【回顧】週末のメイクデビュー、ジャパンカップの振り返り! | カンパイ氏の一口馬主ライフ

カンパイ氏の一口馬主ライフ

ライター。一口馬主クラブ関連誌や有名ブログに寄稿。人脈をいかし、数々の活躍馬を掘り出す。現在、社台・サンデー、キャロット、シルク、ユニオンで一口馬主ライフを楽しむ。

みなさま、こんばんは。

カンパイ氏です。

 

 週末の競馬が終わり、また新しい一週間が始まります。ジャパンカップでは、コントレイルが見事に引退レースを制しました。ゴール後、人目をはばからず泣いていた福永騎手の姿が印象的でしたね。

 

 ちょっとレースを振り返りたいと思います。この日の東京は、レコードが出るくらいの馬場で、この時点で外国馬にはかなりきついレースになることが予想されました。そしてもう一つ、前に行かないと勝負にならない。そういう馬場でもありました。

 

 枠順や展開を考えた時に、一番レースがしやすかったのはオーソリティでした。キセキが逃げなかったのは誤算でしたが、番手集団の外目という一番良いポジションを取りやすかったと思いますし、ルメール騎手はさすが、ちゃんとそこに収まってレースをしましたね。

 

 コントレイルは道中ちょっと力むところがあるので、福永騎手は折り合い重視でした。距離も気持ち長かったので、内枠というのは良かったと思います。しかし、馬体がギリギリでしたし、本当に根性のある馬だと思いました。

 

 かわいそうだったのはシャフリヤールです。1コーナーでごちゃついた時に、ラチに衝突するアクシデントがありました。そこで2馬身ほど位置を下げてしまいます。そこからは上手く流れに乗れましたが、直線で苦しくなったところを見ると、最初の不利が響いていたように感じます。

 

 いずれにしても、コントレイルが強かったです。結果論ですが、今まで戦ってきた相手が違った、ということでしょうか。逆転するなら3歳だと思ったのですが、上記のアクシデントが痛かった。ただ、それがなくてもコントレイルに勝てたか、と言われると怪しいです。

 

 ともあれ、コントレイルにはおめでとうと言いたいです。だいぶ前のブログに書きましたが、この馬はポストディープの希望の星です。きっと素晴らしい馬をたくさん出してくれることでしょう。まずは、ゆっくり休んでほしいです。

 

 さて、いつものように週末デビューのクラブ馬たちのレースを振り返っていきましょう。

 

■土曜阪神5R(芝1600メートル)

・ブラックワイルド=4着(6番人気)

 びっくりするくらい脚を余しました。直線で外にいた福永騎手もさすがで、なかなか空けてくれなかったのはわかりますが、かなりもったいないレースになってしまいましたね。パドックでは緩さが目立ち、ちょっと元気もなかったように感じます。使いつつ、気合も乗ってくると思いますので、改めて次走に期待したいです。良い馬ですね。

 

・オーラライト=7着(3番人気)

 レビューで触れた通り、気性の問題を抱えていそうなレースぶりでした。終始外を回ったというのはあるにせよ、手応えの割に直線での伸びが物足りません。中間の調整過程からみても、あんなに伸びない馬ではないはずです。公式コメントによれば、レース後はすぐに息が入ったとのこと。ルーラー産駒って、こういう馬がたまに、いや結構いるんです。だとすると、いつ本気になってくれるかわからない。人気薄でも激走するし、人気でも飛ぶ。そんな馬になりかねません。すでに放牧に出ていますが、何とかピリっとして帰ってきてほしいです。

 

■土曜東京5R(芝1600メートル)

・デコラシオン=2着(1番人気)

 身体が大きくなり、良い馬になりましたね。レビューでも推進力を褒めましたが、当時はかなり馬体が小さかった。それがここまで立派になるとは、この馬の成長力は素晴らしいです。今回も負けはしましたが、非常に中身の濃いレース。すぐに順番が来るでしょう。

 

■日曜東京6R(芝1800メートル)

・サリエラ=1着(2番人気)

 無理せずハナに立ち、直線では猛追するムーア騎手の馬を尻目に、余裕で突き放しました。強いです。身体が小さく、もまれた時にどうか、という懸念は残りますが、それでも先々に期待を抱かせる内容でした。出資者のみなさま、おめでとうございます!国枝厩舎は日曜4Rもウィズグレイスが圧勝しました。牡牝ともに2歳世代は充実しています。来年はさらなる飛躍の年となりそうです。

 

 さて、ということで今週も頑張って行きましょう。12月に入り、私の仕事は忙しくなるばかり。ブログが不定期になってしまいますが、ご容赦ください。それでは、またブログを書きますね。

 

カンパイ氏