【メイクデビュー】20日(月)デビューのクラブ馬たちの募集時評価を紹介! | カンパイ氏の一口馬主ライフ

カンパイ氏の一口馬主ライフ

ライター。一口馬主クラブ関連誌や有名ブログに寄稿。人脈をいかし、数々の活躍馬を掘り出す。現在、社台・サンデー、キャロット、シルク、ユニオンで一口馬主ライフを楽しむ。

みなさま、こんばんは。

カンパイ氏です。

 

 3日間開催も最後となります。今日は月曜出走のクラブ馬について、私の募集時のレビュー評価を振り返っていきますね。土曜、日曜デビューの馬たちについては、後刻改めてレースぶりについて書きたいと思います。※青字が去年のレビュー部分です。

 

■月曜中京4R(ダ1400メートル)

・ボルダーズビーチ

65 ボシンシェの19

(キンシャサノキセキ、メス、4万円、寺島 良)

【耐調教値】A

【血統】B

【早勝値】B

【潜在能力値】B

【総合評価】B

 繫ぎが立ち気味で、適正はやはりダートだろう。また、現状では緩さも目立ち、解消するまでに時間がかかる可能性を考慮した方がいい。前後から見た四肢の角度は悪くなく、繫ぎはケアしながら調教を進める分には問題なさそう。値段はちょっと高めで、お得感はない。あえて狙う必要もないかな、という印象だ。

 

・メジャーアドバンス

160フラーテイシャスミスの19

(ダイワメジャー、牡、100万円、斉藤 崇史)

【耐調教値】A

【血統】B

【早勝値】S

【潜在能力値】B

【総合評価】B

 父の産駒らしく筋肉量は豊富。緩さもさほど感じない。前の発達も思ったほど遅れていないので、早い時期からのデビューを目指せるはず。血統的には父と母の相性にさほど魅力を感じない。トモの筋肉が素晴らしく人気になりそうだが、父の産駒であることを考えればそこまで目立つものではない。早期に1勝はできそうだが、大活躍というところまでいくかは疑問だ。

 

■月曜中京5R(芝1600メートル)

・エレアイム

158アンブロワーズの19

(ルーラーシップ、メス、70万円、奥村 豊)

【耐調教値】B

【血統】A

【早勝値】A

【潜在能力値】B

【総合評価】A

 前肢の踏み込みに物足りなさがあり、ストライドは多少窮屈だが、前後から見ると四肢の角度に問題はない。耐調教値を一つ格上げする。父の産駒にしては緩さがあまりないのも好感。ただ、ルーラーシップ産駒の牝馬は、成長とともにとんでもない気性の悪さを見せてくる馬がいるので、その点はご承知おきを。

 

・クラシックステップ

53 レッドジゼルの19

(モーリス、牡、7万円、安田 隆行)

【耐調教値】B

【血統】B

【早勝値】A

【潜在能力値】B

【総合評価】B

 血統の割に緩さをあまり感じないので、比較的早めの仕上がりが期待できそう。後肢の踏み込みや前脚の出は水準レベル。若干弓脚気味なので、その点は注意しながらの調整になる。モーリス産駒の評価が下がっているので価格的な魅力は薄まってしまったが、堅実に活躍してくれても不思議はないレベルの馬だと思う。

 

・レッドラマンシュ

24レッドシェリール19

(ロードカナロア、牡、10万円、庄野靖志)

【耐調教値】B

【血統】A

【早勝値】B

【潜在能力値】B

【総合評価】B

 顕著な寝繫ぎで調整には気を遣うだろう。動画ではでこぼこの芝を躓かずに歩けていて、体幹の良さはうかがえる。後肢の伸びは良く、順調に調教できれば一発を秘めている馬だなという印象。ただ、全兄がセン馬になっていることもあり、気性面で難しさが出てくる可能性はある。

 

■月曜中山5R(芝1600メートル)

・オールユアーズ

122アイムユアーズの19

(ドゥラメンテ、メス、100万円、手塚 貴久)

【耐調教値】B

【血統】A

【早勝値】C

【潜在能力値】A

【総合評価】A

 DVDで目立った毛づやの悪さが、最新動画では一気に解消。まだまだ筋肉は貧弱で、腰の緩さもあるが、体質は意外と強いのかもしれない。推進力のある歩きを見せているのは血統のなせる技。キ甲が抜けてバランスが整い、強い調教を課したら良い競走馬になりそうだ。とはいえ1月生まれで407㌔。管囲も細く、あまり大きくならない可能性がある点は考慮しておいた方がいい。

 

・スマイルオンミー

25 スペルオンミーの19

(ルーラーシップ、メス、4万5千円、尾関知人)

【耐調教値】A

【血統】A

【早勝値】B

【潜在能力値】A

【総合評価】A

 1月生まれということで、すでに身体のバランスは整っている。現状で536㌔。四肢は丈夫そうなので、これ以上は大きくならなければ問題ないだろう。前後肢ともに可動域は狭く、短距離指向の造りになっている。芝で勝ち上がれなければダートでも潰しが利きそう。牝馬に出たのが残念ではあるものの、堅実な活躍が見込め、価格は安くお買い得感がある。

 

・レッドリベリウス

5レッドセシリア19

(ロードカナロア、牡、10万5千円、鹿戸雄一)

【耐調教値】B

【血統】B

【早勝値】C

【潜在能力値】B

【総合評価】B

 前肢と後肢の踏み込みが小さく、距離は短い方がいいだろう。右前の外向と、トモの肉付きが左右でアンバランスな点が気になった。立ち姿では繫ぎの角度は良いのだが、歩かせると硬さが目立つ。活躍する舞台設定がかなり限定されそう。血統的にも少し重く、緩さが解消されるまでの時間を考えると、早めから能力全開という馬ではないだろう。

 

■月曜中山6R(芝2000メートル)

・ライリッズ

10 ヒストリックスターの19

(ドゥラメンテ、牡、11万円、宮田敬介)

【耐調教値】B

【血統】B

【早勝値】C

【潜在能力値】B

【総合評価】B

 立ち姿で見たときの繫ぎの角度は標準的だが、歩かせると硬さが目立つ。血統的には社台・ノーザンの良血が凝縮されているものの、トニービンのクロスの影響か、現状ではかなり緩い。5月生まれということを考えても、早期からの活躍は期待しづらいだろう。牡馬なのでじっくり育てることができる点は救い。この厩舎だけに天栄との連携はスムーズに行える。焦らず見守っていきたい馬だ。

 

 以上です。全馬とにかく無事にと願うばかりです。3日間開催の最終日。馬券的にも悔いの無いように参りましょう。みなさま、月曜もご武運を!

 

カンパイ氏