カメラの話 その25 | 福井県坂井市の漢方薬局 酒井薬局のブログ

福井県坂井市の漢方薬局 酒井薬局のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

こんにちは、薬局長の酒井亨です。
朝晩がめっきり寒くなってきましたね。
冷え性の人にはつらい季節ですが、こんなときこそ漢方薬ですよー。

さて、漢方薬の話ではなく、今回もカメラの話。
なんでカメラなの?って言われそうですが、私にとっての息抜きなんです、これが。
言ってみれば、カメラは創造性を発揮するための道具のひとつ。
べつに、カメラに限らず、その人その人に合った創造性を発揮できる「何か」があれば、きっと楽しいと思うんです。
人間にとって、クリエイティビティって、とても大切なことだと思うんですよ。
クリエイトしなくなったら、人間性の一部分を放棄したような、そんな生き方になってしまうんじゃないかな、と。
とくに、これからの時代を元気に生きていくためには、このことは大事なことだと思います。
こういうことが人工知能とはまったく違う、人間の人間たるゆえん、なのではないでしょうか。私はそう思っています。

今回もまた、ニコンZシリーズのお話になります。
興味のある方だけお読みください。

予想通り、ニコンZシリーズのための、各種のマウントアダプターが発売されてきています。
前に書いたように、ニコンZシリーズはフランジバックが16mmと非常に短く、オールドレンズ遊びに最適なカメラなので、至極当然のことです。
これで、ライカやツァイスのレンズを装着してニコンのカメラで撮影するという、これまではあり得なかった組み合わせが実現します。

Zシリーズは、ニコン初となるボディ内手ぶれ補正が装備されていて手持ち撮影に有利ですし、しかもフィルムカメラ並みの小型軽量ボディなので、35mmとか50mmの単焦点レンズを付けて、気軽にスナップしたい気分になります。
月並みですが、エルマーや旧ソ連製、旧東ドイツ製のレンズ、古いペンタックスのレンズなんかだとニコンらしくない写真になって面白いと思っています。
オールド・ニッコールレンズは、DfがあるのでZ6には装着しません。というより、FTZという純正のマウントアダプターを使っても、本当に古いニッコールレンズはZシリーズには付けられないのです。

あとしばらくでZ6のレンズキットが届く予定ですが、当分は24-70mm f4のズームレンズで撮ろうと思います。
Zマウントの55mm大口径を活かした優れたレンズのようなので、これを活用しない手はありません。
それと、Z6は高感度撮影も得意なカメラなので、Dfと比べてどうなのかもぜひ試してみたいですね。
今、ふと、人工知能はオールドレンズを選ばないだろうな、と思いました。私見に過ぎませんが。

 

 

 

 

子宝相談・皮ふ相談・痛みのご相談

相談しやすい漢方薬局

酒井薬局

 

 

★酒井薬局LINEとお友だちになってくれたら限定クーポンプレゼント!

 

友だち追加 

↑ここをタップ、もしくはクリック

 

 

〒919-0416

福井県坂井市春江町江留下宇和江30

TEL:0776-51-3862

 

HP🏠http://www.kanpou-sakai.com/

Facebook:https://www.facebook.com/SakaiYakkyoku/

Instagram:https://www.instagram.com/sakaiyakkyoku/

E-mail✉info@kanpou-sakai.com

 

◆営業時間

月・火・水・金曜日/AM9:00~PM6:00

木・土曜日/AM9:00~PM5:00

 

◆定休日

日曜日・祝日

 

福井県坂井市の漢方薬局 酒井薬局さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント