヶ月後にマウスピースを

持ってきていただき

マウスピースをチェックします


さらに 顎の筋肉や顎関節の


こわばりや痛みが減少しているか 

肩こり・首こり・偏頭痛などが

改善しているか

などを教えていただきチエックします。


この頃には歯ぎしり・くいしばりがある

多くの患者さんにとってマウスピースは

宝物になっています!!!


ABO歯科クリニック

マウスピースの作り方を

紹介させていただきました


歯科のプロはこの様に色々考えて

設計し情報を入れてマウスピースを

作って行くのか

というのが伝われば幸いです。


ABO歯科クリニック 院長 英保武志

http://www.abodental.com/mouthpiece/ ペタしてね





歯ぎしり くいしばり 大阪 梅田

マウスピース ナイトガード

ABO歯科クリニック 英保武志

 

タケちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス