歯ぎしり 最新情報(1) | タケちゃんの歯科・漢方ブログ

タケちゃんの歯科・漢方ブログ

大阪梅田で歯ぎしり・食いしばりから歯と全身を守るオリジナABO式マウスピース専門の歯科医院を開業しています、皆が考えている以上に歯ぎしりは全身に悪影響を与えています、それを伝えたくてブログを書いています。


テーマ:

ABO歯科クリニック 

院長 英保 武志です


私は歯ぎしり・くいしばりに関心が高く 

よく勉強しているのですが


歯ぎしり・くいしばりの

原因は何だと思いますか?

歯ぎしり・くいしばりの原因は

歯並びが良くない事や 

かみ合わせが悪い事などが
主な原因だとされてきました

 

そこでかみ合わせを調整したり

場合によっては歯列矯正を行い

歯並びを良くする治療が

現在行われています。

しかし、歯並びが良くなっても

歯ぎしり・くいしばりが無くならない

ケースが多くあります。


また 歯科医が見てあまり良くない

歯並びの方でも


歯ぎしり・くいしばりが

無い方も多いのです


なぜでしょうか?

この答えが最新の脳の研究で

明らかにされてきました!

実は歯ぎしり・くいしばりを

引き起こす情報は

脳から発信されており


その情報は脳がストレスを感じて 

そのストレスを減らしたい時に

発信されるのです

では、なぜ脳のストレスを減らしたい時に

歯ぎしり・くいしばりが

起こるのでしょうか?

脳のストレスとは

何でしょうか?


ストレスの原因と言えば心配事や

悩み事などが頭に浮かびますが 
それだけではありません 


健康・仕事・家族・会社

社会・経済・世界での出来事等

全ての頭で考える事(色々な情報)が

脳のストレスとなります


近代社会では とにかく情報量が

多すぎて脳に

大きなストレスを与えています


脳に情報を入れすぎないのも

健康にとって大切です

情報は人間が生きている限り

永遠に入ってくるので

避けられないものです

そこで、脳への情報量が

あまりに多すぎた時 


脳の健康を維持するために
脳はストレスを減らそうとする

信号を出すのです

脳のストレスはどうしたら減るのか?
http://www.abodental.com/mouthpiece/


ABO歯科クリニック 英保武志

大阪 梅田

タケちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス