View this post on Instagram

以前載せたアトピーのお話、その❸ アトピーの方がなりやすい体質のお話です。 体質を知ることで、生活を見直すきっかけになっていただければいいなーっと思います。 ・ 今回も代表的な体質のお話ですが、これに当てはまらない方もいらっしゃると思います。 気になる方は、お近くの方は、当店まで起こし頂く、または、お近くではない方は、お近くにある漢方相談薬局まで、ご相談ください。 ・ 燥(そう)のタイプ 簡単に現すと乾燥のタイプ。 主な症状は、皮膚が乾燥し、そのせいで皮膚にヒビが入ったり、痒かったりし、肌がゴワゴワしてしまった方はこのタイプかなーと感じます。 ・ 他の特徴的なモノとしては、口や鼻などの粘膜が乾燥したせいで空咳が出たり、 体の中が乾燥しているせいで便秘だったりする傾向があるようです。 ・ このタイプの方は、体の中の潤いと血(ケツ)の不足で体全体がカラカラになる方が多いようです。 ・ ですので秋や冬のような空気が乾燥する季節になると悪化しやすくなりますのでご注意を。 幹部を保湿ケアするとともに潤いや血を与えてくれる食材を積極的に摂取する事が大切になってきますよね。 ・ 摂取して頂きたい食材としては、 ほうれん草、小松菜、大根、りんご、なつめ、蜂蜜、白きくらげ など ・ 体内が潤い不足だからってお水をガバガバ飲む事はオススメできません。 ・ 脾胃(胃腸)の機能を損なう恐れがあるので。 脾胃の機能低下は、血と気が作り出せなくなりかけないので! 食材で摂るのがいいと思いますよ。 ・ ・ ・ #漢方薬局 #中医学 #漢方 #岡田厚生堂薬局 #埼玉県 #蕨市 #蕨 #戸田市 #川口市 #さいたま市 #埼玉 #アトピー #乾燥肌 #アトピー性皮膚炎 #美肌 #美肌になりたい #美容 #きれい #綺麗 #美活 #乾燥 #潤い #美肌ケア

kouseido [漢方/鍼灸]さん(@kouseido)がシェアした投稿 -